« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月30日 (土)

秋月メモ

秋月電子で、オペアンプNJM4580DD×5@200円、丸ピンICソケット、カラーセンサS9706、カラーセンサ用のピッチ変換基板などを買った。

最近はICをブレッドボードに直接挿すことがなくなった。ICはいったん丸ピンICソケットに挿し、それをブレッドボードに挿すようにしている。
こうするとマイコンのピンが傷むことがなく、扱いがとても楽になる。基板から取り外したFM音源ICのように、今にもピンが折れそうな場合でもなんとかなる。

S9706はSOP8PINなので、変換基板を使ってブレッドボードに固定する。
変換基板は9枚で100円と格安。実はこれ、1枚の基板を3×3に切って使うようになっている。これは助かる。

2013年11月29日 (金)

アマゾンの恐怖

最近、和書に関しては、なるべく地元の本屋で本を買うようにしている。なんでもamazon.comで買えるが、それでは地元の本屋がつぶれてしまう。
とりたてて急ぎでないものは、なるべくリアルな店舗で買うようにしている。

ところで先日、恐ろしいことに気付いた。なんと、amazon.comの購入履歴は、消去できないのである。
それに気付いた私は、念のため、あくまで念のために、やばい商品がないかチェックした。
幸い、何年も前にブルーベリーの苗を買っていたくらいで、問題のあるアイテムはなかった。ブルーベリーだってもう時効だ。
嫁以外の女性へのプレゼントとか、服を着ていない人の写真集を買った記憶がある人は、パスワードを漏らさないように注意しよう。

2013年11月28日 (木)

富風

母が「畑の白菜は収穫できないのか」と聞いてきた。
まだ食べるには早い。私は年末に食べられるようにと頼まれたから、富風という品種を植えたのだ。
早く食べたいなら、富風に加えて、もっと早生の品種のタネもまくべきだ。
肥料や農薬も指示通りに与えていないし、食えるはずがない。

2013年11月27日 (水)

ニャバホ

ブラックベリーのNavahoを挿し木していたのだが、どうやら無事に発根したようだ。
このNavahoの苗は知人からの頼まれ物。NatchezやTripleCrownほど樹勢が強くないから、発根するかどうか心配していた。
ちなみにうちのNavahoは個人輸入したもので、大関ナーセリー由来でもないから増殖自由である。

▽ここに写真

挿し床で越冬させると、霜柱で持ち上げられて枯死することが多い。できれば年内に鉢上げしたいところだ。
秋の挿し木は成功率が高いと思うが、年末の忙しい時期に鉢上げが必要になるし、色々と問題があるね。

そういえば、そろそろフェイジョアの挿し木をしなければ。

2013年11月26日 (火)

紅妃

キウイの紅妃を半分ほど収穫した。
昨年畑に植えたが、棚も作らずに竹の棒を立てただけ。摘果をして、地面にはモミガラを敷いていた。
モミガラの上に転がるようにして育ったが、おかげで台風の被害にも遭わなかった。

Kiwikohhi

紅妃はその名の通り、中心部が赤く染まる品種である。
半分に切るとこんな感じ。

Kiwikohhicut

果肉をスプーンですくって食べるつもりだったが、まだ固くてできなかった。こんなに固いのに、食べると驚くほど甘い。
しばらく保存して、柔らかくなってから食べよう。

2013年11月25日 (月)

検疫合格

今年の冬に輸入した苗木は、名古屋の防疫所で隔離検疫を受けている。
その苗木の一部は、早々に合格の見込みらしい。今日は検疫が終了した苗木をどうするかの問い合わせがあった。
本当なら子供たちと隔離圃場の様子を見に行って、引き取りに行きたいのだが、年末は忙しいので宅配便で送ってもらうことになりそうだ。

電話で聞いた限りでは、ブルーベリーのEmerald(SH)が隔離栽培の間に枯死。今回、ブルーベリーのJubilee(SH)と、ラズベリーのCarolineが合格の見込みだという。
他のラズベリーと、ブルーベリーはどうなっているのだろう。
パソコンのどこかにある輸入計画書を見れば、輸入した品種はわかるはずだが、探すのも面倒だ。
何が枯死して、何が検疫中なのかよくわからない。まあいいや。

2013年11月24日 (日)

