« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月31日 (土)

品切れ

ブルーベリーの苗をアメリカから輸入するつもりだったが、私が注文した5品種の内、なんと4品種が品切れだったとの連絡があった。
発注したのは、Emerald(SH)、Jubilee(SH)、Liberty(NH)、Southmoon(SH)、Star(SH)だったが、Southmoon(SH)しか在庫がないという。
Southmoon(SH)なんて、大関ナーセリーでいつでも買える。注文はすべてキャンセルした。

だが、隔離栽培の圃場を確保した以上、何か輸入しないともったいない。
別のナーセリーに、Draper(NH)、PinkChampagne(RE)、PinkLemonade(RE)の注文を出してみた。在庫があるといいのだが。

ブルーベリーは、今月から検疫が厳しくなったため、諸費用だけで$456もかかるそうだ。
だから大関ナーセリーで買える品種は、そちらで買った方が絶対に安いし、苗も立派。そして何より早く届く。
ブルーベリーの輸入には、1年間の隔離栽培が必要になるため、届くのは1年後だ。たとえ今年、大関で品切れになっていたとしても、大関の方が早く届くだろう。
ただし、オーシャン貿易で品切れになっている品種だったら、多分、輸入した方が早い。私はVernon(RE)を輸入したいのだが。

2012年3月30日 (金)

趣味的な植替え

今日は暖かいので、ブルーベリーの植替えをした。
ブルーベリーの植替えには遅いという人もいるかもしれないが、実をならせない株や、鉢鉢増しなら大丈夫。
寒い時期に植替えをするのは辛い。
趣味のブルーベリー栽培だというのに、辛い作業に耐えるなんて本末転倒だ。だから植替えは暖かくなってからやればいいと思っている。

接ぎ木のChandler(NH)、Duke(NH)、Spartan(NH)が大きくなってきたので10号鉢に植替えた。元々10号鉢に植えてあったDixi(NH)と共に軒下に並べた。
昨年、モリニア病らしき実があったので、今年からハイブッシュは開花から収穫までの間、軒下で育てる予定だ。
軒下だと、カスミ網のようなネットを適当に垂らすだけで、鳥が寄ってこない。
ただ雨の日でも、軒下に置いた鉢には水やりが欠かせない。水切れには注意が必要だ。
ブルーベリーの鉢を動かしていたら、カナヘビを見かけた。暖かいからあちこちの鉢にいる。

ハイブッシュの代わりに、Homebell(RE)×3、Maru(RE)×1、Tifblue(RE)×4が、軒下から追された。

2012年3月29日 (木)

挿し床

ブルーベリー用の挿し床を作った。75mmポットで39個。これで挿し木置き場は満杯。
この挿し床、実はフェイジョアの挿し床としても使える。フェイジョアの方が、砂は粗く、ピートモスも控えめかな。
鹿沼土でもいいと思うのだが、いつも夏場に水切れさせてしまう。

2012年3月28日 (水)

芋煮

畑にネギとサトイモがたくさん残っている。ネギは花が咲いたら廃棄処分になる。
しかたがないので今夜は芋煮を作って食べることにした。東北では有名な料理らしい。

Imoni2012spring

そういえばゴボウを入れ忘れた。
明日はネギを大量に消費できるすき焼き、明後日はサトイモを消費するおでんでも作ってもらおう。

2012年3月26日 (月)

ウインターリーグC

ウインターリーグCは、2月に開催される予定だったが、会場校でインフルエンザが流行していたので延期されていた。
リーグAやBが終わって、ようやく開催となった。
この時期は顧問の先生も異動で忙しい時期だ。大会は1日だけ。
二つの会場に分かれての開催だが、それぞれの学校が互いに対戦することはないので、練習試合のような雰囲気だ。
顧問の先生は「主力は試合に出さない」と予告していたので、ウズ丸が試合に出ることはない。

さて会場はSG中学。試合後にラーメン屋のなみへいを目指した。
13:30くらいになみへいに着いたが、30分待ちだと言われた。これでは午後の試合が見れない。
別のラーメン屋で昼食を取った。
午後の試合も観戦したが、NA中学はベンチメンバーで戦って2/4位に終わった。

2012年3月25日 (日)

Latitude/D430のSSD化

先日のDELL Latitude/D420のSSD化はとても快適だった。
それに味をしめ、今度はHDDが壊れていないLatitude/D430もSSD化することにした。型版は微妙に違うが、ほぼ同じ機種と考えていい。
前回とまったく同じように問題なく成功。

元から入っていたHDDは故障していないので、フォーマットしてWindowsXPをインストールすることで個人データを消去した。
データを消去した1.8インチHDDは、Yahoo!オークションで売却予定だ。

2012年3月24日 (土)

