« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月31日 (水)

極楽BB園2日目

今日も蒸し暑い。子供たちがやって来て、裏の川で泳ぐと言い出した。
サンダルとバスケットボールを貸してやると、ばしゃばしゃやり始めた。バスケットボールは浮き輪代わりである。しばらくすると部活から帰ったウズ丸も乱入。
泳ぎ疲れたら、着替えていつものブルーベリー摘み。
ブルーベリーを家に持ち帰ってジャムを作りたいと言うので、ちょっと離れたBB畑へ案内してやった。
BB畑はNobilis(RE)とPowderblue(RE)が中心。Baldwin(RE)やBluegem(RE)に比べると小粒だが、鳥も食べ残すほどたくさんある。今年は早い時期から冷凍庫がいっぱいで、ブルーベリーをまったく収穫していない。
子供たちは、ザルいっぱい摘み取って帰って行った。ついでにシシトウやオクラなどの夏野菜も押し付けた。

昨日に続いて、今日もガソリンタンク一杯分の草刈りをした。

2013年7月30日 (火)

草刈り

大雨が降った翌日なので、今日は水やりの必要がなさそうだ。
代わりにビオトープの草刈りをしよう。
草刈り機のガソリンタンクをいっぱいにすると、大体40分ほど刈り続けることができる。
ビオトープといっても、池に水草はない。アメリカザリガニが水草を食い荒らすので、プランターで育てているのだ。プランターの中に入れるのはカエルだけ。
プランターやプラ舟は、草刈り機の刃が少しでも当たると簡単に穴が開いてしまう。プランターの周りだけは鎌で草を刈った。

手入れをしていないのに、ヒメコウホネが美しく咲いていた。他にはアサザとガガブタなどを育てているが、いずれもよく育っているようだ。

2013年7月29日 (月)

雨天収穫

仕事を早めに切り上げて帰宅したが、今日は朝からひどい雨。
昨日は一日中バスケをしていたので、畑にはたくさんの夏野菜が残っている。雨の中、畑の野菜を収穫することにした。
二つのザルを持って畑に向かったが、たった3株のシシトウを収穫しただけで、ザルはいっぱいになった。
他の野菜、オクラやキュウリ、カボチャなどは持ち帰ることができず、自宅に引き返してカゴを取ってきた。

野菜作りは父の担当だったが、ここ数年、私が担当する作物が増えてきた。
収穫が面倒だったり、苗作りが難しい野菜などは、ガサツな父には向いていない。そういう作物は私が担当するようになった。
他にも水やりが必要な作物、たとえばサトイモやトウモロコシも私の担当になった。こういう作物は、植え付けだけを父が担当し、後は何もしない。まあ、その方が助かるのだが。

2013年7月28日 (日)

草バスケ

この暑い中、午後から草バスケだ。NA中学のバスケ部の内、3年生は受験勉強があるから誘わなかった。
大人vsNA中学バスケ部で4試合ほどやったが、どの試合も大人の圧勝だった。
中1と中2がスクリーンアウトをさぼるので、大人がリバウンドを拾ってシュートを打ち続ける感じ。身長差を考えれば勝てるはずがない。
ウズ丸にはツノ丸がマッチアップしていたから、大人チームに小学生が入っても圧勝だった。

2013年7月27日 (土)

ビットキャッシュ

インターネットで募金するために、ビットキャッシュが必要になった。
ビットキャッシュは匿名で支払いができるネット通貨である。
コンビニで買えるらしいが、先ほどビールを飲んだところだ。嫁の運転でコンビニまで出かけた。酔った勢いもあって5,000円分を購入。
これがあれば成人向けコンテンツも自由に購入できるなどと考えていたが、だが私が買ったのはBitCashST/5000というもので、成人向けコンテンツには使用禁止らしい。
ネトゲなんてやらないし、残しておいても使い道がない。全額寄付した。

2013年7月26日 (金)

ブラックベリーの個体差

最後のTripleCrownを2粒食べて、今年のブラックベリーはシーズンを終えた。
ブラックベリーはとてもうまかった。放任で育つから、畑の片隅に植えてみようと思う。
それにしてもブラックベリーは生長が早い。長いシュートは3mを超え、鉢が窮屈に感じるようになってきた。

