« 練習試合 | トップページ | キウイの摘果 »

2013年6月 3日 (月)

摘心の話

キュウリの育て方を見ると、苗を植えてしばらくすると摘心すると書いてある。摘心した方が、トータルでたくさんの実が収穫できるという理由だろうか。
キュウリなんて、いずれは食べ切れないくらい実がなる。
トータルでたくさんの実が収穫できるということは、夏野菜が余っている時に、たくさん収穫できるだけではないのか。
だったらまだ夏野菜が余っていない時期に、少しでも早く収穫できた方が助かる。
そんなわけで、うちは摘心しない。

毎年、夏野菜が捨てるほどたくさん採れるなら、こういう考え方もある。

« 練習試合 | トップページ | キウイの摘果 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/51966362

この記事へのトラックバック一覧です: 摘心の話:

« 練習試合 | トップページ | キウイの摘果 »

最近のトラックバック