« 不在通知 | トップページ | webサイト更新 »

2013年4月24日 (水)

交配用ミツバチ

私は叔父の土地で、果樹を植えたり、ミツバチを飼ったりしていたのだが、その叔父が定年になって、毎週、顔を出すようになった。
古い家を取り壊したり、庭をコンクリート張りにしたり。
家を取り壊すことは聞いていたので、飼っていたニホンミツバチは人に譲って処分した。
自宅にあるミツバチの巣箱はすべて空っぽだ。昨年はその中でアシナガバチを飼っていたくらい。

夕方、ブルーベリーの手入れをしていたら、空の巣箱にニホンミツバチが出入りしているのに気付いた。いつのまに居着いたのだろう。
もう花粉を運び込んでいるから、居着いてから何日か経過しているようだ。
また知人に引き取ってもらおうと思ったが、せっかくなのでブルーベリーの花が終わるまでは、ここで働いてもらうことにした。
久しぶりにミツバチを観察したが、いつまで見ていても飽きないね。

« 不在通知 | トップページ | webサイト更新 »

自然」カテゴリの記事

コメント

え、もうニホンミツバチは飼っていらっしゃらないのですね。
きゃらぶきの佃煮に自家製蜂蜜を使うのは、在庫分限り、なのですね。
何だかちょっと残念(およそのお家のことなのに)。
叔父様にニホンミツバチ飼育の趣味を紹介しては如何でしょう☆

蜂蜜は10年で消費できないほどたくさんあります。
それにほぼ毎年、ニホンミツバチの駆除依頼がありますので、減ることはありません。
駆除といっても、ハチは殺さずに巣箱に引っ越しさせます。この時、巣は移動できないため、巣にあった蜂蜜はすべていただきます。
http://apis.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/post-567a.html
http://apis.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/post-60a6.html

それよりも、フキ畑がコンクリートの下になってしまいました。別の場所でフキを育てていますが、食べるまでに何年かかるやら。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/51378058

この記事へのトラックバック一覧です: 交配用ミツバチ:

« 不在通知 | トップページ | webサイト更新 »

最近のトラックバック