ブルーベリーの品種は、枝や葉に特徴があって、その気になれば見分けが付く。
だがブラックベリーを見分けるのは難しい。
TripleCrownだって、Natchezだって、Navahoだってみんな同じ姿に見える。見分けられるのはトゲのあるPrimeArk45だけだ。
品種の個性が見られる実生苗だって、そのうち見分けが付かなくなるのだろうか。

2013年7月25日 (木)

観戦×3

今日も夕立があって、水やりはお休み。

ツノ丸は高校の補講に出席して、そのまま野球部の応援に行った。
補講の先生たちもほんの少しだけ気を利かせてくれたそうで、電車の時間を考えて早めに終わってくれた。
電車を降りたら球場までダッシュ。ツノ丸は普段から走っているので余裕。他人のカバンまで抱えて走ったそうだ。
途中から到着した応援団のおかげ(?)で試合は3-1で勝利。Y高校は無事にベスト8進出を決めた。

夕方からビールを飲みながら、サッカーのアジアカップをテレビ観戦。
今日は男女2試合続けての試合で、その間の飲み食いには、少々反省するところがある。
そんなわけで久しぶりにランニングである。
1/3kmを1分20秒、1分16秒と、何もしていない割には良いタイムだった。
去年は体育館が使えずバスケを休んでいたが、今年は草バスケを続けているから体力がある。
ちなみに同じコースをウズ丸が走ったら1分2秒、ツノ丸は0分56秒だった。

2013年7月24日 (水)

極楽BB園

うちの裏の川で小学生の女の子たちが泳いでいた。
小学校のプールにやって来たが、雷注意報が出ていたためプールは中止になったそうだ。それで少し足を延ばして、ウズ丸ん家に行って泳げばいいんじゃね? ってことになったらしい。

泳ぎ終わった後、みんなで庭のブルーベリーを食べることになった。今日のオススメ品種は、Baldwinでどうかな。Baldwinは大粒で、鳥もあまり食べないからたくさん残っている。

Bbbaldwin1 Bbbaldwin2

よくBaldwinのタネが気になるという人がいるが、そういう人は育て方が悪いんじゃないのかな。実が小さいとタネが気になるから、大粒に育てないといけない。
そりゃ、DeliteやPowderblueだったら、小粒でもあまりタネが目立たないけどさ。

夕立があったので水やりはお休み。

2013年7月23日 (火)

たまには畑

朝から2tの水やりもすっかり慣れた。
鉢に200L、サトイモに200L、トウモロコシに200L、シシトウ、オクラ、ニラ、ミョウガ、キュウリに200L、庭に200L、道路に1000L。
ジョウロを持つ手にマメができた。
たまには畑の写真でもどうぞ。

▽あとで写真

ウズ丸は部活を引退して、受験勉強を頑張る時期だが、今日も楽しく部活に出かけて行った。

2013年7月22日 (月)

野良ナントカ

中体連で万が一のことがあるといけないので、今日は休みにしてある。もちろん万が一など起こるはずもなく、朝から土いじりである。

我が家には猫の額ほどの畑があるのだが、隣接する土地が草だらけで作業する気が起きない。今日は隣の土地の草を取った。
以前は遠慮がちに草を取っていたのだが、最近は豪快に草を取って、植えてあるミカンの木まで剪定している。
去年、この場所ではゴーヤを栽培していたのだが、草取りをしていたらこんなものが…。

Goyaokura

去年も記事にしたが、いつもの野良ゴーヤである
うちのゴーヤは緑のカーテンとして頑張っているが、まだ一つも実がなっていない。そんな時でも野良ゴーヤがあれば安心。

今日はツノ丸の三者懇だった。この調子で英語の成績を上げていけば、目標の大学はまず問題ないとのこと。

2013年7月21日 (日)

最後の中体連

中体連二日目。NA中学のバスケ部は、この日が初戦である。
対戦相手はTD中学だった。ウズ丸がボールを持つと徹底的にマークが来る。

それは予想していた。スクリーンを使ってフリーになり、ボールを持つように心がけた。前半はとにかく省エネで戦い、体力とファウルを温存した。
前半は狙い通り、相手の主力から多くのファウルをもらい、xx-xxの4点リードで折り返した。

