« 棚作り | トップページ | フキ採り »

2012年5月25日 (金)

小麦さんがピンチ

ビオトープで栽培している小麦にスズメとキジバトがやって来る。
少しくらいならいいやと思っていたが、ウズ丸の報告によると、被害が多い場所では、半分以上が食べられているとのこと。

Wheatdamage Wheatdamagezoom

それはさすがに困る。朝早くから網をかけた。まだ半分しか網をかけていないが、自由研究に使える分だけ収穫できればそれでいい。

隣で育てている大麦には、鳥の被害がまったく見られない。
小麦と違って実が殻から外れにくいし、芒(ノギ)も長いので、食べにくいのだろう。
大麦は収穫期が少し早い。そろそろ収穫しなければ。
芒というのは、実の先端に生えている長い毛のことだ。五円玉に描かれている稲穂を見てもらうと、粒の先に毛が生えているのがわかるだろう。
たとえば古代米では芒がとても長く、その色があざやかなため、鑑賞用としても栽培される。稲や麦は芒が短い方が扱いやすい。よって現在の小麦や稲の芒は、品種改良によって芒が短くなっている。
どうして大麦の芒だけが長いままなのだろう。

Barleyzoom

話は変わるが、MS-IME2002では、この「芒」という文字が手書き入力できない。この字を入力するため、わざわざ「ノギ」という言葉を検索して、コピペさせてもらった。

« 棚作り | トップページ | フキ採り »

自然」カテゴリの記事

コメント

写真が見られて嬉しいです。
小麦、この後どう処理されるのか興味深いです。
籾殻外しや精白、(小麦の場合は)製粉(?)などについても続報お待ちしています。

ただ今、石臼を鋭意製作中でして(汗)。
http://apis.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-5750.html
http://apis.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-d838.html
http://apis.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-8436.html

まだまだ時間があると思っていたら、もう収穫期ですね。
あせっております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/45441372

この記事へのトラックバック一覧です: 小麦さんがピンチ:

« 棚作り | トップページ | フキ採り »

最近のトラックバック