« やらない善よりやる偽善 | トップページ | 焼きタケノコ »

2012年5月 3日 (木)

漆器

ツノ丸が京大の見学会とやらに行ってきた。最初は集団行動だったが、農学部の先輩がいなかったので、午後からは自由行動にしたようだ。
ツノ丸は京都の一人旅も経験しているし、そういえばツノ丸が生まれた病院も京都だったな。
ツノ丸は勝手気ままに散策し、自分のお小遣いで、漆塗りのお椀と箸を買ってきた。
ツノ丸は夏休みの自由研究に、ウルシ科の植物から樹液を集めて、漆塗りをしたことがある。それからずっと漆塗りのお椀に憧れていたようだ。

食後に食器を水に漬けておくと、漆塗りのお椀は傷むかもしれない。だが水に漬けずに置いておくと、汚れが落ちなくなるし、ガサツな母が食器を傷めてしまうかもしれない。
そんなわけで、ツノ丸は自分でお椀と箸を洗うようになった。そんな立派なことをしてくれるなら、もっといいお椀を買ってやったのに。

Nurudeh04a Nurude204a

写真はツノ丸が漆掻きをしていた木の一つ。
チョークで通し番号が書いてある。この木はH04と204という番号が付いていた。

« やらない善よりやる偽善 | トップページ | 焼きタケノコ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/45148935

この記事へのトラックバック一覧です: 漆器:

« やらない善よりやる偽善 | トップページ | 焼きタケノコ »

最近のトラックバック