パソコン解体

先日解体したパソコンをYahoo!オークションで販売した。
CPU、メインボード、ケース、電源、DVDドライブを処分することができた。
あとはメモリだが、壊れていない方のパソコンに載せる予定。
ケースを引き取ってくれる人がいたので助かった。

2012年3月23日 (金)

ガイガーカウンタ

放射線を測定する装置もずいぶん安くなった。
そんなわけで、エステーの エアカウンターS を買ってみた。
中身はこんな感じ。

Aircounterall Aircounters

わくわくしながら部屋の放射線量を測ってみた。すると0.06-0.09μSv。
外に出て、ピートモスを測ると0.12-0.19μSv。うちのは確かウクライナ産。チェルノブイリのちょっと向こうだから関係あるのかな。
続いて、庭の土や、雨樋の下などを計測したが、0.10μSv前後だった。家の中より若干高いという程度。

MT中学にバスケに出かけたので、体育館の端っこも測定してみた。
すると、0.21μSvと、今までの最高値を記録した。
だが布を間に挟むと、0.10μSv未満となった。どうやらバスケットボールのドリブルが、体育館の床の震動となって誤差になるようだ。

2012年3月22日 (木)

サドンオークデス病菌

今年は月に一度のペースで、個人輸入をしている。
2012年3月から、ブルーベリーの輸入に必要な証明書が1枚増えた。サドンオークデス病菌への感染がないという証明書だ。
年末になってドタバタしたくないので、試しに輸入しておくことにした。
こんな時期だと、隔離栽培の圃場の確保は難しいのだが、なんとか5株分だけは確保することができた。
とりあえず隔離対象植物輸入計画書を提出した。

とにかく時期が遅い。日本でさえ暖地のブルーベリーは開花しているのだ。
寒い地方、北米のナーセリーから苗を探すことになるから、REやSH系品種は少なくなる。
個人的に探しているIra(RE)やVernon(RE)、Jewel(SH)などは手に入らない。
ようやく探し当てたのは、Draper(NH)、Liberty(NH)、Star(SH)、PinkLemonade(RE)といった品種だけだった。この中から2品種を選択して輸入することになりそうだ。

ナーセリーのプライスリストを見ていると、ラズベリーの品種は豊富。ブラックベリーのArapahoや、Prime-Ark45などが並んでいる。
こんなことならラズベリーの輸入計画書を出しておけばよかった。

2012年3月21日 (水)

馬とロバ

この時期になると、毎朝、家の裏を馬が歩いていく。
青年団が神事で使うための馬を、馬主の家から馬場まで連れて行くのだ。パカパカという蹄(ひづめ)の音は春を告げる音になっている。

先日は馬に続いてロバがやって来た。
ロバといってもこれだけど。


動画と私は無関係。

地元でロバのパン屋を見るのは久しぶりだ。おじさんが体調を崩していたとか。
ロバのパンは1個170円。イモパン、チョコパン、レーズンを買った。

Robanopan3

調べたところ、発祥は京都、大阪から静岡あたりまで見られるらしい。
私が子供の頃は、カブトムシと物々交換してもらった記憶がある。

2012年3月20日 (火)

ウインターリーグB・2日目

NA中学は初日を全勝で終え首位に立った。だが二日目に対戦する4チームには2位と3位が含まれる。ここに敗れたら首位陥落だ。
まずは前回の失敗を繰り返さないよう、おいしいラーメン屋を探した。
どうやら博多ラーメンの「なみへい」がうまいらしい。予習はバッチリ。

5戦目の相手はOI中学。ミニバス経験者と長身の選手を擁するが、仮眠していたのでよく知らない。私が体育館に到着した時には勝った後だった。

今日は試合順の変更があったようで、NA中学の試合を見ることもなく昼休憩。ラーメン屋は無理そうだ。近所のコンビニで昼食を買った。

6戦目の相手はSG中学。
このチームはプレス気味にボールを狙うが、いつもファウルで自滅する。今日はハーフ(2QT)の試合なので、SG中学には有利だ。
序盤は苦戦したが、ウズ丸とマッチアップした#5は前半だけで3ファウル。ファウルを気にしてか、ディフェンスが甘い。
NA中学は前半を4点リードで折り返したが、ウズ丸と#4が互いに3ファウル。今日も#4が暴走気味で、顧問の先生が「これ以上ワンマンなら殺す(推測)」となだめていた。
後半、SG中学はPGのウズ丸にダブルチームをかけてくるが、結局、ファウルでしか止められない。#5は4ファウルでベンチに下がった。ウズ丸は3Pを2本を含む15得点でお祭り状態。
終盤になって、こちらの#4も4ファウルでベンチに下がるが、ウズ丸がゲームをスローダウンさせた。2分間のディレイドオフェンスを細かくコントロールして37-26で勝った。

