« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月28日 (木)

全ネタ採用

来週に開催されるイベントのため、今月は追い込みモード。朝07:00に起きて、帰宅は23:00という生活がずっと続いている。
今回のブースには、今までないアイデアをいくつか採用した。

今まで電飾の制御はUSB-IOだけでやっていたのだが、今回はPICマイコンを使った。
今まで同様、USB-IOに値を送るのだが、それだけだと12個のスイッチのON./OFFしかできない。
そこで4bitの値をUSB-IOからPICに渡し、PICが16通りのパターンで電飾を点灯させるようにした。これなら256通りの制御だって可能になる。
ちなみに電飾の光は、アクリル板を光らせるのに使った。
アクリル板の切り口から光を入れると、光ファイバーと同じ原理で内部を光が通過する。このままでは、アクリル板の切り口から光が出ていくだけで意味がない。
そこに曇りガラススプレーで文字を書くと、あら不思議。光は曇りガラス部分から外に出てくるので、文字だけが浮いて見えるのだ。
写真を載せたいところだが、社名がわかるので勘弁。

それから今回は小物が動くギミックをLEGOブロックで作ってみた。
サーボモータの動力を、接着剤で固定したLEGO製ギアに伝えて、メカを動かす仕組みになっている。
メカには絵が張ってあるので、外からLEGOブロックは見えない。LEGOブロックに接着剤を塗るので、LEGOブロックとしては使えなくなるが、便利な使い方だと思う。
サーボモータは、RBIO-5PというUSB接続のボード経由で動かした。これはシリアル通信だけでサーボを大量に制御できるのでおすすめ。

いずれのアイデアも、先月から実験を繰り返してきた技術で、悩む部分はなかった。

2013年2月27日 (水)

PICでタッチセンサ

PICマイコンで、いろんなことをテストしている。
今日は16F1827に内蔵のタッチセンサを使って、スライドスイッチらしきものを作ってみた。
確かにこれは楽だ。
等身大のアクリル板で入力ができると、何か楽しいことができそうだ。
夏のイベントに間に合うといいな。

2013年2月26日 (火)

リカバリディスク検証

DELL Inspiron545には、WindowsVistaのリカバリCDが付属しているが、うちはWindows7をインストールするので使わない。
せっかくなので、このリカバリディスクを、他のPCにインストールするとどうなるか試してみた。
用意したのは、Acer Aspire/M1100という古い機種だ。CPUはAMD AthlonX2 BE-2350 2.1GHz、メモリは3.0GBである。

リカバリディスクを起動すると、メニューに従うだけでリカバリが進んだ。
再起動をしたところで、プロダクトIDの入力を求められた。Inspiron545にインストールした時には、プロダクトIDの入力はなかったと思うが、何かのチェックに引っかかったのかもしれない。
Aspire/M1100の本体に貼ってあるWindowsVistaのプロダクトIDを入力すると、正しく認証された。
ドライバもすべて認識されたし、インストールはとても楽だった。
MicrosoftOffice2007までもが勝手にインストールされ、認証済みになっている。なるほど、これは楽でいいや。
なお、期限切れのMcAfeeウィルススキャンと、DELL-PCの管理ソフトはアンインストール推奨だ。

というところまで確認して、元のWindowsXPに戻した。やっぱWindowsXPは快適。

2013年2月25日 (月)

紅染めもち2012

紅染めもちと書いてベニゾメモチと読む。
赤米(あかまい)とか、古代米と呼ばれるコメだが、古代米とは名ばかりで、パテント(JPP#14035)の新品種である。
本来、古代米はモチ米ではないそうだが、こいつは今時の品種なので赤いモチ米である。

色米の精米にはコツがいるようだ。
他の品種では失敗などなかったが、この紅染めもちだけは、2011年、2012年いずれも精米に失敗した。
小粒のモチ米なので、乾燥や精米にコツがいるようだ。乾燥し過ぎて精米するときに割れてしまうのである。もう二度と作らない予定。
割れてしまった米も食べられないわけではないので、餅やご飯に混ぜて消費しているが、
一日に一掴み程度しか減っていかないので、とても食べ切れるとは思えない。