後半の途中、一時は12点のリードがあったが、相手チームは捨て身のプレス。
ここでいつもの2年生が一人で連続失点。ボールを持たなければいいのに、やられたらムキになってさらにやられる。いつもの失点パターンだ。たった一人で一気に7失点。
プレスが厳しく、ターンオーバーからの失点が続く。ウズ丸以外にわざとボールを持たせる作戦なのに、いつもの2年生はその罠にはまってしまう。パスを受けた選手が確実にボールを奪われ、失点が続く。
残り4分でついに逆転されてしまった。点差は3点。
主犯の2年生は自分を見失っているようだ。ボールを見ずにディフェンスを頑張れと声をかけた。

残り2分で2点を追う展開。プレスをかわすため、ウズ丸があつかましくボールを要求するようになった。
相手#5はここでファウルアウトするが、厳しいプレスは続く。ウズ丸のドリブルも苦しそうだが、相手のファウルでフリースローを得た。
ウズ丸がこのフリースローを2本沈めてようやく同点。残り1分を切った。
相手のスローインで、NA中学は誰の指示もなかったが全員がプレス。ウズ丸だけが相手との距離を少し空けてパスを誘う。相手と同じ作戦だ。
ウズ丸がマークする相手にパスが飛んだ。ウズ丸はギャンブルでインターセプトを狙うが失敗。だがこれがトラベリングを誘って、残り30秒でボールはNA中学。
ウズ丸がボールを持ち、時間を見てドライブを仕掛ける。これもつぶされるが、ファウルでフリースローを得た。残り6秒。
フリースローの1本目を沈めて逆転。そのまま逃げ切って56-55で勝った。

2試合目はベスト4を賭けて、相手はS中学。
こういう試合は、ウズ丸が一人張り切ってファウルアウトすることが多い。
今日は事前によく言い聞かせてある。そもそも勝ち目がないのだから、最後まで楽しく戦えばいい。
ウズ丸にはフェイスガードが付いた。まあ予想通りだ。フェイスガードは少しでも弱ると新品交換され、なかなか厄介である。
それでもスクリーンを使ってうまくボールを受け、攻撃の形は作った。点数はさっぱり入らないのだが。
それでも最後まで楽しく試合を進めることができた。途中、ベンチの3年生や、2学期に転校する2年生にもちゃんとシュートを打たせた。
ベスト8で敗退したが、中体連最後の2試合を、ずっとコートの中で過ごすことができたので大満足だ。

2013年7月20日 (土)

畑に水路

今日も水やり2t。水やりというと、ジョウロを持って畑をうろうろしている姿を思い浮かべるかもしれないが、うちは違う。
用水路からジョウロで水をくみ、それを畑に流すだけだ。水を運ぶのは、水路からほんの1mほどでいい。
トウモロコシやサトイモなど、水が好きな作物は畝と畝の間に水を流すと、畑の反対側まで水が届くようになっている。
ジョウロを使っているのは、用水路の幅が狭くてバケツが入らないからで、それを持って畑を歩き回るわけではない。

ここしばらく仕事が忙しいので、ブルーベリーの実はすべて鳥のエサになっている。
ラビットアイ系品種はすべて、収穫期に突入した。
大粒のBaldwin(RE)などは、食べにくいのか鳥も食べないようだ。Homebell(RE)やTifblue(RE)、Powderblue(RE)あたりが、鳥さんたちに人気だ。
仕事に余裕ができたら網をかける予定だが、いつになるやら。

2013年7月19日 (金)

筋トレ水くみ

今日は朝夕で水やりを2t。水をジョウロにくんで運ぶのは、筋トレになるかもしれない。ついでに、上半身裸で小麦色の肌を目指して日焼け中。

ブルーベリーの合間にひっそりと育っているイチゴの夏姫を2粒収穫した。この時期のイチゴはとても甘くて、なかなかうまい。イチゴを本格的に育てたらうまいのだろうか。
ブラックベリーのTripleCrownを数粒収穫した。これもなかなかうまい。ブルーベリーよりもはるかに甘い。
ブラックベリーはタネがなあ…。私や子供たちは慣れちゃったけど。

