« 草バスケ | トップページ | リカバリディスク検証 »

2013年2月25日 (月)

紅染めもち2012

紅染めもちと書いてベニゾメモチと読む。
赤米(あかまい)とか、古代米と呼ばれるコメだが、古代米とは名ばかりで、パテント(JPP#14035)の新品種である。
本来、古代米はモチ米ではないそうだが、こいつは今時の品種なので赤いモチ米である。

色米の精米にはコツがいるようだ。
他の品種では失敗などなかったが、この紅染めもちだけは、2011年、2012年いずれも精米に失敗した。
小粒のモチ米なので、乾燥や精米にコツがいるようだ。乾燥し過ぎて精米するときに割れてしまうのである。もう二度と作らない予定。
割れてしまった米も食べられないわけではないので、餅やご飯に混ぜて消費しているが、
一日に一掴み程度しか減っていかないので、とても食べ切れるとは思えない。

あ、欲しい人がいたらいくらでも差し上げます。数百グラムをメール便で送る予定。
代金はいらないが、パテントなのでタネは送れない。全部精米しちゃったし。
ご飯に混ぜて食べるのがいいと思うが、うまいものではない。米だけで赤飯とか、味に興味があるとか、玄米でも芽は出るとか思う人はどうぞ。

餅をつくときに少し入れると、色が付いてアクセントになる。また、麦めしと同じ感覚で、とろろかけご飯にしてもいい。逆にいうと、それ以外はちょっと…。

写真は後日。

« 草バスケ | トップページ | リカバリディスク検証 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/49827884

この記事へのトラックバック一覧です: 紅染めもち2012:

« 草バスケ | トップページ | リカバリディスク検証 »

最近のトラックバック