« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月30日 (日)

草バスケ

今週の草バスケは、NA中学vs大人の試合。最近はいつもこれ。
NA中学は、ウズ丸を含めて主力3人と、残りは1年生。いかにも弱そうだ。
大人チームはきちんと作戦を立てて、勝つ予定だった。

人数の都合で、ツノ丸は大人チームに入っている。
ツノ丸は引退してから久しぶりのバスケで、3Pの確率が悪すぎる。その上、2試合目の途中から、気分が悪いとか言い出す始末。
相手チームは、ウズ丸が考えた作戦に従って、全員がきちんとプレイしていた。まるで監督がいるかのようだ。さらにウズ丸の体力が上回ったようだ。終盤になると、ウズ丸の攻撃を止められなくなる。
結局、大人チームは2戦2敗、いずれも逆転負けだった。

2013年6月29日 (土)

シシトウのタネ

先日までとても元気よく育っていたブルーベリーだったが、先週あたりから、シャシャンボツバメスガの被害が目立つ。
今年は何か対策をしたい。農薬のBT剤と、木酢液を買ってきた。

ついでにシシトウの苗を買うつもりだったが、すでに売り場になかった。
だったらタネを買おうと考えたが、売り場では冬野菜のタネと入れ替えの真っ最中だった。
危ないところだった。
山積みの段ボール箱の中から、伏見トウガラシとトウモロコシ、それからオクラのタネを発掘して買ってきた。
タネをまくかどうかわからないが、まきたい時にタネが売ってないのはごめんだ。

2013年6月28日 (金)

ボクトウガの夜逃げ

ボクトウガの幼虫が地面を歩いていた。1mほど離れた場所に先日のシャシャンボの鉢が置いてあるから、そこから逃げてきたのだろう。

Bokutogaescape

そういえばこの前、農薬のオルトランをまいたから、こんな感じになっている。白い部分は溶けたオルトランだ。よく効くんだな。

Shashanbobokutoga

この薬をイチジクの幹に入れたら、カミキリムシにも効くかもしれない。

Elliott(NH)や、Ozark(NH)、それになぜだかわからないがBlueshower(RE)も色付いてきた。
以前はハイブッシュとラビットアイの間をつなぐ品種が欲しくて、Caroline(NH)やOzark(SH)を導入したが、別にいらないような気がしてきた。
今年はコガネにやられたBrightwell(RE)がお休みだが、いずれこの位置にVernon(RE)やBrightwell(RE)が入る。
数があれば端境期は避けられるような気がしてきた。

2013年6月27日 (木)

アーティチョークの食べ方

先日買ったアーティチョークを観察日記風に食べてみた。
これは肉まんの蒸し器に入れて、レンジで4分ほど加熱し、余熱でさらに1分ほど蒸したもの。

Artichokeboil

熱いから、流水で少し冷ましてから食べ始めるといい。
底の部分から、ガクをはがしながら食べるのが普通だと思うが、料理好きな人なら皿に並べるのかもしれない。
味はうまいが、外側のガクは食べられないし、内側のガクも根元の部分をほんの少し食べるだけ。

Artichokestrip Artichokebit

どんどん剥がしていくと、こんな感じになる。花びらみたいな部分は重ねて、やはり根元だけを食べる。花びらの先にはトゲがあるので、油断しないこと。

Artichokestrip2 Artichokebit2

花びらの中に、おしべがある。若い蕾だったら食べられるが、ある程度大きくなるとおいしくない。この部分はむしって捨てる。キク科特有の舌状花で、子房の部分はほろ苦くてうまい。しかし毛のような部分がまずく、子房との分離が面倒なので捨てた方がいい。毛のような部分は、たんぽぽのタネでいう綿毛の部分であろう。
食べ終わった部分もゴミになるし、食べられる部分はほんの少ししかない。
食べていくと、最後には花托とゴミの山ができる。

Artichokebase Artichoketrash

この花托がちょっとかたくてwとてもうまい。

Artichokebase4

うちはマヨネーズと醤油を混ぜたソースで食べた。とてもうまかったが、アーティチョークはとても大きくなるし、多年草で移植を嫌う。畑が余っているのでなければ、育てるのは無理だ。

2013年6月26日 (水)

アーティチョーク

オンラインショップのきなり村で、今が旬のアーティチョークを買ってみた。

Artichoke10

グリーンとパープル2種類が混じっているいるが、それぞれを拡大するとこんな感じ。

Artichokegreen Artichokepurple

どっちもおいしかったが、左のグリーンの方が安いのでおすすめ。
大きいアーティチョークの方がうまいと思う。
詳細は次の記事にまとめておく。

2013年6月25日 (火)

