« 卒業式 | トップページ | usbio2.exe完成 »

2012年3月 1日 (木)

USB-IO2.0再び

USB-IO2.0を使った仕事では、使い慣れたC言語で開発できなかった。
USB-IOを使う仕事は終わったが、この手の仕事はとても多い。今後のことを考えるとそのままにはしておけない。
C言語からUSB-IO2.0を制御する方法を調べたところ、こんな情報を見付けた。
とても親切なサイトだが、boostを使っていたりして、残念ながら私には理解不能だった。

USB-IO2.0は、VisualBasicのサンプルが付属するので、VBで開発するのは簡単。
だったらVBでコマンドラインから使えるexeファイルを作っておくのはどうだろう。VC的に言うと、Win32コンソールアプリケーションね。

果たしてVisualBasicで作れるのだろうか。
ネットを見ると、返り値を返す方法など、否定的な意見が多いようだが、新しい情報とは言えないようだ。
もしかしたら最新のVisualBasic2010だったら可能かもしれない。
とりあえずコンソールアプリのサンプル「conApp.zip」を作ってみた。なんだ簡単にできるじゃないか。コマンドラインの引数も受け取れるし、値だって返せる。

こんなことをやっている間に、東京事変が解散していた。

« 卒業式 | トップページ | usbio2.exe完成 »

お仕事」カテゴリの記事

コメント

USB-IO2.0再び


USB-IO2.0ついて教えていただきたいです
連絡おねがいしますよ

初心者ですからよろしくおねがします

お断りします。
用があるならここで聞けばいいでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/44340386

この記事へのトラックバック一覧です: USB-IO2.0再び:

« 卒業式 | トップページ | usbio2.exe完成 »

最近のトラックバック