あ、欲しい人がいたらいくらでも差し上げます。数百グラムをメール便で送る予定。
代金はいらないが、パテントなのでタネは送れない。全部精米しちゃったし。
ご飯に混ぜて食べるのがいいと思うが、うまいものではない。米だけで赤飯とか、味に興味があるとか、玄米でも芽は出るとか思う人はどうぞ。

餅をつくときに少し入れると、色が付いてアクセントになる。また、麦めしと同じ感覚で、とろろかけご飯にしてもいい。逆にいうと、それ以外はちょっと…。

写真は後日。

2013年2月24日 (日)

草バスケ

家族全員で草バスケに参加した。今日はNA中学のバスケ部員以外に、OBも参加。
試合は、NA中バスケ部+OBvsその他で戦うことに。ただし人数の関係でツノ丸は大人チーム。
1試合目は怠け者の大人が、ゾーンで守るが、これが失敗。
私をマークする高校生と大学生に手こずった。私はシュートがほとんど入らない。
ツノ丸は中学生相手ならゴール下に入るべきなのに、3Pラインの外で待っているとか、いろいろバカだ。そりゃスタメン落ちもするわな。
1試合目は20点差を付けられての大敗だった。

2試合目は、大人がちゃんと作戦を立てた。
私は休憩時間にシュート練習をして、暑くても体温を下げないように長袖のパーカーを着た。
ディフェンスをマンツーマンに変更し、右にしかドライブできない選手には、左にドリブルさせるように守ることにした。
NA中学の二人のガードは、左にドライブさせれば嫁でさえ止めることができるし、ウズ丸はツノ丸がマークしているので大丈夫。
ツノ丸に、なるべく中にドライブするよう指示を出して、私が外で待つことにした。
シュート練習の甲斐あって、私のシュートが得点の半分を占め、余裕の勝利。
そりゃ、NA中学のバスケ部が弱いはずだわ。

2013年2月23日 (土)

SSGに転ぶ

FM音源について調べたところ、PICでは難しいということがわかった。
とはいえ、もうYM-2151も手配したし、今さら後に引く気はない。イベントまで半年以上あるし、なんとかなるだろう。

まずはデータをどうやって格納するか。これはMicroSDカードから曲データを読み込むことで対応したい。となると、容量の大きなマイコンが必要になる。
それからFM音源の前に、まずは少し簡単なSSG音源も理解しておこう。

以上を踏まえて、秋月電子でお買い物だ。
MicroSDスロット、イヤホン端子、SSG(YAMAHA YMZ294)などを購入。
PICはよくわからないので、16Fで一番豪華な石を買っておくことにした。PIC16F1938が150円。意外と安いな。
秋月電子では、YAMAHA YMZ285という怪しい石も販売されているが、この石は仕様がわからないらしい。格安なはずだわ。
しかしこの大きさは怪しいな。いくらPCMを内蔵しているとはいえ、このサイズはなんだ。この石はSSGじゃなくてFM音源ではないのか。誰か使い方を調べてくれないかな。

2013年2月22日 (金)

YM-2151探し

私が仕事で使ったことがあるFM音源は、YAMAHAのYM-2151(OPM)とYM-2413(OPLL)だけだが、メジャーなのは圧倒的にYM-2151である。
私もYM-2151で何か作ることにしよう。

YAMAHAのYM-2151という石は、既に廃番となっている。これを手に入れるには、YM-2151が搭載された基板から取り外すしかない。

押し入れにたくさん入っているX68000(※)に搭載されているのだが、X68000を解体するなんてことはできないので別の作戦を考える。

当時はアーケードゲームにもたくさん使われていた。
じゃあPCB基板で一番安いものを…と思って探したら、四川省@1,000円というPCB基板が見つかった。
壊すために買うっていうのもかわいそうだがしかたがない。

せっかくなので、今回もYM-2151の音楽を二つほど紹介しておく。
曲が演奏されるまでに少し時間がかかるが、昔のゲームはフロッピーディスクから起動していたので、こんな感じだった。

※正確にいうとX68000は1台もない。押し入れに入っているのは、X68000EXPERT/2/SUPER/XVI/compactとX68030である。

2013年2月21日 (木)

圧電ブザーで音楽

とにかく私はPICマイコンに慣れておかねばならない。
今年の正月、私は圧電ブザーを使って音楽を演奏させてみた。だが、オンチとかショボイとか、散々な評価だった。そりゃそうだな。ビープ音で音楽演奏してんだから。
この動画は私の作品ではないが、まあこんな感じ。そういえば曲も同じ。