ボクトウガ

ブルーベリーの台木にするため、シャシャンボを10鉢ほど育てている。

Shashanbopot7

木の根元にカラフルな糞が出ているのでよくわかる。幼虫は中に入っているから、どうしたものか悩んだが、とりあえずオルトランをまいてみた。

2013年6月24日 (月)

BB収穫

明るいうちに帰宅できたので、ブルーベリーを収穫した。
Duke(NH)やO'Neal(SH)、Spartan(NH)は終わり、Chandler(NH)や、Rancpcas(NH)、Sharpblue(SH)が主力。
とはいうものの、Brigitta(NH)や、Caroline(NH)、Cooper(SH)、Dixi(NH)、Georgiagem(SH)、GulfCoast(SH)、Legacy(SH)、Magnolia(SH), Misty(SH)、Reka(NH)なども収穫が始まっている。
始まっていないのはElliott(NH)とOzark(NH)と、調子を崩した苗だけだ。
Darrow(NH)、Nui(NH)、Reveille(SH)は今年もお休み。

Bbharvest0624

今日の収穫は600gほどだった。この時期は、週に1kgの収穫がある。

そろそろシャシャンボツバメスガの被害が目立つようになってきたが、収穫中は農薬も使えない。収穫が終わった鉢だけ、農薬のオルトランをまいてみた。
シャシャンボツバメスガにはあまり効果はないのだが、コガネムシには効果があるからまあいいや。

2013年6月23日 (日)

草バスケ

中学はちょうどテスト期間中である。バスケ部は10位以内に4人も入っていて、なかなか成績優秀である。
そんなバスケ部員をバスケに誘うわけにもいかず、それ以外の人を誘ってまったりと試合をした。
NA中学バスケ部vs大人チームだったが、バスケ部の1年生が足を引っ張り、いずれの試合も1点差で大人チームの勝利だった。

2013年6月22日 (土)

NBAファイナル最終戦

ウズ丸の実力テストの結果が返ってきた。
バスケの帰り道、私の怒りを鎮めるためか、自主的に深夜の02:00まで勉強すると言い出した。
深夜の02:00になったら食べていいという約束で、夜食代わりに半額の弁当を買って帰宅。
本人は勉強だと主張していたが、ようするに宿題をしていた。

どうやら02:00からNBA FINALの第7戦(最終戦)の再放送があるらしい。
02:00になったら、弁当を持っていそいそとテレビの前に。
私が応援するペイサーズは準決勝で敗退したが、ウズ丸が応援するヒートはファイナルまで進み、スパーズとの対戦である。
ファイナルは4戦先勝だが、これが第7戦までもつれ込み、その第7戦も大接戦だった。
楽しい試合だった。サッカーのコンフェデ杯のことは忘れよう。

2013年6月21日 (金)

ブラックベリー新品種

ブラックベリーの味は子供たちに好評だった。私も気に入ったので、新しい品種を輸入したい。
ブラックベリーの育種といえばアーカンソー大学が有名だ。そのアーカンソー大学から2012年に発表されたOsageは、トゲがなく、立性、floricane-fruiting、つまり一期なり品種である。

Natchezほど大粒ではないし、もしかしたらOuachitaよりも少し小さいようだ。だがNavahoに匹敵するほど甘いのではないかと推測している。ようするにNavahoの後継品種である。
このOsageの輸入を2014年の目標としよう。

ところで今、もっとも素晴らしい品種と言われたら、Prime-Ark45だと思う。摘み取って出荷するのなら、この品種に勝るものはないと思う。
トゲがあるものの、立性で味もよく、primocane-fruiting、つまり二期なりである。
私はトゲが大嫌いなので、どんな品種もトゲがあったらボツである。

トゲなしの二期なり品種があればすぐに輸入するのだが、まだそのような品種は発表されていない。
アーカンソー大学では、既にトゲなしの二期なり品種を持っているそうだ。
まだ樹勢が弱くて、Navahoよりも小さな実しかならない中間母本だが、それを元にしてあと数年もあれば、トゲなしの二期なり品種がリリースされるだろう。
ブラックベリーは成長が速いし、トゲの有無は選抜が容易である。味がいいかどうかの選抜は、その後でやればいい。

ブラックベリーにはもう1品種導入したい品種がある。それはまた別の記事で。

2013年6月20日 (木)

