« 楽譜データ | トップページ | みえ・菌輪の会 »

2013年3月 8日 (金)

ネギとサーボ

春になると冬の野菜はトウが立って花が咲く。この時期、どこの畑でも残っているネギや大根、白菜、ホウレンソウを抜いて捨てる。
食べ切れない野菜を畑に残しておいても病気の原因となるし、アブラナ科の植物は交雑しやすいから、タネを採るのにも苦労する。

先日のイベントは盛況に終わった。イベントが終わると大急ぎで撤収をしなければならない。ちょうど解体した部品を仕分けするところに居合わせたので、私も少し手伝った。
ほとんどの部品は廃棄することになる。金目のモノだけでも家に持ち帰ればいいのだが、新人さんたちはそれもしない。
費用だって自分が出したわけじゃないし、家に帰ってまで仕事をするはずもない。

電子部品ならではの事情もある。
たとえばサーボモータを次のイベントで使うとすると、動作確認する時間の給料で新品が買える。イベントの度に新しいモノを買った方がいい。
だから持ち帰って再利用するのは、動作が確実なマイコンボードやケーブルだけ。

新人はプラモデルなどを持ち帰ることにしたそうだ。その他の電子部品は概ね廃棄。
サーボモータも捨てるそうだ。プラモデル2個より、サーボモータ1個の方がずっと高いのだが、それはうちの畑のネギと同じだ。気持ちはわからないでもない。

そんなわけでサーボモータは私がもらってきた。
家に帰ってから、PICマイコンでサーボモータを回そうと思ったがうまく回らなかった。私は趣味だからいいが、会社だったら新品を買う方が無難だ。
私のプログラムが間違っているのか、壊れているかよくわからないが、チェックもできずに部品箱に入った。

タイトルを見て、初音的なネタだと勘違いした人は挙手。

« 楽譜データ | トップページ | みえ・菌輪の会 »

お仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/50666280

この記事へのトラックバック一覧です: ネギとサーボ:

« 楽譜データ | トップページ | みえ・菌輪の会 »

最近のトラックバック