« 野口のタネ | トップページ | 小麦の脱穀 »

2012年7月17日 (火)

水はけ

地区では水田の境界部分は、北側の土地の持ち主が所有することになっている。
だが、北側の水田を埋め立てる場合、他人の水田のために畦を残して埋め立てる慣習になっている。
そんなわけで、町内の家のほとんどは、南側の塀の前に細長い土地を持っている。
我が家も例に漏れず、家の前には細長い土地が余っているのだが、家の前の地主が水田を埋め立てたため、この細長い土地は好きに利用できることになった。

家の南側なので、とても日当たりのいい場所だが、水の逃げ場がないため、雨が降ると水がたまる。
今年は夏野菜を植えてみたが、梅雨時は池になることが多くて成長がイマイチ。地植えと鉢植えのゴーヤを育てているが、その差は歴然としている。
写真は後日。

« 野口のタネ | トップページ | 小麦の脱穀 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/46426149

この記事へのトラックバック一覧です: 水はけ:

« 野口のタネ | トップページ | 小麦の脱穀 »

最近のトラックバック