« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

台風17号

朝起きたら、ウズ丸が勉強をしていた。台風17号が来るのは間違いなさそうだ。
ネットで確認したところ、暴風域に入る確率は70%だとか。

台風に備えねば。
とはいうものの、今年はほとんどの鉢が台風に耐えられるようになっている。
5号鉢は5鉢一組で連結されているし、7号鉢以上は鉢同士が互いにくっついているから、倒れることはないだろう。
バスケットゴールを低くしたり、道具を片付けるくらいだ。植物はのっぽのマルメロを避難させたくらい。
国華園で買ったマルメロのかおりちゃんは、根が別売だったがよく育っている。接ぎ穂を採るため、切り戻しをしていないので、今では高さ2mを超えている。

夕方から台風17号の暴風域に入った。市内でも避難勧告が出た町があったが、我が家はまあ大丈夫。
家の周りの道は冠水して、水田との区別が付かないのだが。今年何度目? というくらいだから、すっかり慣れた。

外は暴風雨なので、子供たちと家の中でゲーム。DDRで400kcalほど消費した。

2012年9月29日 (土)

DDR

いつも通り、深夜にランニングを2/3km。
ランニングだけではなく、起きてから水田の草刈りをした。

今夜は雨でランニングは無理そうだ。その分の運動をしておかねば。
Wiiで子供たちと一緒に、DDRというゲームをプレイした。
正確には、DanceDanceRevolution MUSICFITというらしい。
このゲームはダンスのゲームで、消費カロリーも表示してくれる。1時間以上プレイして、250kcalほど消費。
ランニングよりずっと楽しい。ただし足がつりそうだ。

2012年9月28日 (金)

シソの実の佃煮

鉢植えのシソがよく育っている。夏の間は青ジソとして重宝していたが、もうその役目も終わりだ。
最後にもう一仕事してもらおう。シソの実で佃煮を作るのだ。
レシピの前に、まずは収穫から。
シソの花穂は根元から咲き始める。その花が先端に達したくらいが食べ頃。

Aojisoflower Aojisopot

花穂の先に花びらが残っているのがわかるだろうか。
蚊がいる畑で長居したくないので、花穂だけをハサミで収穫して家の中に持ち込んだ。

Shisonomibox

収穫した花穂は、2.0LのPETボトル×6本が入る箱に入れてある。
この花穂を一本ずつ、しごくようにしてシソの実だけを集める。花穂の根元から先端に向かってしごいた方がうまい佃煮ができる。

Shisonomibowl Shisonomifinger

さっきの1鉢で大体200gの実が採れた。指がアクで真っ黒になって落ちない。キッチンハイターを使うと簡単に落とせるらしいが、まあいいや。
この実を洗って、沸騰したお湯に投入する。1分ほどで鍋を火から下ろし、すぐに冷水にさらしてアクを抜く。

Shisonomiboil

冷えたら、軽く絞っていよいよ味付け。
シソの実200gに対して、醤油100cc、酒大さじ2杯、昆布2片、蜂蜜大さじ4杯、タカノツメ1本。煮詰めたら完成。
蜂蜜は砂糖でいいと思う。うちは自家製の蜂蜜がたくさんあるので使っただけ。

Shisonomitsukudani

小分けしたものを冷凍しておけば、いつまでも保存できる。
シソの風味がきつくても平気という人は、アク抜きもいらないと思う。シソ風味の昆布がうまいので、昆布が好きな人はたくさん入れるといい。

2012年9月27日 (木)

コンペの結果

深夜に2/3kmほどランニング。

先日のコンペの順位が出た。
金賞=名古屋、銀賞=名古屋×2、銅賞=名古屋×3、技術賞=名古屋×1という結果だった。
東京や大阪にも入賞者がいたのだが努力賞。

ようするに1位から7位まで独占である。

秋休みをもらった。ひゃっほう♪

2012年9月26日 (水)