里子の条件

妹の知人が、ブルーベリーを枯らしてしまったと言うので、うちの苗木をあげることにした。
妹にも以前、Homebell(RE)/8号鉢とBlueshower(RE)/8号鉢をあげたが枯らしている。
鉢植えのブルーベリーは、他人にやってもダメだ。夏になったら、どうせ水切れで枯らしてしまう。
だから今回は、ブルーベリーをあげるにあたって、

  • 地植えすること。
  • 土にピートモスを混ぜること。

この二つの条件を付けた。
丈夫そうなHomebell(RE)/10号と、Powderblue(RE)/8号、それからピートモスを犬のエサ袋に2杯持ち帰ってもらった。苗というか、立派な成木である。
苗木をあげるにしても、プラ鉢まであげるのはもったいない。ビビ割れたプラ鉢をガムテープで補修して、鉢をすぽっと入れ換えて、持ち帰ってもらった。
これならそのまま育てられないし、いずれは地植えしなくてはならないだろう。
ピートモスはちょっと少なかったかもしれない。

2013年11月23日 (土)

隣の客は

朝、26個のカキがあったはずだが、24:00の時点で残り3個になっていた。
カキは私と嫁、それから娘しか食べないはずだが、食卓の果物カゴに入れておくと、みるみるうちに減っていく。
畑の一角に生ごみを捨てているのだが、遠くから見てもその一帯が赤く見える。もちろんカキの皮である。
シーズン当初は干し柿を作っていたから、皮が多いのはしかたがない。しかし、渋柿をすべて干し終わっても、カキの皮は増えるばかりだ。

2013年11月22日 (金)

庭の富裕

カキの次郎が尽きたので、富裕の実を収穫した。
私が木に登って実をちぎって投げ、それをウズ丸がキャッチする。
うちの剪定は、木に登って収穫しやすいことを目標にしているから収穫は簡単。

Kakifuyusep26

この庭の富裕が最晩生である。これを食べたら、今年のカキはおしまい。
とはいえ庭の木だけで、まだ数百個は収穫できるはず。

2013年11月21日 (木)

YM-3012

YAMAHA YM-3012×2を入手した。FM音源ICであるYAMAHA YM-2151専用のDACである。
PSGの仕事なのに、ついでにFM音源も鳴ったらカッコいい。
たったそれだけのために、面倒なことに首を突っ込む私であった。

帰宅途中、ビックカメラに寄って、ハガキ作成ソフトの 筆まめ24 を買った。前回買ったのは筆まめ19だから、なんと5年ぶりの購入である。
私は付属データをほとんど使わないし、郵便番号辞書はアップデートできる。だから毎年買う必要はないのだが、ツノ姉がWindows8を導入したので購入することにした。

2013年11月20日 (水)

心理戦

タキイの園芸カタログが届いた。用はないとばかりに、古新聞の山に積んでおいた。夜中にこっそり読むつもりである。
それを見付けた嫁が、カタログをパラパラとめくっていた。ついでにオーシャン貿易から届いたブルーベリーの新品種カタログも見付けたようだ。
こちらもやはり目を通しているようだ。品種の解説はすっとばして値段表を読んでいる。
私が欲しい品種は1本2,625円である。5本単位で購入しなければならないので、13,125円もかかる。

ブルーベリーたった1品種に13,000円とか。バカじゃないの。買う奴なんているのかね。

…と、嫁の前で言ってみた。

2013年11月19日 (火)

アホ電池

今日は近所のイオンモールがソフトオープンする日だ。帰宅したウズ丸がそわそわしているので、つれて行くことにした。
ソフトオープンというのは、正式オープンの前に地元客だけを招待することらしい。ソフトオープンの間に、スタッフは実戦練習ができるし、一部の客だけを招待することで混雑も緩和できる。
私もウズ丸も歩くのは慣れている。今日は店内を10km以上歩いたのではなかろうか。
うまいものを食べて、石油ストーブと充電池のeneloop proを買った。

現在、eneloopはPanasonicが販売しているが、以前はSANYOが販売していた。2011年にSANYOがPanasonicに吸収され、ブランド名が変わったのだ。
元々、SANYOは松下幸之助の義弟が、松下電器から独立して作った会社だから、元に戻ったようなものだ。
SANYOはeneloop、Panasonicは充電式EVOLTAを作っていたため、Panasonicは、二つの充電池を販売することになった。
どうみてもeneloopの方が知名度が高いのに、今もEVOLTAを作っている理由がわからない。商品名だって「充電式EVOLTA」とかバカすぎる。
普通の電池はEVOLTA、充電池はeneloopで統合すればいいと思う。その上で、eneloopに充電式EVOLTA/eneloopと表記すればいいのだ。