ツノロウムシ孵化

カイガラムシの一種で、ツノロウムシというのがいる。
ロウが採れるから、ロウソクでも作ってやろうかと思っていたが、ロウソクを作るくらい集めようと思ったら、かなりの数が必要になる。
そんなわけで、数年前からツノロウムシを飼っている。
元はといえば、ツノ姉の担当だったが、うまく飼育できずに終わった。ツノ丸の時にもうまくいかず、結局、末っ子のウズ丸が引き継いでいる。
ずいぶん時間がかかったが、どうにか飼育できるようになった。

Tsunoroumushi

今年は孵化にも成功したし、順調に数も増えている。
来年には自由研究に使えると思うが、残念なことにウズ丸は今年が最後の自由研究になる。ちょっと遅かったね。

2013年6月19日 (水)

夏野菜の備忘録

ネタもないので、今年の夏野菜計画を書いておく。
トマトは毎年、青枯れする。今年は育てない。
キュウリは何度か作付する。たくさん収穫できたら、干して冷凍保存して食べる。炒め物に重宝する。
トウモロコシは隔週で作付けする。収穫が遅くなっても、台風が来ない限り問題はない。
オクラは山ほど育てる。爆発するのは例年8月から。
シシトウは7月に第2弾の苗を大量に植える。シシトウを食べてもいいが、食べ切れないときは、株ごと収穫して葉を食べる。葉トウガラシと同じで、なかなかうまい。
今まで自分で育てたことがないニンジンを作付する。父が育てるとひどいので、私が育てる。
7月にはミョウガが出る。見落とさないように。

昨年の記憶をたどると、こんなところか。何か思い出したら追加しよう。

2013年6月18日 (火)

ブラックベリー実生

庭でブラックベリーの実生を見つけたら、ビニールポットに上げるようにしている。
原産地では、ブラックベリーは今も雑草だし、野生のブラックベリー摘みも普通に行われているそうだ。トゲもあるから雑草としては手ごわいと思っていたからだ。

うちの実生苗の親は、すべてが昨年からあったTripleCrownのはずだ。だが育てていると葉の形や性質など、個性があってなかなか面白い。

Rubusseedling

20株ほど育てているのだが、今のところトゲのある個体は1本も出ていない。親のTropleCrownがトゲなしだからか、それとも大きくなってからとトゲを出すのか。
それにしてもよく育つ。1年で1mになると聞いていたが、本当にそんなペースである。

2013年6月17日 (月)

ビワの種

ツノ姉が昼食にビワの実を持って行ったのだが、ちゃんとタネを11粒持ち帰ってきた。さすがはうちの娘である。
さっそく90mmビニールポットにまいた。
福原早生はガンシュ病に耐性があるので、台木としても利用できる。使い道がなければ、生垣にでも利用すればいいし。

2013年6月16日 (日)

強化練習試合

ウズ丸は、最後となるの夏の大会に向けて強化練習試合。
NA中学は主力の一人が自転車でコケて不在。6thマンも何人かが不在。
初戦はシード校のAK中学が相手。もともと勝てない相手だったが、トリプルスコアくらいで敗れた。

続く相手はAH中学。相手は主力の一人が故障。NA中学は1年生も出場させたが、問題なく勝った。
午後から主力を含む3人が塾でそろって帰宅。こいつらは全員が学年で10位以内である。

3年生はウズ丸一人、あとは2年生2人と1年生で戦うことになった。
A中学は空気を読んでか、主力選手をベンチに温存してくれたので接戦になった。こちらはウズ丸が残っているので安定。特に問題なく勝った。

AH中学は主力が一人故障中とはいえ、弱体化したNA中学とほぼ互角だった。
NA中学は1年生がとても残念な感じで、結局負けてしまったが、1年生にはいい練習になった。

TD中学は本戦で戦うことになっているので、互いに主力をベンチに下げた。
2年後はNA中学の方が強そうだ。

2013年6月15日 (土)

ビワ収穫

鉢植えのビワを収穫した。品種は福原早生。今年の収穫はたった4個。8号鉢に植えた福原だけだ。

Biwafukuhara

昨年までは地植えの田中があったのだが、実が小さいといって、親父が切り倒してしまった。
実が小さいのは摘果しないことが原因であって、品種の問題ではない。そんなこともわからないとは、つくづく残念な親父である。
それからいつものブルーベリーを収穫した。430gほどだった。

Bbharvest430g

今年のハイブッシュは、昨年のラビットアイくらいの量がある。がんばって食べなければ。
今年も冷凍庫がいっぱいになるのは間違いない。
品種は、Duke(NH), Brigitta(NH), Spartan(NH), O'Neal(SH), Rancocas(NH), Legacy(SH)など。
今年は空梅雨だからなのか、どの品種も味がいいようだ。中でもLegacyは群を抜いてうまい。

