« 畑に水路 | トップページ | 野良ナントカ »

2013年7月21日 (日)

最後の中体連

中体連二日目。NA中学のバスケ部は、この日が初戦である。
対戦相手はTD中学だった。ウズ丸がボールを持つと徹底的にマークが来る。

それは予想していた。スクリーンを使ってフリーになり、ボールを持つように心がけた。前半はとにかく省エネで戦い、体力とファウルを温存した。
前半は狙い通り、相手の主力から多くのファウルをもらい、xx-xxの4点リードで折り返した。

後半の途中、一時は12点のリードがあったが、相手チームは捨て身のプレス。
ここでいつもの2年生が一人で連続失点。ボールを持たなければいいのに、やられたらムキになってさらにやられる。いつもの失点パターンだ。たった一人で一気に7失点。
プレスが厳しく、ターンオーバーからの失点が続く。ウズ丸以外にわざとボールを持たせる作戦なのに、いつもの2年生はその罠にはまってしまう。パスを受けた選手が確実にボールを奪われ、失点が続く。
残り4分でついに逆転されてしまった。点差は3点。
主犯の2年生は自分を見失っているようだ。ボールを見ずにディフェンスを頑張れと声をかけた。

残り2分で2点を追う展開。プレスをかわすため、ウズ丸があつかましくボールを要求するようになった。
相手#5はここでファウルアウトするが、厳しいプレスは続く。ウズ丸のドリブルも苦しそうだが、相手のファウルでフリースローを得た。
ウズ丸がこのフリースローを2本沈めてようやく同点。残り1分を切った。
相手のスローインで、NA中学は誰の指示もなかったが全員がプレス。ウズ丸だけが相手との距離を少し空けてパスを誘う。相手と同じ作戦だ。
ウズ丸がマークする相手にパスが飛んだ。ウズ丸はギャンブルでインターセプトを狙うが失敗。だがこれがトラベリングを誘って、残り30秒でボールはNA中学。
ウズ丸がボールを持ち、時間を見てドライブを仕掛ける。これもつぶされるが、ファウルでフリースローを得た。残り6秒。
フリースローの1本目を沈めて逆転。そのまま逃げ切って56-55で勝った。

2試合目はベスト4を賭けて、相手はS中学。
こういう試合は、ウズ丸が一人張り切ってファウルアウトすることが多い。
今日は事前によく言い聞かせてある。そもそも勝ち目がないのだから、最後まで楽しく戦えばいい。
ウズ丸にはフェイスガードが付いた。まあ予想通りだ。フェイスガードは少しでも弱ると新品交換され、なかなか厄介である。
それでもスクリーンを使ってうまくボールを受け、攻撃の形は作った。点数はさっぱり入らないのだが。
それでも最後まで楽しく試合を進めることができた。途中、ベンチの3年生や、2学期に転校する2年生にもちゃんとシュートを打たせた。
ベスト8で敗退したが、中体連最後の2試合を、ずっとコートの中で過ごすことができたので大満足だ。

« 畑に水路 | トップページ | 野良ナントカ »

バスケ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/52634541

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の中体連:

« 畑に水路 | トップページ | 野良ナントカ »

最近のトラックバック