ちなみに、eneloop proは2,450mAh+充電500回に対して、充電式EVOLTAハイエンドモデル(この商品名もひどい)は、2,500mAh/充電300回とか。このように特性も似ている…というか、たぶんeneloopの方が上。
今回はハイエンドモデル同士で比較したが、どちらの充電池にも、レギュラー、ライト、ハイエンドの3種類がある。そして電池ゆえに単3と単4の2型がある。2系統×3種×2型だから、なんと12種類もの充電池を作っているのである。
Panasonicはいつまで意地を張っているのだろうか。

2013年11月18日 (月)

BB新品種発売

オーシャン貿易でブルーベリーの新品種の販売が始まった。
Bluecrisp(SH), Camille(SH), Jewel(SH), Palmetto(SH), Rebel(SH), Savory(RE), Sebring(SH), Springhigh(SH), Springwide(SH), Souternbelle(SH), TH-605(SH), Windsor(SH), Vernon(RE)...以下略。
即日完売の品種もあって人気の高さがわかる。販売ページはこちら
前にも書いたが、CamilleはCamelliaで登録されていたはず。文献を検索するときは注意しよう。

オーシャン貿易は大関ナーセリーと同様にカタログを送ってくる。欲しい品種があっても、購入することが嫁にバレないよう、細心の注意を払わねばならない。
封筒を開けてカタログを確認したら、他の園芸カタログと同様に、古い新聞入れに放り込むべきである。そして嫁が寝た頃を見計らって、そっとカタログを取り出して読むのだ。

カタログには困ったことが書いてあった。銀行振込みができなくなったのである。代引きかクレジットカード決済だけとなった。
代引きは配達員が事前に電話をかけてくることが多い。一般的な宅配便と比較すると危険度が高い。クレジットカード決済は取引き明細でバレてしまう。
いったいどうすればいいのだ。

2013年11月17日 (日)

干し柿

雨が降ると干し柿作りが進まない。
カビそうな柿は、干しキュウリと同様に、パソコンの排気で乾燥させるといい。
うちの渋柿は平無核と蜂屋。平無核は小さ目で乾燥しやすいから、パソコンの後ろは大き目の蜂屋を干すことが多い。

Hoshigakihachiya

パソコンの後ろは部屋の壁だが、壁までの距離は1m以上。
このスペースでいろんなものを乾燥させる。外だとカビやすいものも、ここで干せば確実に乾く。

2013年11月16日 (土)

香酸柑橘

ユズ、スダチ、カボスにレモン。こういった柑橘類を、香酸柑橘というそうだ。
うちにはない。
我が家ではレモンなど不要。なぜなら、夏みかんがあるからだ。夏みかんは、レモンと間違えるほど酸っぱい。昔は重曹でクエン酸を中和して食べたそうだ。
この夏みかんは父が子供の頃から植えてあったというから、樹齢は50年を超えている。毎年、何百個もの実がなるが、せいぜい数十個を食べるだけ。残りはマーマレードを作りたいという人にあげてしまう。
今日は夕食がカキフライだったので、レモン代わりに使ってみた。なかなかいい感じ。

Natsumikan

ついでに、甘夏の実も収穫した。甘夏の果汁は酸味がなくて甘さも足りないが、パインジュースに混ぜるとなかなかおいしい。どうせ食べ切れないなら、こういう使い方も悪くない。

2013年11月15日 (金)

次郎さん

室内に置いてあるカキが尽きたので、雨の中、畑まで出かけてカキを収穫した。
庭先にもカキは植えてあるのだが、食べたい品種ではない。
庭先のカキは富裕、私が食べたいカキは次郎なのだ。

Kakijiro

畑には2本の次郎が植えてあるが、今年はあまりならなかった。父が摘果を嫌うため、隔年結果を起こしていて、今年は裏年というわけだ。
庭の富裕は私が摘果するので、毎年、同じくらいの収穫がある。

2013年11月14日 (木)

AVRでPSG

ホビーでよく使われるマイコンといえば、PICとAVRが双璧らしい。
私はPIC好き。PICなら、アセンブラ時代から使っていたし、自宅にも開発環境が整っている。
しかし残念なことに、次の仕事はAVRだった。