技術的にどれだけすごくても、来場者の評価が低ければ意味がない。
やはり人が集まるような音楽を演奏するとなると、FM音源くらいは使わないとダメか。
ちなみにFM音源だとこんな音が出せる。


あ、いかん。音楽に聞き入ってしまった。
うちのブースも来年はもうちょっと人を集めるネタで何か作るとするか。

2013年2月19日 (火)

PICで加速度センサ

PICマイコンに、加速度センサとLCDを接続した。
余裕があったので、ブレッドボードを傾けると、その方向に矢印が向くようにした。
8方向の矢印は、LCDが持っているユーザ定義フォント機能で実現した。
使った液晶は、1キャラクタが5×8ドットしかないので、こんな感じになった。

□□□□□
□□■□□
□■■□□
■■■■■
□■■□□
□□■□□
□□□□□
□□□□□

わりと簡単に動作させることができたので、コロコロカービィ的なゲームを作り始めたが、LCDが想像以上に遅くておきらめた。
表示がめゃくちゃ速いLCDってないのかな。

2013年2月18日 (月)

PICでLCD

焦電センサをPICに接続して、何か作ろうと思ったが、先日買ったNaPiOnがどこにいったかわからない。
紛失してしまったようだ。
ふと見ると、部品箱の底に加速度センサが転がっているではないか。これを使って何か作ることにした。
PICでアナログ入力を使うのは初めてだが、まあなんとかなるだろう。
作っていてふと気づいたのだが、入力した結果はどうやって表示すればいいのだ。
結局今日は、LCDを接続する回路になってしまった。

2013年2月17日 (日)

GX520納品

昨日の方から電話があって、ワープロ代わりになるパソコンを用意して欲しいとの相談を受けた。
それくらいなら即日で納品できる。
DELL OptiplexGX520にメモリを増設して、17インチLCD、それからプリンタを入れて3万円で大丈夫。

  • CPU = PentiumD-2.8GHz
  • HDD = 160GB
  • メモリ = 1.5GB
  • 光学ドライブ = DVD/CD-RW

企業の廃棄パソコンなので、MicrosoftOfficeもちゃんとインストールされている。
Yahoo!オークションで処分するつもりだったが、処分できてラッキーだ。代金は29,400円。うまい日本酒を2本いただきました♪
ま、ビールくらいしか味わかんないんだけどね。

2013年2月16日 (土)

OASYS

町内の偉い人が、富士通のOASYSというワープロを持ってきた。
FD(フロッピーディスク)が読み込めないという。
10年くらい前にも同じような相談に乗ったことがあるが、そのときはFDが壊れただけだった。
今回はどのFDも読み込みができないから、ドライブがイカレてしまった可能性がある。
そもそもOASYSのフロッピーディスクは特殊で、手に入れるのもひと苦労である。今使っているFDだって、福井県から取り寄せたとのこと。
70歳を越えてからのパソコンは大変だが、毎月、ワープロで会報を作っていたというから、まあなんとかなるだろう。
そろそろあきらめて、パソコンを使ってはどうかと説明した。

2013年2月15日 (金)

ベリー輸入計画2013

予約してあった隔離圃場に、空きができたとの連絡を受けた。
昨年は神戸にしか隔離圃場を確保できなかったが、今年は名古屋に確保することができた。
これを受けてベリー類18品種を発注した。
ブルーベリーに、ラズベリーとブラックベリー少々。

今回はラズベリーを重要品種として発注し、その店で取り扱っていた他のベリー類を適当に選んで注文した。売切れもあるだろうから、すべてが届くわけではない。
昨年末から、月に一度のペースで次々に苗が届くが、ベリー類はすべて隔離検疫なので、自宅には届かない。
来年、検疫に合格した苗を、嫁に見つからないように引き取りに行くだけでいい。

2013年2月14日 (木)

名古屋イベント組

名古屋イベント組のために残業。
今週は仕事が多くてハードだった。こまめに机で仮眠をとるようにしていた。
去年までとは違い、今年は助っ人だから気楽だが、その分、いろんなプロジェクトに顔を突っ込んでいるので大忙しだ。

2013年2月13日 (水)