2013年7月18日 (木)

オリーブ

仕事で名古屋まで出たので、成城石井でオリーブやピクルスを買ってきた。
最近よく食べるのは、黒いオリーブの塩漬けである。
黒いオリーブには、色を安定させるためにグルコン酸第一鉄が添加されている。おせち料理に入っている黒豆の煮物だって、古釘を入れて煮ると色がよく出るが、それと同じ理屈だ。
ということは、黒いオリーブを食えば鉄分の補給にもいいはず。今年の夏は、これを食って、ビールを飲もう運動しようと思う。

Olivepickles Oliveblack

棚に並んでいたビンをすべてカゴに入れた。種ありと、タネなしがあったが、無差別に全部買ってきた。通販と違って送料がいらないから、ここは重くても頑張るところ。

オリーブにしろピクルスにしろ、自分で作れないことはないのだが、作るとすれば、オリーブとか月桂樹なんかを植えなきゃならない。
輸入品を買うと、ひとビン300円くらいだから、これを自分で作ろうという気は起こらない。
などと言いながら、海外のナーセリーがブックマークしてあったりするわけだが。

そもそも家族でオリーブを食べるのは私だけ。鉄分不足の嫁が食えばいいのに。嫁は怒りっぽいからたぶんカルシウムも不足しているはずだ。

2013年7月17日 (水)

試験に出ない英単語

ウズ丸に「試験に出ない英単語」という本を買ってやった。
この本は例文がおかしい。たとえばこんな感じである。

「ムラムラしてきたので早退してもいいですか?」
「マリオカートはこれくらいにして、手術を再開しましょう。」
「伊勢海老なんか頭に載せて、どうしたの?」「母さん今日当番なのよ」
「冗談はこれくらいにして、判決を言い渡します…被告人を有罪とする!」

どの例文にもシュールな挿絵があるのが良い。
ちょっと下ネタが多すぎるかな。

2013年7月16日 (火)

環境変数

一日中、夏休みのイベントに使うサンプルプログラムを作っていた。
時間がかかるが、バグがほとんど出ないプログラミングで、ただただ丹念に作るだけでいい。
ただし秋にはコンペが待っているため、サンプルプログラムは、その試作品といった感じである。

ところで、プログラムでWindowsの環境変数の値を利用する部分がある。

char *cp = getenv( "POSXY" );

とやれば、簡単に環境変数を参照できる。
しかし、値の読み出しはできるものの、値の設定はうまくできなかった。環境変数の作成や変更の処理は、案外手ごわいのかもしれない。

2013年7月15日 (月)

自主練

中体連直前だというのに、ウズ丸たちバスケ部は練習がない。新しい顧問の先生は、部活に熱心ではない感じ。たとえばタバコ休憩の間、シューティングだけとかになる。

さすがにそれはまずいということで、地元の体育館を予約した。
草バスケ仲間の人たちが来てくれて、バスケ部vs大人で試合をした。ぶっ通しで3試合だが、素人も混じっているから、それほどハードではない。
対戦相手はウズ丸にフェイスガードをかけると予想して、その対策ばかり練習させた。
それからリバウンド時に、どうしてもスクリーンアウトしない選手がいるので、大人が徹底的にスクリーンアウトでリバウンドを拾い続けてやった。覚えてくれるといいんだけど。

2013年7月14日 (日)

牛丼二日目

雲行きが怪しくなってきたので、急いで夏野菜を収穫。シシトウ、オクラ、野良トマトなど。
トマトは育てていないが、野良トマトなら毎年、よく採れる。

Noratomato

その1時間後、ひどい夕立があった。
夕立ですることもないので、買い物に出かけた。ちょっと腹ごしらえということで、今日も牛丼。
昨日はすき家だったが、今日はちゃんと吉野家である。連日の牛丼は、夏の恒例行事だ。
かもしかマラソンに出るツノ丸のランニングシューズなどを買った。