デスクが宇宙

昨年からAndroidの仕事を打診されている。

「いや無理ですよ。俺、スマホも持ってないですから」

今日、出社したらデスクの上はこんなことになっていた。

Galaxy5

つまり、外掘から埋めようというのか。

そういえば、このSamsungのGALAXYは世界中でAppleに訴えられている。
たしか英国ではSamsung側の勝訴だった。その理由は、

GALAXYはiPadほどCoolではない。

というものだった。
「GALAXYには、Appleのデザインにある控えめな簡潔さがなく、Appleの端末ほど洗練されていない。製品全体の印象は異なる。」
なるほど(笑)。

2012年9月25日 (火)

選抜Coolidge

日本では何十年も前から、フェイジョアのCoolidgeが販売されていた。Coolidgeは自家受粉するから、土地が狭い日本向きだが、実は小さい。
しかし、米国の文献を見ると、Coolidgeは大果だと書いてあることがある。
日本のカキやミカンと同様、あちらではCoolidgeの枝変わりが選抜されていて、大果のCoolidgeとして出回っているようだ。
たとえばEdenvale Improved Coolidgeというのが有名だ。
次郎ガキだと前川早生次郎みたいなものか。
こういった選抜Coolidgeは、日本では流通していないように見えるが、じつはTraskもCoolidgeの枝変わり。
次郎ガキに例えると、愛秋豊みたいなものか。いや、さすがに愛秋豊はマイナーだったか。ミカンに例えた方がよかったかも。
そういえば今年、うちのTraskは自家受粉で実が着いていた。さすがは元Coolidgeだ。

Fjtrask1 Fjtrask2

そういえば、フェイジョアにはプリティグリーンという品種がある。
Pretty Greenで検索してもヒットしないし、日本限定の品種に見える。Pretty Greenを日本語にすると、かわいい緑(の実)ってことだな。
小さな実がなるだけなら元祖Coolidgeで間に合っているはず。
どうして品種名を付けて販売されているのかわからない。やはりこれは○○ではないのか。

ウズ丸をバスケの練習に連れて行ったついでに、私も反対側のコートでバスケの練習をした。
深夜のランニングをさぼったので、帰ってきてから2/3kmを走った。
仕事がある日はこれが限界。

2012年9月24日 (月)

マコモ収穫

昨日、ビオトープの草刈りをしたついでに、マコモをバケツに2杯ほど収穫した。
収穫したのは早生品種だが、これから半月後には中生品種が収穫期を迎える。
マコモは保存も利かないので、その間に一気に食べなければならない。食べ切れないので、明日、嫁が職場で配ってくることになった。
この日はスライスして炒めて食べた。

Makomoitame

あまり日持ちしないので、我が家ではとりあえず大量の炒め物を作って、食べ残したものを翌日に八宝菜にしている。
味はトウモロコシ風味のタケノコなんだけど。

ランニング三日目

今夜もやはり、00:00を過ぎてからランニング。
たった2/3kmだが、1周あたり1分24秒と、今秋のベストタイム。
仕事があるから、今日はこれで終わろう。夜食も食べずに済む。

今夜はランニングができないので、職場では17Fから23Fを階段で2往復した。ランニングの代わりになるだろう。
斜め後ろに座っている同僚はもっとすごい。
スポーツウエアで会社に来て、地上から23Fまで階段で上っていた。それから更衣室でスーツに着替えて仕事開始。すごい奴だな。

帰宅してから、ツノ姉がレジー、ツノ丸がコービーを連れ、近くの竹やぶに出かけた。サヤエンドウの支柱に使うため、笹を刈った。

帰宅したらちょうどウズ丸が帰ってきた。
いきなり1on1を挑んでも勝てそうにないので、まずツノ丸vsウズ丸で対戦させた。4QTを戦わせて、ウズ丸が弱ったところで私が相手だ。
私も足が弱っていて、いつものプレイができない。結果は引分けだった。

2012年9月23日 (日)

ランニング二日目

今日も、家の近くを2/3km走った。そして夜食を食べずに仕事をして、朝寝た。
さらに、昼に起きてビオトープの草刈りをした。ガソリンが1回、空になるまでだが、もちろん運動のつもりである。