使用するAVRマイコンはATmega128だった。もうディスコンじゃないのか。これ。
今日はPSG(YAMAHA YMZ294)で発音するところまで完成した。
PIC時代の資産があるので、mmlコンパイラなど、ハードウエアに依存しない部分は早い早い。タイマ割込みがよくわからんが、週末に自宅で調べて来週には完成したいと思っている。
納期は月末だから、まだ余裕がある。
そんなわけで、手持ちYM-2151の私的メモ。

  • 四川省 = 9223 EAAG(マイOPM初号機)
  • 購入品 = 9223 EAHG

PSGで演奏するついでに、FM音源でも演奏できたらクールだと思う。

2013年11月13日 (水)

ししとうの自由研究

5月に植えたシシトウは、大きく育って台風で倒れた。
しかし、8月に植えたシシトウは、株が小さいこともあって、倒れずによく育っている。
たくさん植えたので食べ切れない。
夕方、暗くなってから収穫しているが、三つの畑に分けて植えたため、なかなか全部を回る時間がない。

Shishicrop

大きく育ちすぎ。さすがに辛いものも混じっている。
シシトウはタネが辛いという人がいるが、それは勘違いをしている。本当は胎座と呼ばれるタネがくっついている部分が辛いのだ。
唐辛子を乾燥させると、砕けた胎座がタネに付着しているため、タネごと辛く感じるのだ。本来はタネをかみつぶしたところで辛くはない。

ならば胎座を除去して食べればいい。焼いてから皮をむくように調理するとか、調理前に胎座ごとタネを除去すればいい。

Shishicut

胎座はししとうの実の中で、こんな(-○-)感じに固定されている。
胎座を固定している部分と垂直になるように切り開き、実の中央をスプーンですくうようにして除去すると簡単。

2013年11月12日 (火)

最後のトウモロコシ

今日は今秋一番の冷え込みとなった。
トウモロコシとバターナッツカボチャなどを収穫し、株を片付けた。

Squshcorn Corncrop

トウモロコシは春からずっと、半月ごとにタネをまいて育ててきた。
今年最後のトウモロコシは、台風でほとんどの株が倒伏し、残ったのは3株だけ。

伏見とうがらしも元気だったが、これだけ冷え込むともう終わりかもしれない。

2013年11月11日 (月)

いいこと

今日はポッキーの日。タイムカードが11月11日、11:11だった。
何かいいことあるかな。

そういえば電車の中で、お金がたくさん入った財布を拾ったっけ。届けるのが面倒だったので元の場所に戻した。ちょうど清掃の方が通りがかったので、財布のことを伝えておいた。
ファミマのおにぎりが全品100円だったとか。

よし、帰りに宝くじでも買ってみよう。
と、思っていたが、帰りは21:00を過ぎていて、どこの売り場も閉まっていた。

2013年11月10日 (日)

県大会2013・二日目

昨日に続いて、ジュニアの県大会。準決勝の相手は、今大会の本命NFだった。
歯が立たないと考え、守りを固めて戦うことにした。楽しく戦い、45-72で敗れた。3位確定である。

さて3位は確定したが、まだ続きがある。東海大会の切符を賭けて、やはり3位のRKJとの決定戦だ。
1QT頭から引き離されて一気に10点差。なんとか持ち直したものの13-25と劣勢。
ウズ丸はボールをもらって、様子をうかがってから1on1を仕掛けている。これでは遅い。持った瞬間にドライブするよう指示した。しかし返事は「この相手じゃ無理」。
やはりそうなのか。そうじゃないかな…とは思っていた(笑)。
それでも時間をかけて1on1を仕掛ける。相手はファウルでしか止められず、フリースローで地味に点を稼いで前半を34-40と、点差を詰めた。

後半も34Kは1on1で戦うようだ。相手がファウルを避けるようになり、得点が入るようになった。一気に逆転し、さらに点差をつける。3QT終わって57-47。東海大会の切符に指がかかったか。
4QTが始まると、RKJの布陣がが大きく変わった。ゴール下の選手がベンチに下がり、外と足のある選手が出てきた。ウズ丸が守っているにも関わらず、その頭の上から3Pを沈められる始末。
たった1本ならまぐれだが、2本続けてやられたところを見るとインチキ実力である。
相手のディフェンスはオールコートマンツーに変わった。普段ならどうということはないが、4試合を4人の主力で戦ってきた34Kには厳しい。一番元気なウズ丸でさえも足が止まった。
ボールがハーフラインを越える前にやられることも多く、万事休す。64-75で敗れた。