ブレッドボードでRJ45

ブレッドボードにRJ45コネクタを増設する変換基板が発売になっていた。
試しに買ってみたがなかなかいい感じ。
写真は後日。

2013年2月12日 (火)

東京組

叔父所有の古い家を解体しているはずだが、仕事だったので詳しいことは知らない。

明日は東京でイベントがある。
遅くまで会社に残って東京イベント組を送り出した。ああ、完成してないさ。
私の担当じゃなかったのが救い。

2013年2月11日 (月)

引越しモドキ

明日、家の近くにある古い家を取り壊すそうだ。
その古い家は叔父の持ち物で、私は物置として使っていた。
中にしまってあるガラクタを家に持ち帰らねばならない。
朝から子供たち総動員で、荷物を運んだ。大人と子供で4人もいたから、作業は楽だった。

せっかく引越しみたいなことをしたんだから、昼は何か出前でも取ろうということになって、子供たちの希望でピザになった。

2013年2月10日 (日)

WリーグB

ウズ丸たちNA中学は、インフルエンザで主力を欠いたため、昨日のウインターリーグAを辞退した。
今日はその一つ下、ウインターリーグBに参加した。
出だしの3試合、M中学とKG中学とYT中学には、あっさりと勝ったようだ。

4試合目、苦手なSG中学が相手だ。
前回と違って今日は顧問の先生がちゃんといる。何か作戦を立ててくるだろう。
とりあえず主力を欠いているのがバレないように、ウズ丸が果敢に攻める。これは前回の作戦と同じで、たしかにうまくいく。前半を数点リードで折り返した。
もうそろそろ気付かれるとは思っていたら、やはり仕掛けてきた。
SG中学は、主力でない選手を捨てて、ウズ丸に二人の選手を付けた。いざとなったらファウルで止める作戦か。
ファウルがゆるい審判だったし、ウズ丸を追う選手が交代するのでやりにくい。
ウズ丸がボールを失うことはないが、主力がいないので攻め手が少ない。試合は15点差くらいで敗れた。あーあ。
ここで一つ情報が届いた。午前中に、SG中学がCB中学に敗れていたらしい。
だったらSG戦の失点を抑えるべきだった。なぜウズ丸は気付かない。まあ負けたものはしかたがないので、次の試合のことを考えよう。
5試合目の8P中学に勝って、NA中学はここまで4勝1敗。

最終戦の相手は、ここまで全勝のCB中学だ。
勝率が同じなら、得失点差で優勝を決めるから、15点差くらいで勝てばいいはず。
ウズ丸に緩急を付けるように指示を出して試合開始。
NA中学はゾーンを組んだが、CB中学は組織的にうまいチームなので、ゾーンはあまり効果的ではないようだ。なんとか前半を数点リードで折り返した。
後半はさらに点差を広げねばならない。
しかし、この展開はさっきと同じだ。そろそろ相手も対策をしてくるはず。

2年生の代わりに試合に出ている1年生は、ディフェンスに迷いがある。相手に苦しいパスを出させるように頼んだ。目的を絞ればやりやすいと思う。
ウズ丸はプレスの指示を出し、前から徹底的に当たる。ボールを奪ったら、相手に考える時間を与えないままウズ丸が仕掛ける。
CB中学もSG中学と同様に、ウズ丸に二人のディフェンスを付けた。だが今回は止まらないようにしたので、ウズ丸を捕まえることができない。
ウズ丸にシュートを打たれるか、ファウルを犯すかの二択になっている。
この試合だけでウズ丸は30点以上を奪い、怒涛の18点差で勝利。

優勝かと思われたが、ここで残念なお知らせ。優勝はSG中学だった。
該当チームの得失点差ではなく、大会全体での得失点差だったらしい。そんなわけで残念ながら準優勝だった。

2013年2月 9日 (土)

ドタキャン

ウズ丸たちはバスケのウインターリーグAに参加する予定だった。
しかしNA中学はインフルエンザ大流行。この日はレギュラー2.5人が欠席で、出場を断念した。
明日のBリーグは一人が復帰するので、強行出場する予定だ。Bリーグだったら、主力が欠けてもなんとかなるはず。そうありたい。

今日は家で暇しているウズ丸をと一緒に、夏ミカンとはるみを収穫した。
夏ミカンは収穫かごに3杯、はるみは1杯ほど。今年のはるみは濃厚なミカンという味で、いかにもはるみらしい。