私が草刈りをしていたら、地主さんが畑のカボチャを探しに来た。
台風の後も地主さんはせっせと収穫していたようで、カボチャはもう1個も残っていない。手ぶらで帰っていった。
大根のタネをまいてあったが、派手に足跡がついていた。
まあ、サルやイノシシよりずっとマシなんだけど。
過ごし易い日が続くためか、一日に何度も地主さんを見かける。

2012年9月22日 (土)

ランニング

今年は草バスケで使っていた体育館が耐震工事で休館になっている。
草バスケがないので、どうも体重が気になる。
地区運動会で恥をかくわけにはいかないから、もう少し体重を落とそう。
と、思ったのが夜中の3時。仕事を中断して、家の近くを4/3km走った。

夜食を食わないという手もあるのだが、それは難しい。今夜もがっつりと夜食を食べ、おまけに嫁のアイスクリームを一つ盗んで食った。

今年最後のブルーベリーを収穫した。

Bbmaru720g

いつもの房採り、ザル一杯で720gほどあった。
今年最後となる品種はMaru(RE)とWhitu(RE)とPowderblue(RE)だった。

2012年9月21日 (金)

台風の被害

仕事が忙しくて、台風の被害を確認していなかった。
調べて回ると、ゴーヤの実に傷が目立つこととか、畑のアフリカンマリーゴールドや夏野菜が倒れていたくらい。
地主さんは、台風後もバターナッツカボチャを持ち帰っていたようで、畑には実が残っていなかった。これは台風と関係ないか。
秋の台風後は、ミツバチの巣にオオスズメバチがやって来る。こちらも特に問題なし。

と思っていたら、マルメロSmyrnaの実が落果していた。すぐに気付けば追熟できたかもしれないが、気付いたのは今日。台風から一週間も経過している。もう腐ってるし…。

Quincesmyrna

写真は在りし日のマルメロ。今年は自家製のマルメロを食べるのは無理そうだ。これでジャムを作ろうと思っていたのだが。
来年もマルメロは市販のジャムでガマンしよう。とはいうものの、大量のブルーベリージャムはのせいで、マルメロジャムを食べる余裕がないのだが。

Quincejamsunfarm

この盛岡産のジャムは密封されているのになぜか変色している。おそるおそる味見をしたが、普通に食えた。

2012年9月20日 (木)

上位独占

東京と大阪と名古屋で合同コンペがあった。
各支社から作品を持ち寄るのだが、私が率いる名古屋勢は7点の作品を提出。東京と大阪から30点以上の出品があり、合計で40作品が集まった。
各支社で互いに評価をして、順位を付けて欲しいというので、東京と大阪の作品を見せてもらった。

…なにこれ?
ゴミクズのような作品だった。技術力がないのか、コンペの経験がないのか。私だったら1時間もかけずに作れそうな作品もあった。
そもそも名古屋で予選落ちした作品が、大阪や東京の1位より立派なのだ。
もしかして、オリンピックに出場できなかった中国の卓球選手ってこんな感じなのか。

誰がどう見ても、名古屋勢が1-7位を独占だったが、諸般の事情により1-3位だけを名古屋が独占する予定。
私の給料を上げてくれる予定はないらしい。

2012年9月19日 (水)

冷凍キュウリ

先日作った干しキュウリを冷凍保存してある。そろそろ味見をしてみよう。
取り出して、そのまま焼きビーフンに入れてみた。
なかなかいい味だ。マコモの味に似ていると思うのだが、それでは人に伝わらない。トウモロコシ風味の菜っぱだと言えばわかってもらえるだろうか。

干しキュウリは洗って、水をよく絞ると使いやすいが、洗うことで、甘味というかマコモというか、トウモロコシ風味が薄れてしまう。さっと水で洗って、水分を加えた感じで使うといいようだ。
味は合格点。気に入ったので、来年はたくさん冷凍しておこう。

2012年9月18日 (火)

防災メール

三重県では、災害情報を配信してくれる防災メールという仕組みがある。
私は、警報や注意報以外に、河川の水位なども配信するように設定しているのだが、仕事中に、自宅近くの川が避難判断水位に達したというメールが届いた。

>2012年09月18日 16時40分
>朝明川 小牧観測所で、避難判断水位に達しました。
>【観測水位】2.23m
>
>【基準水位】
>はん濫注意水位 1.50m
>避難判断水位 2.22m
>基準水位の説明は
>http://mobile.bosaimie.jp/mie/guide/suii.html