2013年11月 9日 (土)

県大会2013・初日

ウズ丸たちは、ジュニアバスケの県大会。

1試合目の相手は、県選抜のCを擁するYNJ。
1QTを17-19、前半を28-26とわずかにリードするだけだが、相手はファウルの山。いずれ失速する。
ウズ丸は得点こそ稼いでいたが、周りと動きが合っていない。
3QTは何度かベンチに戻され39-38。4QT、ウズ丸はベンチのまま55-47で勝った。

2試合目の相手はMSJ。
相手の動きがバタバタしている間に得点を重ねて10点差。ウズ丸も2本の3Pを決め、1QT終わって23-11だった。
2QTは点差を守る感じで試合が進んで44-29だった。

主力の一人が足をつったようで動きが悪い。ウズ丸に面取りをしろと指示したところ、監督からも同じ指示が出た。
ウズ丸が何度もハイポストに立ちボールを要求する。小さな選手がハイポストでボールを持っても攻めるわけではないが、放置するわけにもいかない。
ウズ丸はたいした仕事をしていないが、これが敵を攪乱したようだ。左右の二人がどかどかと3Pを打つ。この試合、34Kは10本の3Pを沈めて3QTで64-42。最後には81-59で勝った。
準決勝進出である。

2013年11月 8日 (金)

最後の調整

ウズ丸たち34Kは、明日がジュニアの県大会。今日は大会前最後の練習だった。
たぶん高校生のOBがやって来て、試合の相手をしてくれるのだろう。そう思っていたら、一人、また一人とOBがやって来た。
県2位と3位のチームの人たちで、高校生の県大会で優勝できるんじゃないかと思うようなメンバーである。
ちなみに県1位のチームの選手は、まだ全国大会(ウインターカップ)があるので来れない。
高校生はケガがないように、適度に手を抜いてくれたのだが、いい練習ができた。
さあ、明日は存分に暴れてくれ。

2013年11月 7日 (木)

恐い話

Googleの予測変換は恐い。
一度でも「アイドル 巨乳」と検索すると、次回からは「アイドル」と入力しただけで、「アイドル 巨乳」が候補として出てくる。

たとえば私の場合、「上野」と入力しただけで「上野早生」が候補に出てくる。
そして、その「上野早生」が女性の名前に見えたけど、それを指摘せずにだまっている嫁はもっと恐い。
皆様もお気を付けください。

2013年11月 6日 (水)

ヨガPC

ツノ姉が使っているノートPCは、DELL Latitude/D420。7年前に販売されていたノートPCで、CPU=Core2Duo、メモリ=1GB、HDD→SSD/64GBである。
ツノ姉が大学を卒業するまでは持たないだろうということで、新しいPCを買うことにした。
ツノ姉のトレードカラーは黄色だが、黄色のPCは見かけないので、オレンジ色のPCを検索した。
LenovoのIdeaPad Yoga11sが理想だが、予算の関係で却下。一番安かったIdeaPad Yoga13を69,000円程度でポチった。

ネットで購入するなら先払いは避けたい。手数料が1,350円もかかるが、代引きを選択した。
薄型のPCなので、DVDドライブはおろか、LANポートすらない。Officeソフトも付属しないが、大学でインストールすればいい。
もしどこかで有線のネットワークに接続する必要があったら、WiFiルータでも買って持たせればいいかな。

2013年11月 5日 (火)

コゴミ畑

ビオ畑、つまり畑化したビオトープを耕し始めた。土はまだ足りないが、石灰やモミガラなどを入れて土作りを始めた。
ビオトープにたくさん生えているクサソテツ(コゴミ)やゼンマイを掘り上げると、土を運ばなくても畑ができる。
クサソテツは数株植えただけだが、今では50株以上に増えている。少し数を減らしてもいいかな。
ゼンマイは20株ほどだが、こちらはクサソテツと違って数が増えることはないから、このままにしておこう。

ウズ丸たちは、週末の県大会に向けて、高校生と練習試合をした。
YN高校の新チームを相手に、5QTの変則マッチだったが、70-77で敗れた。ウズ丸は17得点だった。
ビデオゲームのやり過ぎで、シュートのタイミングが狂っているように見える。
明日からはゲーム禁止にしよう。こっそりゲームできないように、パソコンのHDMIケーブルも隠した。

2013年11月 4日 (月)