先週はせとかを収穫したのだが、今年は寒さで苦くなってしまった。
カンキツ類が寒さで苦くなるのは有名だが、今まではそんなことはなかった。
昨年までとの違いといえば、根元をぶ厚いワラで覆ったこと。
ワラの栄養分が悪さをするとは思えないのだが、もしかしたら、ワラで保温したために根が元気なのが原因だろうか。根が元気で気温が下がると苦くなるとか。

2013年2月 8日 (金)

休日出勤

本来は休日だったが、納期が近いので午後から休日出勤だった。
仕事の内容はLEGOブロックの組立と制御。
LEGOブロックを組み立てるのは好きだし、明るいうちは遊びながら給料をもらっている感じがしていた。
しかし夜になっても一向に完成しない。帰れる気配がしない。
LEGO部隊もPICマイコン部隊も共に苦しんでいるようだ。
私はアドバイスだけの予定だったが、最後にはパソコンを奪って私がコードを書いた。

2013年2月 7日 (木)

X68000の今後

大量のX68000が自宅にやって来たが、これらのX68000は長年放置していたので、電源を入れても起動するとは思えない。
X68000に使われていたコンデンサは欠陥品らしく、何年も経つと液漏れするそうだ。
よってこれらのパソコンを使うのであれば、コンデンサを全交換しなければならない。
外国のサイトにも紹介記事があった。シールの向きは電解コンデンサの極性を表しているようだ。

X68000はひじょうに愛着のあるパソコンだから、何台か修理して使えるようにしたい。少なくとも、X68000は嫁よりも大切である。
インターネットで調べたところ、修理方法や、部品の入手方法がわかった。
部品は数千円ほどだが、交換にはハンダ付けなどの技術が必要になる。それはちょっと自信がないな。そもそも、それで何年も放置されていたわけだし。

と思っていたら、修理を代行してくれる人がいた。料金は6万円である。とりあえず1台修理してもらうとしよう。
この資金を捻出するために、休日出勤を二日入れた。それから、一部のX68000とディスプレイは売却することにしよう。
休日出勤は5万円ほどになる。10台処分して、なんとか2台のX68030を修理したい。2台目は自分で修理してみようかな。

2013年2月 6日 (水)

また雪

昼前に起きたら、外は真っ白だった。
2月上旬は毎年、雪が多いとはいえ、こんなに降るかね。
今日は、ブルーベリーの挿し木苗を鉢上げしようと思っていたが、ラベルが見えないのであきらめた。
外に置いてあった地湧金蓮(チユウキンレン)が寒そうだったので、玄関の中に入れた。バナナやバショウの仲間で、葉っぱも枯れて痛々しい。春になればちゃんと芽が伸びてくるそうだが、ホントに復活するのかこれ?。

夕方から仕事で名古屋に向かうが、名古屋はいつものように晴れていた。
どうせそんなことだと思っていたよ。

2013年2月 5日 (火)

買い物

ウズ丸のバッシュを買いにゼビオに出かけた。
旧モデルとなって値引きされているバッシュを買った。
展示品のバッシュが値引きされていても、ライトの光で劣化しているので買わない方がいい。
バッシュの一部がすぐに破れたり、はがれたりするのだ。特にナイ○。
バスケを1年間続けるつもりなら、現行モデルを買った方がトータルでは安いと思う。何より気分がいいしね。
本気でバスケをやっている子供だったら、バッシュなんて半年も持たない。そういう場合は、バッシュは内側から傷むから、まあ何でもいいと思う。

ついでにエディオンに立ち寄った。
ウズ丸は自分のゲーム用PCをインターネットに接続するために、15mのLANケーブルを買っていた。
私はアルミ製のインチネジを一つ。

2013年2月 4日 (月)

学級閉鎖

先週の金曜日、ウズ丸たちは学年閉鎖寸前だったので、午後からとっとと帰宅させられた。
早めに手を打つことは大切である。
だがそんな対策をあざ笑うかのように、クラスは10人以上が欠席していた。もちろん学級閉鎖である。

2013年2月 3日 (日)

1年生大会2013つづき

まさかの2試合目である。
初戦と同様、同じ戦法で戦うが、今度はさすがに苦戦している。
しかし、今までボールにほとんど触れなかった素人が、ボールに向かって飛ぶようになった。
身長差もあるし、俺ってイケるんじゃね? とか思ったようだ。

