« SSD換装 | トップページ | 北部駅伝 »

2012年3月10日 (土)

サトウキビ

鶏小屋の前に生えていたサトウキビを刈り取った。
冬の間、根元にモミガラを積み上げてあったが、地上部はすっかり枯れている。
と、思っていたのだが、茎は生きているようだ。試しにかじってみたら、ちゃんと甘い。茎を切って皮を剥いてやったら、ウズ丸とその友達がおやつ代わりにかじっていた。
もちろんサトウキビの根株はそのまま。夏になれば今年も鶏小屋に日陰を作ってくれるだろう。

せっかく友達が来ているので、ウズ丸たちは、火をおこして焼き芋をすることした。
裏山から薪を集めてきて焼き芋を焼いた。
貯蔵してあったサツマイモはとても甘くなっている。驚くほど甘くなっていた。

« SSD換装 | トップページ | 北部駅伝 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

サトウキビは懐かしいですね。子どもの頃は近所でも栽培しており、かじった思い出があります。少しはなれた海岸部では昔から製糖がさかんで有名な産地です。
焼き芋、美味しそうですね、冬場にはうってつけですね。

KOHさんのところ、色んなものを栽培されていますが、サトウキビが今頃も食べられるのですか。驚きました(笑)
さつまいもは品種は何ですか?

>>myさん
サトウキビは子供の頃、農業試験場から、いくつかの品種を送ってもらい育てていました。
それが懐かしくて、10年前にまた植えたのですが、茎をかじるだけなら、タネをまいて育てるソルゴーの方が簡単ですね。

>>Reveilleさん
品種は鳴門金時です。うちは、早く食べるのはベニアズマ、貯蔵用はこの鳴門金時です。
そろそろ室内にサツマイモの苗床を作ろうと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/44446979

この記事へのトラックバック一覧です: サトウキビ:

« SSD換装 | トップページ | 北部駅伝 »

最近のトラックバック