« 土地が1000円 | トップページ | 選抜大会2012・2日目 »

2012年4月20日 (金)

ゆめほっぺ

デパ地下でゆめほっぺを見つけたので買ってみた。山口県産のみかん、3個で500円だった。
ぷちぷちとした食感や香りはなかなかだが、タンゴールばかり食べている私には、普通のみかんと変わらない味。
まあ、こんな時期まで、みかんが食べられるというのは驚くべきことだけど。

最近のみかんは、女の子みたいな名前が多い。はやかにはるみにせとかにはるか、きよみになつみ。正確に名前を覚えるのはなかなか大変である。
はるみの「はる」に、せとかの「か」をくっつけたような名前のはるか。それから、せとかの「せと」に、はるみの「み」をくっつたような名前のせとみというのもある。
このせとみこそがゆめほっぺの正しい品種名だ。
山口県でのみ栽培が許可されている品種なので、県外の人は栽培できないことになっている。だが多胚性品種なので、タネをまけば苗を作れそうだ。
たくさん食べて、タネを探さないといけない。今日は3個食べたがタネは入っていなかった。

品種名に区切りを入れずに記事を書いてみたが、読めるだろうか。

写真は後日。

« 土地が1000円 | トップページ | 選抜大会2012・2日目 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

>品種名に区切りを入れずに記事を書いてみたが、読めるだろうか。

本当に色々増えましたね。大分でも直売所などに行くとかなり安いお値段で売られていますので、お買い得なんです。(笑)
ここ数日では、はっさくより大きいきよみが、どこのスーパーに行ってもごろごろありますし、はるかもいっぱい。
今年は、たくさんみかんを食べました。(^ ^)v

でも今年の一番のヒットは、大分の杵築で直売されていた名もない早生みかんでした。その次が自分で育てた麗紅。糖度が半端なかったです。

ほんの数年前までは、私はこちらでキャバクラシリーズと言う名目で色々な名前を書かれているのを拝見するまでは、はるみちゃんさえ知らなかったんですけど、こちらで名前を知ってからというもの、不思議と沢山の果実に出会う機会が増えました。(爆)

ところで、KOHさんが私のところの記事に落として下さった例のマイクロスコープのコメントですが、検索すると面白いものがいっぱいでした。
あの様な機器って、焦点の調整とか、ドライバー設定とか、使い勝手とかを考えたらKOHさんが購入する立場ならどんなところを選ぶポイントとして、どんな風に選定されるのですか?

ゆめほっぺなんて
静岡産の『べにほっぺ』をぱくったよなネーミングですね。笑

私はデコポンが甘くて好きです
(むきやすいし)

はい、しっかり読むことが出来ます。
我が家の夏みかんは今からが旬です^^
すっぱくてたまりません。
夏にはブルーベリージャムにレモン(ペクチン)の代わりに入れます。
安政柑は先週2個目を食べました。スッキリ甘く、美味しかったです。

>>Reveilleさん
売り場のミカンを注意して見ていると、意外にたくさんの品種が出回っているんですよ。
品種名をきちんと覚えないと、商標に翻弄されちゃいますけど。

USB顕微鏡の件ですが、私がUSB顕微鏡を買ったのは何年も前ですから、アドバイスはできません。
私だったら3,000円くらいの顕微鏡を買います。

>>れおんさん
ですよね~。私もそう思いました。
ちなみにデコポンは商標で、本当は不知火(しらぬい)という品種名です。

>>myさん
読めますか。うちにない品種も並べておけばよかったかな。
ブルーベリージャムはほぼ毎週作りますが、ペクチンは入れたことがありません。マルメロが収穫できるようになったら考えます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/44963487

この記事へのトラックバック一覧です: ゆめほっぺ:

« 土地が1000円 | トップページ | 選抜大会2012・2日目 »

最近のトラックバック