雨が上がってから、ブラックベリーのTripleCrownを収穫。ブラックベリーは、あまり食べたことがないので品種の違いがわからない。
食べたことがあるのは、TripleCrownとNatchez、PrimeArk45の三つだけ。どれも味はうまいが、食べ比べることもできないため、違いがよくわからない。

2013年7月13日 (土)

最後の練習試合

中体連前の最後の土日。ウズ丸たちは最後の練習試合だ。
この時期はどこの運動部も、練習試合を組んで、最後の試合に備えることになる。

しかしNA中学のバスケ部は比較的成績優秀で、主力の何人かは秀英という名の学習塾に通っている。
植物の品種名だったら、うまとれとか、ビッグスイートみたいな名前で、いかにもアレな感じだが。
この学習塾は、中体連前のこの大事な時期に、三者面談とやらを開くらしい。来週には人生で最後の試合になるかも知れないこの時期に、三者面談とか…。
日曜日は塾があるから主力が不在。だから土曜日に試合を組んだのに、これでは意味がない。中体連なんて誰でも知っている。そんなことさえ、ここの学習塾は考慮できないのか。

そんなわけで、NA中学は主力不在での練習試合となった。
ウズ丸がパスを受け、相手の陣形が整う前に1vs3を挑むというスタイルだ。強いチームには勝てなかったが、それなりに試合ができた。

試合の合間に、すき家で牛丼を食べた。やっぱ夏は牛丼だな。

試合の途中、ひどい夕立があった。畑にとっては恵みの雨だ。ここ数日、葉が丸くなっていたトウモロコシも、これで元通りの葉っぱに戻った。

2013年7月12日 (金)

ポポーが煮えた

連日の猛暑で、今日も30℃超えだ。
だが今日は大丈夫。なぜなら仕事が休みだから。今日は朝から2t以上の水をまいた。
それが終わると、ブルーベリーの新芽に竹酢液。
竹酢液は一晩休むだけで、効果が半減する。
竹酢液をまけない金曜日には、たいていシャシャンボツバメスガが産卵し、月曜日あたりには新梢が枯れる。竹酢液も子供に頼んでおこうかな。

ポポーの実生苗が半分くらい枯れてしまった。
昨年も経験したが、ポポーの実生苗は、気温が高いと(目安は30℃)、煮えたように枯れてしまうようだ。
残った苗は日陰に移して管理することにした。

写真は1週間前、まだ煮えていないポポーの芽。

Pawpawseedling2013

2013年7月11日 (木)

嫁が水やり

今日は仕事が遅くなり、23:00を過ぎてからの帰宅になった。
帰りが遅い日は、ウズ丸が水やりするのだが、今日はいかにも暑い。部活帰りのウズ丸だと間に合わないかもしれない。
早く帰宅する嫁に、枯れそうな鉢だけ水やりを頼んでおいたところ、全部の鉢に水やりしてくれたらしい。助かった。

2013年7月10日 (水)

打ち水2t

今日は早めに帰宅。コメリに寄っていつもの盆栽エース1.0m@1,780円×3を購入。いわゆる盆栽棚である。

今日も気温は30℃を超えている。家に着いたら、まずビール。
つまみはサラミにオリーブ。オリーブは280円のビン詰めで半月くらいかかって食べる。16:00までに帰宅して、一番暑い中でビールとか、幸せだわ。

さて一息ついたところで作業開始。いつもの水やりである。
鉢植えや庭、周囲の道路は当然だが、今日は気まぐれで畑の様子を見に行った。
ちなみに畑に向かう途中の道路にも水をまく。特に意味はないのだが、水をまきながら畑まで歩いた。
トウモロコシの何本かは、水切れで葉が丸くなっていた。トウモロコシはちょうど出穂期を迎えており、この時期の水切れは許されない。トウモロコシを中心に、120Lほどの水をまいた。

鉢植えのブルーベリーは潅水後、竹酢液を噴霧して回ることになっている。多少の効果はあるようだが、毎日、朝夕二度の噴霧なので楽ではない。

今日は特別暑いので、家の周りの道路に長さ80mにわたって水をまいた。隣の家の畑や、家の塀などにも水をまいた。たぶん2tくらい。

2013年7月 9日 (火)

