« 町に光が | トップページ | たき火 »

2012年11月23日 (金)

キウイ伐採

先日、キウイとクリを伐採した。キウイもクリも、私が子供の頃に植えたものだ。
クリの木は銀寄という品種で、直径30cmもある。伐採した木を玉切りしたら、軽トラ2杯分になった。太い木は冬になったらシイタケの菌を打ち込むつもりだ。
キウイはアボットという品種だ。直径15cmにもなっていたが、耕作放棄された畑は林のようになっていて、毎年、手が届かないような場所で実を着けていた。

玉切りした枝は、畑の片隅に積み上げてあるのだがそろそろジャマになってきた。細い枝だけでも焼却処分することにしよう。

Kiwicarry

これだけ太ければ、キノコの菌が打てそうだ。育つのかどうかは知らないが。

水のない水田で火を燃やしていたら、バターナッツカボチャを4個見つけた。
水田は8月末に稲刈りをして、その後は干上がって畑のようになっていた。畑から伸びたツルが、水田ですくすくと育ち、立派な実がなったというわけだ。
せっかくなのでお持ち帰り。

« 町に光が | トップページ | たき火 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

水田からカボチャ、棚からボタモチ状態でしたね。お味はいかがでしたか?

バターナッツカボチャは収穫してから一カ月ほどおいてから食べます。
この作業をキュアリングと呼ぶらしいのですが、キュアリングすることで、カボチャの身がほくほくしておいしくなります。
バターナッツカボチャは日持ちするので、大きな箱いっぱいため込んで、あります。これを春まで、のんびりと食べます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/47968188

この記事へのトラックバック一覧です: キウイ伐採:

« 町に光が | トップページ | たき火 »

最近のトラックバック