>その他防災情報は
>http://www.bosaimie.jp
>配信の変更・停止は
>http://mobile.bosaimie.jp/mie/mail/
>【連絡先】三重県防災対策総務課

隣町では避難勧告も出ているそうで、帰りの電車も大雨でダイヤが大きく乱れていた。
子供たちも鉄道が止まって帰宅できないというので、別の路線で違う駅に集合するように指示を出した。そこなら私が降りる駅からも近い。車に乗せて私と一緒に帰ってきた。
今日だけで防災メールが50通近く届き、河川の情報がよくわかった。

パソコンの電源が壊れそうだったので、新しいPC電源を注文してあった。
そのPC電源、KEIAN ATX電源 KT-450PS@2,018円が届いた。
そして今日、使っていたパソコンの電源が息絶えた。最期まで親孝行なパーツだったな。
さっそく新しい電源に交換したところ、パソコンは無事に復旧した。

2012年9月17日 (月)

台風接近

台風16号が接近しているため、朝から風が強く、畑仕事ができない。
ちょうどいいので、開発用のパソコンを新しくセットアップした。新しいパソコンは高速で仕事が捗る。

白菜の苗をそろそろ植えねばならないのだが延期することにした。

Hakusai2week

苗は風を避けて室内に入れた。エカキムシを殺すためにオルトランを少しまいた。

2012年9月16日 (日)

秋ソバ

ウズ丸は社会科の自由研究で、石臼を使って小麦粉を作ったのだが、小麦粉を作るのは大変だということがわかった。小麦はやめて、今度はソバ粉を作ることにした。
ウズ丸は秋ソバのタネをまいた。時期的には少し遅い。

Sobamaki

品種は信州大ソバ、大粒の4倍体品種だ。普通のソバとは交配しないので安心。
かつてはパテント品種だったが、2000年に期限が切れたので自由に栽培できるようになった。

台風が近付いているので、夕方、薄暗くなってからブルーベリーを収穫した。

Bbbowl720g

Baldwin(RE)、Tifblue(RE)、Whitu(RE)、Yadkin(RE)を720gほど。
Yadkinは今年初収穫だったが、皮がやや厚くて、とても風味が良い。
あと数鉢、Delite(RE)、Maru(RE)、Whitu(RE)などが残っているが、暗くて作業できなかった。

兄弟バスケ #2

ツノ丸は県大会予選三日目。
県大会への出場は決まっているが、県大会のトーナメント位置を決めるために順位戦を戦う。相手はYM高校。
1QT、ツノ丸はほとんど出番なし。最後の1分くらいをプレイして3Pを1本決めたものの、ツノ丸のミスで2点を失った。Y高校は10点以上のリードでいい感じ。
2QTも同じくらいの点差で終えて後半へ。
3QT、疲れの見えた主力を休ませる意味もあって、ツノ丸が自由に攻める時間をもらったが、思うように得点を伸ばせなかった。ツノ丸に集めたパスも3Pを1本だけ。スティールからのワンマン速攻もレイアップを外してしまった。
4QTは両チーム共にファウルトラブルでバタバタとしたゲームになった。一時は同点とされたが、数点差で逃げ切り、地区予選を5位で県大会へ進むことになった。

3P×2だと思っていたが、スコアシートを見ると1本は2Pだった。今日もノルマの5得点だけか。ぶれないね。もちろん悪い意味で。

ウズ丸も連日の練習試合だ。
今日はCB中とCZ中が相手だが、NA中は主力3人が塾などで欠席。ウズ丸とPF以外は、レイアップシュートすらできない素人ばかりである。
どの試合もウズ丸が自由に攻めることを許され、相手チームはウズ丸をどう止めるかみたいな試合になった。
4試合を戦って、試合は全敗だった。3点差という試合もあって、相手のチームも先が思いやられる。ウズ丸にはいい練習になった。

2012年9月15日 (土)