2013年6月14日 (金)

宣戦布告

昨年、とあるコンテストで、うちのチームが上位を独占した。
今年もそのコンテストが開催されるそうだ。
連覇とか、上位を独占するのは難しくないと思っているのだが、運営側の事情が気にかかる。
開催する側としては、同じ部署が上位を独占するのは避けたいはず。
それに対抗する方法は一つしかない。

圧倒的な差を付けること。

よそにとっては仕事だろうが、こっちにとっては、もはや夏のお祭りである。こっちは楽しんでやってるから強いぞ。

2013年6月13日 (木)

野良BB

庭のあちこちに、ブラックベリーやブルーベリーの実生苗が生えている。
ブルーベリーは成木の近くに生えていたものを、2012年の春に掘り取って鉢上げした。鉢上げして1年でこれくらいに育つ。実もなっている。

Rubustriplecrownseedling Bbseedling2year

普通の人がわざわざ育てる価値はないと思うが、生垣に向いた個体を選抜するつもりだ。
形や性質はSunshineble(SH)、葉の色はTakahe(RE)みたいなのがいいかな。
接ぎ木苗の台木としても利用すると、生長点が多いのでサッカーが多くて不便だと思う。
ブラックベリーは、TripleCrownが親。まずはトゲがない個体を選び、その中から立性の個体を選ぶ。
実がなったら、その中から味がいいものを選ぶ予定だ。20本ほどの苗があるが、99%は廃棄されるだろう。

2013年6月12日 (水)

アジサイの色分け

アジサイの花は土のpHによって色が変わることで有名だ。そんなわけで、実験をしてみた。
用意したのはMarsという品種だ。Marsという名で2色が出回っているから、きっと用土のpHで好きな色に咲かせられるだろう。
試しにブルーベリーと同じ酸性の土に植えてみたのだが、どうやら青い花が咲きそうだ。

Hydrangeamars

まだ五分咲きだが、来週には満開になりそうだ
今度はアルカリ性の土に植えてみた。なるほどちゃんと赤い花で咲く。

Hydrangeapillnitz

この株は昨年、K子さんに根を食われて調子を崩したが、なんとか持ち直したようだ。そういえば、バスケットボールの直撃も受けている。

2013年6月11日 (火)

BB畑の様子

水田を黒ボク土で埋め立てて、小さなブルーベリー畑を作った。
今年は収穫もできそうな雰囲気。

Bbfarm Bbfarmgloria

左は挿し木4年目、右は挿し木2年目の苗だ。
苗が小さい間は密植気味に植え、大きくなってから1.0m間隔に植え替えた。
4年目の苗はこんな感じ。

Bbfarmzoom

今年の春、開花中に植え替えたが、さほどダメージはないようだ。
この様子だとなんとか実も収穫できそうだ。

品種はTNP(低燃費と読むらしい)を1列ずつ植えてある。すなわち、Tifblue(RE)、Nobilis(RE)、Powderblue(RE)である。
小さな苗はGrolia(RE)とかVernon(RE)だったかな。

2013年6月10日 (月)

エントリー成功

かもしかマラソンにエントリーするため、日付が変わるのを待っていたが、RUNNETのパスワードがわからない。
パスワードの問い合わせ機能を使おうと思ったが、問い合わせには、メアド以外に名前と生年月日が必要らしい。子供たちの生年月日なんて知らない。

朝、嫁が起きてきてからエントリーしたのだが、昼には定員の2/3、夕方には定員いっぱいになっていた。危ないところだった。

ツノ丸が休みで家にいたので、ブルーベリーの摘み取りを頼んでおいた。ボウルに1/3くらいの収穫だった。

Bbharvest

Duke(NH), Spartan(NH), O'Neal(SH)、Rancocas(NH)に加えて、Sharpblue(SH)参戦。

2013年6月 9日 (日)

かもしか待ち

フェイジョアのTraskが開花しているのに気付いた。
せっかくなので鉢を抱えて、畑のApolloの近くに移動した。水をやり忘れないように気を付けねば。
ビワの福原早生が色付いてきた。こちらはカラス対策で、コービーの近くに移動した。

今夜というか、明日の00:00から、かもしかマラソンのエントリーが始まる。というわけで、ブログを更新しながら待機。

例年だと、かもしかマラソンの開催日は、地区運動会と重なる。そうでなくても、ジュニアバスケの大会などと重なる。
一応エントリーしておくが、実際に出場できるかどうかは運次第。

2013年6月 8日 (土)