テグス張り

朝、ブルーベリーの近くにテグスを張ってから、仕事に出かけた。ヒヨドリ対策である。
テグスは鳥に見えないから、びっくりさせるくらいの効果はあるだろう。しばらくすると恐くて近寄らなくなる…といいな。被害ゼロとはいかないが、網より簡単だし。

今日の気温も30℃を超えた。帰宅したら、シャワーを浴びて、水やり開始。
今夜はウズ丸を34Kの練習に送っていかねばならず、ビールが飲めない。
時間がなくて6.0Lのジョウロに100杯ほど。せいぜい0.5tというところか。

テグスの効果を確認しておこう。
ブルーベリーのTifblue(RE)の実が2粒落ちていたが、実がすべてなくなるということはなかった。
多少の効果はあるようだ。

2013年7月 8日 (月)

打ち水

今日の気温は30℃をはるかに超えていた。急いで帰宅し、帰宅したら、ビールを飲んで水やり開始。
6.0Lのジョウロに200杯ほど。1t以上の水をまいた。
鉢植えは当然だが、水の半分は道路のアスファルトなどにまく。家の周囲の気温を下げてやると、外犬のコービーが寝ている場所が変わる。コービーも、ちょっと元気になるような気がする。

今年はまだブルーベリーに網をかけていない。
ここのところ毎日ヒヨドリがやって来て、ブルーベリーを食べている。なんとかしなければ。

2013年7月 7日 (日)

草バスケ

13:00から15:30までずっとバスケをしていた。今日は大人と、NA中学、HZ中学、ミニバスYAKなど総勢16人で、10分流し×4QT×4試合。
この日の気温は35.5℃である。

子供たちの何人かは、途中で気分が悪くなったりしていたが、へばっていたのは控え選手ばかり。ツノ丸なんて出てくる前に気分が悪くなって、家で寝ている始末。
小中学生の主力選手は最後までへばることなくプレイしていたし、大人も適度に手を抜いているので割と平気。

ちなみに大人チームが0勝4敗だったが、いずれも接戦だったし、小学生もいたからしかたがない。ちなみに小学生には触れるだけでファウルというルールである。

2013年7月 6日 (土)

ヨシ刈り

ブルーベリー畑にワラを敷いたら、雑草が生えなくて便利だ。
もうすぐ収穫期だから、のワラが少し減ってきた部分にワラを足したいところ。
今年はワラを使い切ってしまったので、近くの川にヨシを刈りに出かけた。
ヨシはワラよりも長くて重く、とても長持ちだ。
3-4mにも育ち、川を浄化する働きもあるが、用水路に生い茂ると厄介で、農家には嫌われ者だ。
刈り取ると感謝される。
ヨシは茎がしっかりしているため、普通の鎌で刈ると切り口が尖って危険。まるで小さな竹槍である。稲刈り用の鎌か、草刈り機で刈った方がいいと思う。
二抱えほど刈り取ってきたが、まだ全然足りない。

Tsuruyoshi

気が早いBlueshower(RE)、Powderblue(RE)、Tifblue(RE)が熟してきた。
現在の主力はCaroline(NH)、Dixi(NH)、Elliott(NH)だが、気の早いBlueshower(RE)、Tifblue(RE)の2株が参戦。
BlueshowerもTifblueもたくさん育てているのだが、なぜかこの2株だけが最盛期に入っている。
この2株に共通していることは、昨年まで実を着けさせなかったこと。

他にAustin(RE)、Powderblue(RE)、Nobilis(RE)などが2-3粒色付いているが、いずれも昨年は実を着けていない株だ。

2013年7月 5日 (金)

竹酢液

雨の合間に、今日も竹酢液をかけた。シャシャンボツバメスガに効果があるのかないのか、まだよくわからない。
芽が伸びるにしたがって、毎日、かけ直す必要があるので手間がかかる。
だが霧吹きを片手に、ブルーベリーの新芽を探すのはいいことだ。探しているうちにいろんなことに気付かされる。
立派なシュートが出ていること、アシナガバチが巣をかけていること、大きなトノサマガエルが、植木鉢の間を通ってプランター池を移動していること、早く色付いた実が、次々に鳥に食われていることなどがわかった。

