« ゴーヤ用品 | トップページ | アブラカタブラ »

2012年6月10日 (日)

鹿カレー

ジビエとは、フランス料理における野生動物の肉ことである。
いや、ただ言ってみたかっただけだ。特に意味はない。

今日はココイチにカレーを食いに行った。目的は鹿カレー。正しくは鹿コロオチャメカレーというらしい。
センスのないネーミングである。店員さんも、その名前では言いたくないようで「鹿コロカレーがお一つ」と復唱していた。

Shikacurry

確かにコロッケの並べ方はお茶目だが、左上にあるのはなんと抹茶。
鹿肉コロッケが載ったカレーライスに、抹茶をかけて食べるらしい。カレーなのにコロッケを載せる意味がわからないし、その上に抹茶をふりかける意味もわからない。
三重県産のお茶をどうしても使いたかったのだろう。

私は鹿コロッケカレーよりも鹿カツカレー、できればビーフカレーではなく鹿肉カレーを食いたいのだ。
ちなみに滋賀県や長野県の一部のココイチでは鹿肉カレーが食えるらしい。
カレーハウスCoCo壱番屋で7月31日まで。

« ゴーヤ用品 | トップページ | アブラカタブラ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

鹿肉のかつといえば、ウイーンの名物料理、ウインナーシュニッツェルがありますね。
何度か食べましたが、美味しかったです。地元の欧州料理レストランなどではメニューにある場合があると思いますよ。他には鹿肉のブラウンソース煮もポピュラーですね。現地ではよく食べます。

鹿カツはおいしそうですね。
うちでも鹿肉はよく食べるのですが、味噌で煮る料理が多いです。
http://apis.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-8a37.html

以前にも何度か記事にしているのですが、見つけられません。
こんな古い記事にも登場しています。
http://www.inetmie.or.jp/~koh/offside/date9908.htm

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/45609829

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿カレー:

« ゴーヤ用品 | トップページ | アブラカタブラ »

最近のトラックバック