兄弟バスケ

ツノ丸は県大会予選の二日目。
相手は3年連続同じ相手となった。宿敵(?)のK高校だった。
試合は見ていないが10点以上の差で敗れたらしい。ツノ丸は10分もプレイしていないと思う。
試合に敗れたものの、まだ県大会の切符が残っている。
残った切符を賭けての3試合目だ。KN高校を相手に順位決定戦をした。
ここはツノ丸が長くプレイした。筋肉痛になるほどディフェンスを頑張り、10点差以上で勝った。
ツノ丸はこの試合で10得点だから、この日の2試合を平均すると、顧問ノルマの5得点となる。

ウズ丸たちNA中学は、新チームで初の練習試合だ。
SG中学やCB中学を相手に、1試合目は難なく勝った。だが、2巡目となる2試合目は、体力が持たず、いずれも敗れてしまった。
練習試合なので、ウズ丸はパス重視でプレイしていた。みんなもそれは心得ていて、ウズ丸から、トリッキーなパスが出てもきちんと処理してくれる。
NA中学は人材が揃っているが、練習嫌いが多い。この先強くなるかどうかが読めない。

2012年9月14日 (金)

美術展

ウズ丸が手がけた夏休みの宿題は、自由研究に続いて、ポスターも美術展に出品されたそうだ。
昨年も授業中に描いた絵が出品されたから、2年連続の美術展となった。
今年のポスターは型紙作戦だが、それなりに特訓の成果はあったようだ。型紙作戦は誰でもできるし、描くのも楽だからオススメ。

うちには鉢植えのカキがたくさんある。その中でもっとも早生品種の早秋が色付いてきたと思ったら、今日、二つが一緒に落果していた。
観賞用として気に入っていただけに残念。
早秋の他に、次郎、富裕、夕紅、太秋、平無核、蜂屋などを栽培している。

Goyabowl

ゴーヤが食べ切れない。このサイズだと、食べるのに二日かかるし。

2012年9月13日 (木)

大関の新品種

今後、大関ナーセリーが販売を予定しているブルーベリーは、Aurora(NH)、Draper(NH)、Farthing(SH)、Flicker(SH)、Huron(NH)、Kestrel(SH)、Liberty(NH)、Meadowlark(SH)、Primadonna(SH)、Scintilla(SH)、Snowchaser(SH)、SouthernSplender(SH)、SummerSunset(RE)、Suziblue(SH)、Sweetcrisp(SH)と、怒涛の15品種。
それからブラックベリーが、Natchez、Prime-Ark45の2品種。

私が今年輸入したブルーベリーとブラックベリーも、すべてが大関ナーセリーから購入できるようになる。
ブルーベリーのAurora(NH)、Draper(NH)、Liberty(NH)と、それからブラックベリーのNatchez。ブルーベリーに関しては予想していた通りだが、Natchezはちょっと意外だった。

2012年9月12日 (水)

IB化成vsUF有機

コメリで販売されているBB専用肥料は、ひじょうによく効くが、植木鉢で使うと、肥料焼けを起こしやすい。
たとえば75mmポットの挿し木苗に、BB専用肥料を数粒与えるだけで肥料焼けを起こす。鉢植えの木に使うはやめた。残った肥料は地植えのBBに与えている。

今はコメリの粒状肥料を使っている。商品名はハッピーハウス…。なんだかバカにされているような名前だ。
この肥料、世間ではIB化成という名で通っている。イソブチルアルデヒド縮合尿素(IBDU)だから、IB化成肥料。
IB化成肥料は肥効が長い。
水が多いとすぐ崩れてダメになるという人がいるが、肥料が崩れても、成分の(CH3)2CHCH(NHCONH2)2は、水に溶けた分だけが加水分解されて肥料となる。
だから崩れたからといって効き過ぎるということはないはず。

Ibkaseiusafun

UF有機というのは見ての通り、ミケ・ランジェロの…。
もうすぐ十五夜なんで、ネタに使ってみた。
我が家では主に、柑橘類の実生苗の肥料として使っている。粒状なので、とても使いやすい(笑)。

2012年9月11日 (火)

