« MS-IMEのバカ | トップページ | X68000の山 »

2013年1月31日 (木)

PICでLCD

PICkit3に慣れるため、過去に作った回路をもう一度作り直すことにした。
以前は16F84Aだったが、手持ちがないので16F628Aでを使うことに。アセンブラで記述していたソースもないが、記憶を頼りにC言語ですべて書き直しだ。
LCDを使った回路がなかなか動作しなかったが、PICkit3との配線を1本抜いたら、きちんと動いていた。
バグがあるのかと思って、ソースを何時間も追いかけていたが、こんなところにミスがあったとは。こういう落とし穴はなかなか解決しない。

いったん動作すれば、C言語なので、さくさくと記述できる。長い文章をスクロールさせるようなプログラムを書いてみた。

▽あとで写真

流れている文字はブルーベリーのラビットアイ系品種。Savoryはちょっとレアだね。

« MS-IMEのバカ | トップページ | X68000の山 »

お仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/49302982

この記事へのトラックバック一覧です: PICでLCD:

« MS-IMEのバカ | トップページ | X68000の山 »

最近のトラックバック