« 似てはいるが | トップページ | カラフルPC収集計画 »

2013年1月 2日 (水)

NBA2K13のインストール

正月なので子供立ちは、ゲーム三昧である。
先日、ウズ丸がNBA2K13というバスケのゲームを買った。我が家にはPlayStaion2版のNBA2K3があるので、そこからなんと10年ぶりのバスケゲームである。
ウズ丸が買ったのはPC版のNBA2K13だ。日本語版はなく英語のゲームだ。

このソフトは無料でダウンロードできるが、プレイするためにライセンスキーを買わねばならない仕組みになっているらしい。
販売していたAmazon.comは、そのライセンスキーを販売するだけで、ゲーム自体はダウンロードできないし、その方法も案内してくれない。
サポートがない分、値段が安いのだから個人的には大歓迎だが。

英語のゲームなので、ウズ丸もそれなりに勉強できるだろう。
パソコン慣れしていない人が、どんな感じで情報収集するのか興味があったので、手助けせずに様子を観察させてもらった。
ウズ丸は普通の人に比べると情報収集は得意だと思うが、英語にはかなり苦戦していた。

まずはSTeamという、ゲーム用のプラットフォームをインストールしなければならない。
まずは、Steamのサイトに飛ぶ。おそらく日本からのアクセスなので、自動的に日本語での案内が表示されるはずだ。
ここで、右上にあるとても小さな Boinc というアイコンをクリックする。
するとインストールのページに飛ぶので、 Boinc というアイコンをクリックすればいい。
保存してから実行してもいいし、そのまま開いても構わない。ウイルス対策ソフトはOFFにしておいた方がいいと思う。
すると、こんなウインドウが開いてインストールができる。

Boinc

Steamをインストールし終わると、ようやくNBA2K13をインストールすることができる。
ウズ丸が自力でここまでたどり着くのに1週間かかった。長かったな。もうすぐ冬休みが終わってしまう。
私も最初は勘違いしていたのだが、NBA2K13のサイトはまったく無関係である。
PC版のNBA2K13は、Steamのサイトから、スポーツカテゴリを選んでそこからインストールする仕組みになっている。
とても大きなファイルなのでインストールというか、ダウンロードには数時間かかる。
寝る前にセットするのがお約束だが、そうすると米国の日中になるので、日本の日中にダウンロードするのがいいと思う。

ダウンロード中の画面などもキャプチャしておいたばずだが、それを記事に入れるのは後日ということで。

ゲームはバスケ好きならかなり楽しめるのだが、キーボードで遊ぶのはちょっと…と思う人も多いだろう。
ゲームコントローラの設定については別記事で。

« 似てはいるが | トップページ | カラフルPC収集計画 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/48591166

この記事へのトラックバック一覧です: NBA2K13のインストール:

« 似てはいるが | トップページ | カラフルPC収集計画 »

最近のトラックバック