借り物畑

午後から雨。夕方に雨がやんだので、用水路の土砂を揚げた。
暗くなるまでのわずかな時間に、30L×5=150Lの土をビオ畑に運んだ。

黄金桃のタネを3粒まいた。苗ができたら、借りている畑に植えるつもりだ。
借りている畑はいつ返すことになるかわからないから、高価な果樹苗を植えるのは惜しい。実生のモモならちょうどいい。
すでにイチジクやクリ、キウイなどが植えてある。年内にヤマモモやブラックベリーなども加わる予定。
この借りている畑も、ブルーベリー畑も、ビオ畑も、全部借り物である。うちが所有しているのはキャバクラ畑だけだ。

夕食のおかずの一つはニラモヤシだった。まだニラは残っているらしいぞ。

2013年11月 3日 (日)

ニラ山

夕方、モミガラを3回運んだところで、雨が降ってきた。
今日は早々に作業を切り上げ、風呂に入って、ビールを飲んだ。つまみはクズ落花生をゆでたものだ。嫁に何かないか聞いたところキムチクッパが出てきた。

三日前、私が畑で仕事をしていたら、嫁がやって来た。

「今夜はキムチ鍋だからニラが欲しいんだけど。」

いつもなら私が収穫するのだが、ちょっと忙しかったので、嫁をニラ畑に案内した。
ニラは収穫期がずれるように三つの区画に分けて植えてある。この区画がちょうど食べ頃だと伝えて作業に戻った。

作業を終えて私が帰宅すると、テーブルにはニラの山が…。
市販のニラに換算すると20束分はある。食べごろの区画をすべて収穫するとは思わなかった。
キムチ鍋に大量投入したが1/3も使えなかった。残ったニラを消費するため、翌日の夕食はチヂミと、ニラスープだった。

そう。私の前にあるキムチクッパは、三日前のキムチ鍋に、ご飯をぶち込んだ一品である。ニラたっぷりでうまいけどね。うん。

2013年11月 2日 (土)

モミガラ敷き

今夜は飲みに行くことになっている。おいしくビールを飲むためには、何か体を動かさねば。

そんなわけで、今日はモミガラを運ぶことにした。
9月にもらってきたモミガラが、まだ水田に積んだままだ。そのモミガラを畑に運ぶのが今日の仕事である。
直径55cm/63Lのファーマーズポット×4個、10号鉢/13L×11個、除雪用のスコップを軽トラに載せて、いざ出陣。この装備だと、1往復で63×4+13×11=395Lを運べることになるね。

ブルーベリー畑には、モミガラを敷いて雑草や夏の乾燥を抑える。黒ボク土は靴底にくっつきやすいが、モミガラを敷くことで快適になる。
キャバクラ畑では、カンキツ類の根元に敷く。カンキツ類は低温に弱いから、モミガラを10cm以上の厚さに敷いて寒さから根を守る。
それからサトイモの畝にもモミガラを積み上げる。畑のサトイモは掘り上げず、畝の上に大量のモミガラを積み上げて保温する。冬の間、モミガラと土を掘ってサトイモを食べる。

ウズ丸と一緒に水田と畑を11往復したところで、あたりが暗くなってきた。モミガラはまだ半分以上残っているから、この続きはまた明日にしよう。

風呂に入ってから飲みに出かけた。

2013年11月 1日 (金)

アスパラの人

夕方、用水路の土砂を揚げた。30L×12=360Lとノルマ達成。
連日の土砂揚げで、手はボロボロになっている。
下流から上流に向かって土砂を揚げているが、用水路を100m以上も遡っている。あと少しで用水路の端に達するから、このまま大雨が降らないと土砂揚げは終了となる。

土砂を揚げていると、遠くから誰かが歩いてきた。私に用があるようだ。
手に何かを持っている。近くに来ると、それがアスパラガスの苗であることがわかった。
その人は、歩いてきた方向を指さして言った。

「あそこの畑の人から、アスパラガスに詳しいと聞いて…」

別にアスパラガスに詳しいわけじゃないのだが。
アスパラガスにはとても長い根があって、これを植えるとなると深い穴を掘らねばならないけど、根を切って植えてもいいかという質問だった。

根が養分を蓄えているわけで、根を切るのはもったいない。そのまま横というか斜めに寝かせて植えればいいと説明した。
町内の人だったが、ずいぶん遠くから歩いてきたようだ。

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

最近のトラックバック