« マコモ収穫 | トップページ | デスクが宇宙 »

2012年9月25日 (火)

選抜Coolidge

日本では何十年も前から、フェイジョアのCoolidgeが販売されていた。Coolidgeは自家受粉するから、土地が狭い日本向きだが、実は小さい。
しかし、米国の文献を見ると、Coolidgeは大果だと書いてあることがある。
日本のカキやミカンと同様、あちらではCoolidgeの枝変わりが選抜されていて、大果のCoolidgeとして出回っているようだ。
たとえばEdenvale Improved Coolidgeというのが有名だ。
次郎ガキだと前川早生次郎みたいなものか。
こういった選抜Coolidgeは、日本では流通していないように見えるが、じつはTraskもCoolidgeの枝変わり。
次郎ガキに例えると、愛秋豊みたいなものか。いや、さすがに愛秋豊はマイナーだったか。ミカンに例えた方がよかったかも。
そういえば今年、うちのTraskは自家受粉で実が着いていた。さすがは元Coolidgeだ。

Fjtrask1 Fjtrask2

そういえば、フェイジョアにはプリティグリーンという品種がある。
Pretty Greenで検索してもヒットしないし、日本限定の品種に見える。Pretty Greenを日本語にすると、かわいい緑(の実)ってことだな。
小さな実がなるだけなら元祖Coolidgeで間に合っているはず。
どうして品種名を付けて販売されているのかわからない。やはりこれは○○ではないのか。

ウズ丸をバスケの練習に連れて行ったついでに、私も反対側のコートでバスケの練習をした。
深夜のランニングをさぼったので、帰ってきてから2/3kmを走った。
仕事がある日はこれが限界。

« マコモ収穫 | トップページ | デスクが宇宙 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/47281449

この記事へのトラックバック一覧です: 選抜Coolidge:

« マコモ収穫 | トップページ | デスクが宇宙 »

最近のトラックバック