県大会

中学バスケの県大会が始まった。大会会場は、自宅のすぐ近く。
NA中学は出場していないし、ウズ丸は部活で来られないが、嫁と一緒に見に行った。
どこのチームもミドルシュートがよく入る。NA中学とは雲泥の差。

夕方、帰宅したウズ丸がタイムを計ってくれるというのでランニングをすることになった。1/3kmを1分13秒とまあまあだった。
今年はランニングのアップをしなくなった。いきなり全力で走っても支障がないというのがその理由だが、本当の理由は2周も走りたくないからである。
幸い、体重は60kg以下を保っている。

2013年6月 7日 (金)

BB収穫

酔っ払いのランニングは、1/3kmを1分27秒。先日よりさらに遅い。まあ走っているだけマシ。

ブルーベリーを収穫した。毎日、ウズ丸がつまみ食いしていることもあって、茶碗にいっぱいほどだった。
品種はDuke(NH), Spartan(NH), O'Neal(SH)、Rancocas(NH)など。
Rancocas(NH)はハイブッシュ系品種では小粒だが、ラビットアイ系の品種、たとえばラビットアイ系品種のPowderblue(RE)程度の大きさがある。味もいいから、我が家では大切にされている。

Bbrancocasleaf

Rancocas(NH)の葉には鋸歯がある。NH系にしては珍しい特徴なので見分けやすい。

2013年6月 6日 (木)

かもしかテスト

かもしかマラソンのエントリーが、6月10日から始まる。
昨年はたった二日で申し込み枠が埋まってしまい、気付いたときには受付が終了していた。
今年はウズ丸が中学3年生だから、ちゃんと申し込んでおこう。
ツノ丸も部活を引退したし、なんとなくハーフマラソンを走ってみるそうだ。
ちゃんと申し込みができるか確認した。

台木用に育てていたモミジを2鉢、鉢上げした。

2013年6月 5日 (水)

BB初収穫

酔っ払いのランニングは、1/3kmを1分26秒。問題外だな。

Duke(NH), Spartan(NH), O'Neal(SH)が色づいていたが、ウズ丸が全部食べた。
Rancocas(NH)も明日から収穫が始まりそうだ。

2013年6月 4日 (火)

キウイの摘果

キウイの紅妃には、棚も作らず、竹の棒が立ててあるだけ。
それでも実が鈴なりになっている。棚を作るのは面倒だ。
何とか摘果をして、敷きワラをしてみた。キウイとは思えない栽培方法である。

写真は後日。

2013年6月 3日 (月)

摘心の話

キュウリの育て方を見ると、苗を植えてしばらくすると摘心すると書いてある。摘心した方が、トータルでたくさんの実が収穫できるという理由だろうか。
キュウリなんて、いずれは食べ切れないくらい実がなる。
トータルでたくさんの実が収穫できるということは、夏野菜が余っている時に、たくさん収穫できるだけではないのか。
だったらまだ夏野菜が余っていない時期に、少しでも早く収穫できた方が助かる。
そんなわけで、うちは摘心しない。

毎年、夏野菜が捨てるほどたくさん採れるなら、こういう考え方もある。

2013年6月 2日 (日)

練習試合

ウズ丸たちの練習試合を見に行った。
対戦相手は、隣のA中学と、TD中学だった。最初はリードを許す場面もあったが、簡単に逆転して勝利をおさめた。
顧問の先生が代わって、目新しい攻め方が増えた。
攻め方は悪くないが、体力不足だと感じる場面も多いし、シュートの確率が3年生とは思えないほど低い。
ゾーンを組まれて、ミドルシュートを打つように仕向けられたら負けると思う。

新1年生のプレイも初めて見た。有望な選手がたくさんいるが、さすがに1年生は体格が劣る。ウズ丸たちの戦力にはならないと思う。
今のレベルでは、6thマンとしても使えない。

試合の帰り道、カインズホームでプラ鉢8号@148円×10を購入。
庭で今年初めてのコガネムシを捕まえた。残っている鉢に、早くKシートを敷かなくては。

2013年6月 1日 (土)

接ぎ木苗の植替え

Biloxi(SH)、Brigitta(NH)、Cooper(SH)、Caroline(NH)、O'Neal(SH)、Reka(NH)など、昨年、接ぎ木した苗を10鉢ほど植え替えた。
植替え作業は順調だったが、8号鉢が尽きたので終了。
5号スリット鉢から、8号鉢へ植え替え、その翌年から収穫を始めるのが定石。

夜は飲み会。食べ過ぎたことを反省しているのだが、かなり酔っていたのでランニングはできなかった。

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

最近のトラックバック