« 川干狩り | トップページ | 洪水と遺伝 »

2013年9月15日 (日)

ニラわさわさ

畑には野良ニラがたくさん生えている。畑だけでなく、近くの空き地や土手にもたくさんある。
草刈りの時に、ニラを刈ってしまうと臭くて気が滅入る。

Noraniradrain Noraniracrow

それを抜いて畑の端にまとめて植えておいた。モミガラを敷いて肥料もやったら、ワサワサになった。

ニラを定期的に刈って食べるなら、毎回、おいしく食べられるのだが、いったんワサワサになったニラは、固くておいしくない。
そういう場合は、捨て刈りをするといいそうだ。ニラを食べる半月前に葉を刈り捨て、新たに出た葉だけを食べるというわけ。
二度も連続で丸坊主にされるから、株はひじょうに消耗するが、ニラなんて山ほどあるから気にしない。

Noraniracorner

左は来月収穫予定。中央は今月収穫した直後で葉が見えない。右は先月収穫して復活中である。
収穫したばかりのニラはこんな感じ。

Noraniracrop

この時期のニラは、ちょうど花が咲く頃だ。花芽はつぼみのうちに柔らかい部分だけを摘み取って食べるとうまい。
開花させるとタネに養分を奪われるから、摘み取って食べるのがオススメ。

 

« 川干狩り | トップページ | 洪水と遺伝 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/53282139

この記事へのトラックバック一覧です: ニラわさわさ:

« 川干狩り | トップページ | 洪水と遺伝 »

最近のトラックバック