ただしボールをつかむと、すぐに味方に渡す。
ゴール下にはもう一人、8P中学の#4がいた。
両チームでは一番うまいのだが、地味に普通のプレイでリバウンドを拾う。
この試合もゴール下を8A中学が支配し、またも試合にも勝ってしまった。
素人軍団の8A中学が、とうとうベスト8である。

3試合目の相手はUB中学。ここは普通のチームだから、ミドルシュートが普通に入る。
リバウンドも落ちてこないし、そもそもドリブルで進むことさえ許してもらえない。
バスケは本来こういうもので、これが普通である。
ボコボコにやられたが、とても楽しい一日だった。
これで1年生の考え方が少し変わるかもしれない。
明日はベスト4の試合があるのだが、1年生全員で観戦に行くそうだ。今まで1年生は、そんなテンションではなかったが、いいことだ。

2013年2月 2日 (土)

1年生大会2013

NA中学のバスケ部の1年生は、身長も低いし、身体能力も高くない。
それどころか、パスをするとよけるし、近くでドリブルする敵にもまったく無関心だったりする。
部員も4人しかおらず、1年生大会には出場しない予定だった。
しかし、同じような状況の中学校がもう1校あったため、合同チームを作って出場することになった。
今日はその1年生大会である。
ウズ丸は試合に関係ないのだが、キャプテンということもあって、応援に出かけた。

8P中学+NA中学なので、8A中学と呼ぶことにする。
8A中学の初戦の相手はMT中学だった。
こちらは主力の一人が欠席だったが、まあ誰が試合に出てもあまり関係はない。交代要員が少ないが、1試合だけなんとかすればいい。

試合が始まった。こちらはゾーンで守る。
ゴール下になるべく長身の選手を配置。一人は長身ではあるがド素人である。
ボールには反応しないし、NA中学で練習をしていても、リバウンドを拾うことはまったくない。
ゾーンの外側さえ抜ければ、シュートは打ち放題だが、相手も初心者なのでミドルシュートなんて入らない。
しかし、8A中学には一つだけ約束事があった。

「スクリーンアウトをする」

リバウンドは拾わなくても、スクリーンアウトさえしていれば、ボールは味方の誰かが拾うだろう。ボールを拾ったガードは、パスもしないし、ただひたすら前に進む。
そもそもドリブルをつきながら、周りを見る余裕なんてない。敵が追い付いて来ようが関係ない。そもそも止まれないのだ(笑)。
そのままレイアップシュートを打つことになる。
無茶苦茶な作戦だが、相手のミドルシュートより成功率が高いし、ファウルしてもらえればフリースローは多少入る。
事情を知らない相手の選手は、ミドルシュートをたくさん打つものの、得点はあまり伸びない。
最弱と思われた8A中学が、なんと試合に勝ってしまった。

明日に続く…。

2013年2月 1日 (金)

X68000の山

我が家から200mほどのところに、誰も住んでいない家がある。
大阪に住む叔父の名義で、私の物置となっていたのだが、昨年、叔父がその家を建て直すと言い出した。
大阪から週末になるとやって来て、畑仕事をするのが夢だという。
週に一度の世話で畑が管理できるとは思えない。屋敷に草が生えないのだって、うちが草取りをしているからだ。

それはさておき、私の大切なガラクタを自宅に持ち帰らねばならない。
私がかつて趣味としていた、ありとあらゆるガラクタがあるのだが、その中でも多いのが雑誌とパソコン。
雑誌はOh!MZやOh!X、ゲームラボなど。Oh!Xにいたっては、最初から最後まで全冊そろっているのが二組もある。
パソコンは、SHARPのX68000という機種だ。
X68000, X68000ACE, X68000EXPERT, X68000EXPERT2, X68000SUPER, X68000XVI, X68000XVIcompactと、X68030と専用ディスプレイが合わせて15台ほど。ちなみにX68000EXPERT2は嫁の所有である。
X68000は1987年発売、X68030は1993年発売だから、四半世紀も前のパソコンである。

今日は仕事が休みだったので、車に載せて自宅に持ち帰った。一日中、荷物運びをしていたが、まだ1/3も運んでいない。

写真は後日。

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

最近のトラックバック