« Natchezは元気 | トップページ | 台風に備えて »

2012年6月17日 (日)

キノコ観察会

ツノ姉とウズ丸を連れて、キノコ観察会に参加した。
天気予報では雨のはずだったが、なぜか晴天だった。子供たちは、やる気満々である。
キノコの発生は多くなかったが、観察会としてはまあまあの種類が採集できた。
食えるキノコは、アラゲキクラゲと、キクラゲくらいか。梅雨時なのでいくらでも生えている。ザルいっぱい採集したが、乾燥させるとたいした量にはならないはず。

Kikurage Aragekikurage

左がキクラゲ、右がアラゲキクラゲだ。栽培され、乾燥キクラゲとして、市販されているのは、実はアラゲキクラゲのことである。

ところで、子供たちの本命は、何年か前に発見した腐生ラン。いつ開花するのかさえわからず、いまだに品種を特定できない。
そろそろ開花すると予想しているのだが、今回も発見できなかった。
観察会の一行に、トウカイコモウセンゴケの自生地の案内をした。これについては後日。

久しぶりの観察会で、子供たちはまだ余力を残している。
キクラゲを家に置いて、そのままアブラゼミタケの観察に出かけた。
昨年は少なかったが、今年は大爆発で足の踏み場もない。
以前の発生パターンと同じだと仮定すると、来年も大発生。そして1-2年はお休みだと思う。
何年間も記録しているので、そろそろ何らかの周期性が見られるかもしれない。

子供たちのせいで、今日はネタが多すぎる。写真は後日。

« Natchezは元気 | トップページ | 台風に備えて »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/45720457

この記事へのトラックバック一覧です: キノコ観察会:

« Natchezは元気 | トップページ | 台風に備えて »

最近のトラックバック