« 北部駅伝 | トップページ | 改良中 »

2013年3月11日 (月)

カキフライガタベタイデス

サウンドICでもたついている間に、AQUESTの音声合成ICが届いた。ATP3011F4-PU、愛称はAquesTalk picoだ。
サウンドICより簡単そうなので、先にこちらを作ることにした。
このICは、ネタ的な意味で作っている人がたくさんいる。
解説サイトもあって、思いのほか簡単だった。私は、こちらのサイトを利用させてもらった。回路図はこんな感じ。

Voice1827

AquesTalk picoは、ICにローマ字の文字列を送信するだけで、音声を出力くれるようになっている。
ICに言葉を送信する方法だが、UART/I2C/SPI、すべての方式に対応している。
たとえば「今夜はカキフライが食べたいです」だと、

"ko'nnyawa ka_kifu'raiga/tabeta'ide_su."

という文字列を送信すればいい。特殊記号を使って、言葉に抑揚を付けることもできる。

私がデバグ中は、ずっとこの声が再生されていたのだが、それがどうやら嫁の機嫌を損ねてしまったようだ。
そういえば昨日、「明日の夕食は赤魚のフライ」だと言ってたな。たしかにケンカを売っているように聞こえなくもない。

« 北部駅伝 | トップページ | 改良中 »

お仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/50757223

この記事へのトラックバック一覧です: カキフライガタベタイデス:

« 北部駅伝 | トップページ | 改良中 »

最近のトラックバック