畑の使用料

ブルーベリー畑の草取りをしていたら、畑の地主さんがやってきた。
地主さんはかなりボケている。
隣接する野菜畑の様子を見にきたようだ。
野菜畑は見覚えがあるから自分の畑だと思っているが、ブルーベリー畑は、ボケた後に埋め立てたので他人の土地だと思っているようだ。

地主さんは、草取りをしている私に「きれいにしなさったな」と声をかけてきた。
しばらく会話をしていたのだが、畑のカボチャを見たら会話が途切れた。
地主さんは、私が三日後に収穫しようと思っていたバターナッツカボチャをせっせと収穫し始めた。そしてカボチャを三つ抱えて帰って行った。
バターナッツカボチャは50個くらい収穫できると思っていたが、毎日、こんな感じでカボチャがなくなってしまう。このペースだと20個収穫できるかどうか怪しいくらい。

Squashbutternuts Squashsize

カボチャの実はともかく、カボチャのツルを踏み荒らされるのが痛い。わさわさだったカボチャは、ここ半月で一気に弱ってきた。

先月まで、カボチャの手前にはスイカが植えてあって、スイカの網のおかげで、カボチャには近付けないようになっていた。
スイカを撤去したら、カボチャが丸見え。地主さんは、毎日せっせとカボチャを持ち帰るようになった。
来年はもうちょっと工夫しよう。

2012年9月10日 (月)

態度のでかいApollo

フェイジョアは酸性の土が好きだと思う。昨年、試しにブルーベリー畑にフェイジョアを植えてみた。
ブルーベリー畑は、酸性の黒ボク土に、さらに酸性のピートモスがすき込んである。
こんな強酸性の土でも、フェイジョアはすくすくと育っている。

Fjapollo

品種はApollo。あまりにも樹形がひどくて、全体を撮影することができなかった。高さは2mを超え、ケンカを売っているような樹形がApolloの特徴。
撮影後、支柱を立て、剪定をして樹形を整えたが、どうもいまいち。

剪定した枝は、挿し木をすることにした。9月の挿し木は成功するのだろうか。
フェイジョアの挿し木は、用土を酸性にするのがコツ。うちは川砂とピートモス。ようするにブルーベリーの挿し木と同じ用土に挿し木している。
11月くらいに弱酸性の鹿沼土で挿し木すると成功しやすい。

このApolloはたくさんの花が咲いたが、他の株と開花期がずれて受粉できなかった。
Traskは1本しかなかったが自家受粉したようで、ちゃんと実がなっている。
それにしても、TraskもTriumphもきれいな樹形だ。Apolloも見習ってほしい。

2012年9月 9日 (日)

地区予選

Y高校のバスケ部は、新人戦を前にして背番号を決め直した。
#4以外だったら何番でも構わないのだが、ツノ丸はSUNSのS.Nashの背番号にあやかって#13を選んだ。
だが、S.Nashは夏にLAKERSに移籍して、今シーズンの背番号は#10。

ツノ丸は先日、こんなコントをやらかしたが、もう背番号は変わらない。これからはコントのまま戦うことになる。

今日はウインターカップ地区予選の初日。Y高校は1回戦がなく、2回戦が初戦となった。
初戦の相手はKG高校。
この日のツノ丸はPGだった。安定していたといえば聞こえはいい。素晴らしいと思うようなパスもスティールもなく、そしてディフェンスもぬるくて、さほど攻撃的でもなかった。
そういう役割であることはわかるが、そんなことでいいのか。
顧問の先生には、5点くらいを期待されていたとのことだが、そこは3Pを2本決めて6得点。なんとかノルマは達成したらしい。終盤、メンバーを下げたが、それでも試合は20点差くらいで勝った。

こんなプレイがウズ丸の未来図だとすれば、ウズ丸の練習方法を変えなければならないと思う。

2012年9月 8日 (土)

浜岡原発

ツノ姉が浜岡原発の 見学に行ってきた。
帰ってきてからわかったことだが、誰でも参加できたらしい。私もそうだが、弟たち二人がうらやましそうにしていた。

Hamaokalong Hamaokaseigyo

左は原発、右は実物と同じ大きさに作られた原子炉の模型。

奥の手

夜はめっきりと涼しくなってきたが、日中は暑い。畑では連日、ナスやゴーヤの猛攻が続いている。
ナスはどこの家庭でも食べるから処分しやすいのだが、ゴーヤだとそうはいかない。
ゴーヤ好きな妹に大量に押し付けてきたが、まだまだ余っている。

