« 下仁田ネギ | トップページ | 枝豆がタダ同然 »

2013年8月12日 (月)

葉トウの佃煮

シシトウの収穫が多くて持て余している。シシトウは、キュウリのように干して保存することもできない。
シシトウの場合は、枝ごと収穫して葉を食べるといい。枝ごと収穫するから実もならない。今回は佃煮を作ることにした。
うちのレシピはこんな感じ。シシトウも葉トウガラシもまったく同じレシピである。

(1)葉、若芽、若実をむしる。枝と葉柄は捨てる。
(2)熱湯で1分間ゆでる。
(3)水を絞って刻む。
(4)醤油と酒、蜂蜜、おろしショウガ、鷹の爪と共に煮る。

Hatoboil Hatocut

茶色の花がらは捨ててから調理したが、咲いている花だってゆでれば茶色になる。
葉トウガラシの葉はかさばるので、とりあえず湯通しして量を減らすといい。それから刻んだ方が楽でいい。たくさんある場合は、この状態で冷蔵庫に保存してもいい。

Hatotsukudani

汁が少なくなるまで煮詰めて、最後にゴマ油を少し落として完成。調味料の分量なんて適当である。
蜂蜜は砂糖でいい。うちには大量の蜂蜜があるから使っただけだ。山椒の佃煮もたくさんあるのでそれも混ぜた。

タカノツメはタネを取ってから使ったが、タネをとった指がいつまでたっても辛い。その指で皮膚をひっかくと痛い。

« 下仁田ネギ | トップページ | 枝豆がタダ同然 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/52858020

この記事へのトラックバック一覧です: 葉トウの佃煮:

« 下仁田ネギ | トップページ | 枝豆がタダ同然 »

最近のトラックバック