« 土砂揚げ #4 | トップページ | 野良芝生 »

2013年10月23日 (水)

富山のみょうが寿し

フェイジョアやポポー、マルメロを植える前に、私は本物を取り寄せて味見をした。ブラックベリー、ラズベリー、オリーブ、アーティチョークでも同様である。

我が家ではミョウガ寿司をよく作るようになった。とても簡単な料理だが、そのためにはミョウガの酢漬けが必要になる。
このミョウガの漬物を作るには、とても手間がかかる。そういう手の込んだ料理を味見もせずにいきりなり作るのはリスクが高い。
そこでミョウガ寿司を作る前に、本物のミョウガ寿司を食べてみることにした。ネットで検索して、小佐波みょうがの「みょうが寿し」というものを買ってみた。
届いたのはこれ。

Myogazushi Myogazushiopen

webサイトでは、小佐波のミョウガは立派だと書いてあるのだが、普通のミョウガと比較して、どこがどう違うのかわからない。小佐波のミョウガには笹の葉が敷いてあるだけだ。
それはさておき、このみょうが寿しはなかなかうまかった。値段も安い。コンビニのおにぎりと同じくらいの値段だし、コンビニで売っていたら毎日買うと思う。

みょうが寿しは、子供たちにも好評だったので、ようやく作ってみようという気になった。
ミョウガを丸ごと使うのは食べにくいし、ミョウガ漬けの漬け汁も利用したい。自家製の青じそやゴマも追加して我が家のミョウガ寿司となった。
おいしく作るポイントは、嫁に作らせないすしのこを使うことである。これは薄味の漬け汁を使うためだ。
いつか、小佐波のみょうが寿しのように、笹の葉に包んだものも作ってみたいと思っている。

« 土砂揚げ #4 | トップページ | 野良芝生 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

KOHさん、何でも本格的ですね。みょうが寿司、とても美味しそうです。^ ^
笹の葉ってどうやって手に入れるのですか?

え、ササの葉なんて、山にいくらでも生えていますよ。
クマザサの葉を隈取り(くまどり)ができる前に収穫して保存しておくのがよさそうです。
来年の夏まで待たないといけませんが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/53716974

この記事へのトラックバック一覧です: 富山のみょうが寿し:

« 土砂揚げ #4 | トップページ | 野良芝生 »

最近のトラックバック