« BB色付く | トップページ | 接ぎ木苗の植替え »

2013年5月31日 (金)

植物防疫所から電話

植物防疫所から電話があった。
輸入した苗木のうち、半数ほどは新芽も出てこないし、枯死したのではないかとのこと。
ブルーベリーが1本と、ラズベリーが数本枯れたそうだが、全品種、最低1本が生き残っているとのことだから、まあ問題なし。

枯死した株の数だけ圃場に空きができた。代わりの苗を輸入することもできるとのことだが、どうしたものかな。
こんな暑い季節に輸入して活着するのだろうか。

昨年輸入したブラックベリーは、隔離検疫を終えて一か月。根元からはたくさんのシュートが出てきた。順調に育っているようでひと安心だ。

Rubusnatchez5size

写真はNatchezか、PrimeArk45あたり。
ブラックベリーは根元から次々にシュートを出すので、Kシートが使えない。実をならせるつもりはないので、定期的にオルトランをまいて、コガネムシを防除する予定だ。

« BB色付く | トップページ | 接ぎ木苗の植替え »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/51882980

この記事へのトラックバック一覧です: 植物防疫所から電話:

« BB色付く | トップページ | 接ぎ木苗の植替え »

最近のトラックバック