Goya8

結局、嫁の実家に宅急便で送り付けることにした。ナスとゴーヤとオクラでみかん箱をいっぱいにして発送。あ、カボチャも一緒に入れるべきだった。

2012年9月 7日 (金)

自由研究の結果

夏休みの自由研究は、うちの子供たちの趣味というか義務。昨年まで11年連続で、市展に選出されている。
誰かの作品が落選しても、他の誰かが入賞して、なんとか記録をつないできた。
昨年から、子供たちは大学生と高校生、ウズ丸一人だけが中学生になった。夏休みの自由研究は中学生しかできないから、ウズ丸ががんばらないと記録が途切れてしまう。
だから今年は、生物部元部長(隊長)の姉や、3年連続県展の兄も手伝って研究をまとめていた。

今年は理科と社会科の自由研究の二つに取り組んだ。本命は理科だが、社会科はちょっと立派過ぎた。
そのため、社会科のために理科が落選することがないように、わざと「○からうどーん」みたいなふざけたタイトルを付けて提出した。あとは結果待ちだ。

そして今日、狙っていた市展への出品が決まった。もちろん理科。これで12年連続となった。
今年はウズ丸のクラスに学校代表が集中したようで、クラスで作品発表会をしたそうだ。

Sany0378 Segurobox

今年はアシナガバチをテーマにした。左は10年前、ツノ丸が飼っていたヤマトアシナガバチ。右は今年、ウズ丸が飼っていたセグロアシナガバチだ。懐かしいな。
兄弟で同じようなことをやっていたんだなあ…としみじみ。
来年の自由研究は、ブルーベリーとLEDとガを使う予定だ。これから予備実験をして、その結果次第で変更するつもり。

2012年9月 6日 (木)

野菜苗その後

今年は白菜が豊作らしい。全農は9月7日から20日まで、値崩れを起こしているキャベツと白菜の出荷を停止するそうだ。
我が家の白菜もすくすくと育っている。

Hakusai1week Kinusaya1week

左が白菜、右がいじけたサヤエンドウだ。
昨年は白菜の世話を母に任せてひどい目に遭った。今年は最初から最後まで私が管理するつもりだ。
白菜の品種はF1品種の富風。味はともかく、病気に強くて育て易い。
サヤエンドウは、極早生福姫三十日絹莢。今まけば、年内には収穫できるという品種だ。
ポットの土が白いのは農薬ではない。土に石灰を混ぜるのを忘れていたので、さっき慌ててまいたから。

2012年9月 5日 (水)

デコポポー

ポポーの実生苗が一斉に枯れてしまった。濃い肥料でもかけたような枯れ方だ。コービーがおしっこでもかけたのかな。
台木にしようと思っていたが、とても使えそうにない。

国華園のwebサイトに、ポポーの新品種が掲載されている。ワンセヴァンという名前から、USPP#14452のWansevwanだと思われる。
この品種はパテント品種だから、勝手に増殖販売はできないはずだが、国華園のサイトには、そのような記載はなく、違法に増殖されているように見える。
この品種はタキイが昨年、やはりパテントを隠して販売していたシェナンドー、つまりShenandoahと同じ品種である。

育成者が登録した品種名がWansevwanで、商標登録がShenandoahらしい。ちなみに育成者のwebサイトでは、後者の名前で販売されている。

柑橘の品種で不知火(しらぬい)というのがあるが、世間ではデコポンという名で流通している。それと似たようなものだろうか。

Pawpawpot8size

写真はうちのポポー棚。夏の日差しでちょっと葉焼けさせてしまったが、よく育っている。
USPPな品種名でいうと、Aidfievate/PP#14453、Levfiv/PP#15900、Wansevwan/PP#14452など。

2012年9月 4日 (火)