竹酢液でツバメスガが防げなくても、竹酢液は酸性だから、ブルーベリーの成長には好ましいかもしれない。

2013年7月 4日 (木)

220個

今月に入って、体重が57kgに落ちた。とても喜んでいたのだが、それは、おにぎり二つとポテトを平らげた直後に届いた。
ハンバーガーである。全員の机に一つ。私のような大食らいには二つ…らしい。
私は最近、きちんと節制しているだけで、節制しなければ特に問題もない。レンジで温めて、二つともおいしくいただいた。

自販機で飲み物を買ってデスクに戻ると、私のデスクには食べたはずのソレが出現していた。
まあ、食えないことはない。そいつをレンジでチンしてデスクに戻ると、そこにはまたソレが(笑)。

「差し入れはいくつあったんですか?」
「220個です」

社員が50人だとすると、一人4.4個か。頭おかしいだろ。
理由は知らないが、ハンバーガーでピラミッドを作る必要があったらしい。それ、CGか何かでできるだろう。
三つ目は難なく食べたが、さすがに残りは家に持ち帰った。
ウズ丸が大喜びで平らげた。
ウズ丸はハンバーガーを10個食ったことがあるし、セットを二つ食べた後、吉野家をハシゴしたこともある。

2013年7月 3日 (水)

竹酢液二日目

昨日に続いて、竹酢液をまいた。
シャシャンボツバメスガは、新芽だけを狙って産卵する。だから新芽の香りがバレないように、竹酢液をかけてしまえというのが今回の実験である。

たとえ苗木が400本あっても、新芽限定なら250ml程度の霧吹き1杯で足りる。竹酢液の原液に換算すると、わずかPETボトルのキャップ1杯である。
数日後に被害が収まっているようなら効果ありだ。
ただし、ブルーベリーの果実に竹酢液がかかると、すっぱいような香りが残るから注意したい。

そういえば、先行していたCaroline(NH)やDixi(NH)はもちろん、Ozark(SH)や、Elliott(NH)などの収穫も始まった。これですべてのハイブッシュ系品種の収穫が始まったことになる。

2013年7月 2日 (火)

竹酢液でスガ対策

シャシャンボツバメスガの被害を防ぐにはどうすればいいだろう。
何十本もの新芽が被害に遭っている。
根元に農薬のオルトランをまけば効果的だが、幼虫が死ぬだけで被害は止まらない。
それに地植えだとオルトランが効きにくい。

新芽だけに何かを散布すれば防除できるかもしれない。
たとえば新芽だけに、ディプテレックスの粉をふりかけたり、BT剤を散布する。
これは効果的だが、農薬だから毎日かけるのはちょっと抵抗がある。

シャシャンボツバメスガの成虫はスノキ属の新芽に産卵するが、新芽は匂いで見分けているはず。
だったら薄いマシン油でもかければ効くかもしれないし、竹酢液でもよさげ。
とりあえず実験してみることにした。

2013年7月 1日 (月)

メダカ採り

嫁の職場でメダカを飼うことになったそうで、仕事帰りに捕って来いとのメールがあった。
メダカくらいはすぐに捕まえられるが、さすがに仕事帰りは無理だ。いったん帰宅して、ウズ丸を連れて、近くの用水路まで魚捕りに出かけた。

この時期、水田は土用干しというのをやっていて、用水路の水が少なくなっている。用水路には、たくさんの魚が取り残されていて、フナにドジョウ、モロコ、コイ、ナマズ。もちろんメダカもたくさんいる。
ほんの10分で魚捕りは終了したが、バケツいっぱいになった。メダカだけで1,000匹はいると思う。
嫁は数匹しかいらないというので、100匹ほどをプランター池に放して、残りは近くの川に逃がしてやった。
水が増えたので、メダカ的には命拾いだろう。
プランター池は、アサザ池と、トチカガミ池と、ジュンサイ池と、コウホネ池と、ネジレモ池と、ガガブタ池がある。

夕食後、ウズ丸が一人で1kgくらいのブルーベリーを食っていた。冷蔵庫が片付いた。

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

最近のトラックバック