« 竹酢液でスガ対策 | トップページ | 220個 »

2013年7月 3日 (水)

竹酢液二日目

昨日に続いて、竹酢液をまいた。
シャシャンボツバメスガは、新芽だけを狙って産卵する。だから新芽の香りがバレないように、竹酢液をかけてしまえというのが今回の実験である。

たとえ苗木が400本あっても、新芽限定なら250ml程度の霧吹き1杯で足りる。竹酢液の原液に換算すると、わずかPETボトルのキャップ1杯である。
数日後に被害が収まっているようなら効果ありだ。
ただし、ブルーベリーの果実に竹酢液がかかると、すっぱいような香りが残るから注意したい。

そういえば、先行していたCaroline(NH)やDixi(NH)はもちろん、Ozark(SH)や、Elliott(NH)などの収穫も始まった。これですべてのハイブッシュ系品種の収穫が始まったことになる。

« 竹酢液でスガ対策 | トップページ | 220個 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/52317122

この記事へのトラックバック一覧です: 竹酢液二日目:

« 竹酢液でスガ対策 | トップページ | 220個 »

最近のトラックバック