« 伏見甘長 | トップページ | さらに小麦粉 »

2012年8月17日 (金)

石臼で小麦粉

先日、大麦で麦茶を作ったが、なかなかおいしかった。
麦ご飯も一度炊いてみたいと思っているのだが、そういえばまだ小麦が残っていたな。
そんなわけで石臼で小麦を挽いてみることにした。

Usumill

石臼の穴は取っ手を挿し込む穴ではない。石臼の中に、穀物を落とすための穴である。石臼を回しながら、時々、穴の中に小麦の粒を落としてやるといい。

Usuinput Usuoutput

すると、臼の間から挽き割られた小麦の粒が出てきて下に落ちる。これを集めてフルイにかけ、小麦粉を分離する。

Bran Flour

左が小麦粉を削り取られたフスマ、右が言わずと知れた小麦粉である。
粗挽き粒はまずザルでふるい、落ちた粉を再度茶こしでふるうと作業が捗る。またフスマはもう一度、挽き直すことで、より多くの小麦粉を得ることができる。

とりあえずホットケーキでも作るか。玉子も蜂蜜も自家製だし。

※追記、育てていた小麦の品種は農林61号だから、小麦粉は中力粉らしい。よって、うどんを作ることになった。

« 伏見甘長 | トップページ | さらに小麦粉 »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/46718660

この記事へのトラックバック一覧です: 石臼で小麦粉:

« 伏見甘長 | トップページ | さらに小麦粉 »

最近のトラックバック