コガネBB再び

夏の間、私が仕事をしている机の横にはこんな光景が広がっていた。

Bbdeskside

手を伸ばせば、いつでもブルーベリーが食べられる。
このブルーベリーは10号鉢に植えてある。根元には草がびっしり生えていて、ふかふかのじゅうたんのようになっている。このじゅうたんの様子がおかしいことに気付いた。
じゅうたんがまるでヅラのようにはがれてしまったのだ。根がなくなっているようだ。そしていつもの白い悪魔とご対面…。

このブルーベリーはこれで撤収。コガネムシの幼虫を退治しなければならない。
木に残っていた実をすべて収穫した。収穫はいつもの房採り。810gの収穫があった。

Bbtifblue810gpick Bbtifblue810gselect

品種はTifblue(RE)だ。Tifblueは10号鉢一つで、毎年1kg以上が収穫できる優良品種。夏の間ずっと、つまみ食いしてきたのに、まだこんなに残っていたか。
この時期になると、どの実を食べても甘いのだが、その中でもさらに吟味したものを小鉢に取り分けて、それ以外は冷凍した。

本題に戻ろう。実を収穫し終わったら、根元にデュプレックス粉剤をふりかけておいた。
ブルーベリーもそろそろ終盤。残っているのは10kgくらいか。

2012年9月 3日 (月)

コガネBB収穫

Briteblue(RE)、Delite(RE)を収穫。8号鉢×2で720gほどだった。
Deliteは収量が少ない品種で、生食用と思っていたのだが、今年はなかなか甘くならない木がある。
葉の色も悪いので、もしやと思って木を揺らしてみたら、ぐらぐら…。
土を掘り返してみると、いつもの白い悪魔がころころと出てきた。
午後から仕事があるので植替えをしている時間はない。とりあえず木に残っていた実をすべて収穫し、根元に農薬をまいた。

いつもならオルトランを使うのだが、今回は試しにデュプレックスディプテレックス粉剤を使った。先日、シシトウにデュプレックスディプテレックス粉剤をふりかけておいたら、根元にコガネムシの幼虫が2匹も死んでいたのだ。
もしかしてこれ効くんじゃね? と思った次第。
週末に植替えをするから、その時に農薬の効果が確認できるはずだ。

写真は後日。

2012年9月 2日 (日)

PrintExpander

夏休みの宿題は、今日が最後の仕上げである。
別にさぼっていたわけではないが、今日まで観察を続けていたから、印刷は最終日というわけだ。
うちの地区には、夏休みの自由研究は、F8のスケッチブックで提出しなければならないというルールがある。パソコンを駆使した自由研究も、プリンタで印刷してからスケッチブックに張らねばならないのだ。
スケッチブックに張るのはA3用紙。自由研究のために、A3対応のレーザプリンタを買ってある。
ただしレーザプリンタはモノクロ。できればカラーで印刷したい。
そこで、A3をA4×2枚で出力するソフトを使うことにした。
プリンタドライバが勝手にやってくれればいいのに、そういう機能もないのでPrintExpander@1,901円というオンラインソフトを買った。
文書や写真を大きく印刷するためのソフトウエアだ。たとえばA4の用紙をつなぎ合わせて、大きなポスターを作ることができる。
さっそくカラー印刷…と思ったが、精度がイマイチ。文章のところで分割されると見辛くてしかたがない。
せっかく買ったが表紙1ページをカラー印刷しただけで、お蔵入りとなった。

2012年9月 1日 (土)

マリゴー

畑でアフリカンマリーゴールドが美しい花を咲かせている。
時々、風で折れた枝を切花にして、テーブルの上に飾っているのだが、たいてい根が生えてくる。
それを土に植えておくと簡単に根付いて苗ができる。
アフリカンマリーゴールドはネグサレセンチュウに効果があるから、畑の空いている場所に植えまくっている。
うまくいけば大根の肌が真っ白になるはずだが、ちょっと数が足りないか。

最近、畑のバターナッツカボチャの実が減っているような気がする。
と、思っていたら、畑の地主さんが勝手に持ち帰っていた。今日も両手にカボチャを持って歩いていた。
地主さんは痴呆なのでしかたがない。まあ、畑の賃料と考えれば格安だが。
写真は後日。

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

最近のトラックバック