« X68030の経過報告 | トップページ | X68030経過報告 #2 »

2013年3月20日 (水)

16F1847輸入

先日のPICマイコンでトラックデータを演奏することはできた。
しかし本来の目的は達成していない。私がやりたいのは、リアルタイムにMMLをエンコードして演奏するというものだ。

使用したPICは16F1827だが、このPICはRAMが384bytesしかない。だったらRAMが1024bytesある16F1847を使えばよさそうだ。
だが残念なことに、16F1847は国内で販売されていないようだ。
海外から輸入することにした。

当初はマイコン単体で購入するつもりだったが、16F1847が搭載された小さなマイコンボードを見つけたので、そちらを買うことにした。
iBoard Tiny x18という商品だ。小さな基板に、端子が用途別にまとめてある。

海外から購入したので、届くのは来月になる。それまで何もしないのは退屈なので、16F1829という石を国内で購入しておこう。
16F1829は2012年11月に発売されたばかりの石で、16F1827より2pin多い20pin。メモリも640byte多くて1024bytesとなっている。
このまま最後まで16F1829で開発してもいいのだが、まあいいや。
せっかくなので、ブレッドボードやステレオミニジャック、ロータリスイッチ、24pinソケットなどを購入。
24pinソケットはもちろん、取り外したYM-2151用だ。

« X68030の経過報告 | トップページ | X68030経過報告 #2 »

お仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/50902131

この記事へのトラックバック一覧です: 16F1847輸入:

« X68030の経過報告 | トップページ | X68030経過報告 #2 »

最近のトラックバック