7戦目の相手はN中学。ウズ丸は身長を無視して、相手のPGではなく#4とマッチアップ。
相手はボール運びに苦労していたが、それはウズ丸も同じ。ウズ丸もゾーンプレスの突破に苦労する。
ターンオーバーこそないが、前半終わって16-14の接戦。
後半はゾーンプレスを何とかしたい。ドリブルをつかずに、相手をおびき寄せてからパスを出すことにした。パスを狙われても、レシーバの身体能力でボールをキャッチするという作戦だ。
パスが通ると、相手がディフェンスに戻る前にゴール下を攻め、リードを広げた。
相手はゴール下のディフェンスを強化するが、今度はウズ丸が攻撃に参加するようになった。後半だけで3P/1本を含む7得点。43-25で勝利。

NA中学は全勝で、Bリーグを1/9位だった。2位はHZ中学、3位はN中となった。
二日間対戦した中で、ウズ丸はもっともチビのような気がする。

2012年3月19日 (月)

カリン発芽

マルメロの台木に使うため、先日、カリンのタネをまいた。ようやく子葉が出てきた。
発芽したタネをまいたので発芽率は100%だ。私はこの方法をよく使う。狭い庭ではおすすめしたい方法だ。

Karingermiin

半世紀も前の話だが、米国において、マルメロの品種改良が進んだ。品種改良を手がけたのは育種家の神様、ルーサー・バーバンクである。

だが現在の米国において、マルメロを加工して食べる文化は滅びようとしている。
その理由はわからないが、一つはマルメロが生で食べられないこと。もう一つは火傷病が蔓延したからではないかと思っている。

現在、日本では火傷病の侵入を防ぐため、マルメロの苗木を輸入することができない。
私がもっと早くこのことに気付いていたら、Pineappleや、VanDemanといったマルメロの苗を取り寄せたのに。
日本ではカリンとマルメロは混同されていることが多いが、米国も同様の状態である。あちらではボケまでもが、マルメロ(Quince)と呼ばれていることがある。
たとえばこの記事を読んでみるといい。コメントがなかなか楽しいぞ。

バーバンクの本を読むと、マルメロとカリンを交配するのがよさそうだ。F1はクズでもF2できっといい品種が得られるに違いない。
カリンとマルメロを交配するから、名前はカリメロか。どこかで聞いたことがあるな。

2012年3月18日 (日)

インターハイの彼女

夜から草バスケ。NA中学バスケ部(+OB)vs大人で試合。

1試合目は、NA中学が3QTまで10点以上のリード。
だが途中で先輩の息子がやって来た。かわいい彼女連れである。嫁と先輩の息子が選手交代すると、少し点差が詰まってきた。
終盤はシーソーゲームとなり、最後は大人チームが81-79で勝った。

で、彼女の話。
彼女はバッシュをはいていなかったので、ぺたぺたとペンギン歩きでコートに入ってきた。
ボールをもらってドリブルをついただけでわかった。初心者ではなさげ。
彼女はバッシュすらはいてないのに、3Pを4本連続で決めたところで、ペンギン歩きでコートの外へ出て行った。

次からはバッシュ持って来い。

2試合目は、大人チームは疲れてゾーンで守る。
NA中学(+OB)は3Pが打ち放題なのに、残念なことにフリーになったらすぐにシュートを打つ。リバウンドに入ってから打つとか、ひと工夫できないものか。
それに3Pの確率が1/3程度。点数は覚えていないが、大人チームの圧勝だった。

例の彼女、インターハイに出てたらしい。彼氏もインターハイには出たが、試合には出ていないはず。

2012年3月17日 (土)

ウインターリーグB・初日

ウズ丸はウインターリーグBに参加するため、OI中学まで遠征。
ウインターリーグBの参加チームは9チーム。リーグ戦を総当りで2日間かけて戦う。

初戦の相手はHZ中学だったが、仮眠していたので知らない。とりあえず勝ったようだ。
2戦目の相手YT中学。YAK時代のチームメイトがたくさんいるチームだ。
ウズ丸は2年生のPGとマッチアップしたが、相手にはほとんど仕事をさせなかった。
途中、あまりに点差が開いたので、レギュラーが全員ベンチに下がったが、さすがにその間はNA中学が一方的にやられる感じ。
10点ほど奪われてから、レギュラー陣がコートに戻ると再び安定した。30-20で勝利。

昼休憩が入ったので、昼食をとるためにR365沿いの中華料理屋に入った。
入って驚いたのは、写メを撮りたくなるほど汚い調理場だった。
定食を頼んだが、先に来た客の分を作るのが精一杯のようで、一向に作る気配がない。先の客の料理を出して、ようやく私の注文に取り掛かるものの、しばらくしてご飯が炊けていないと言い出した。店に入ってから20分は経過している。
ここで帰っても良かったが、あまりにドジなのでかわいそうになってきた。定食の代わりにラーメンを注文した。
私のラーメンがゆで上がる頃、前にいた客のお勘定。これが2件。ここでもミスをして、時間がかかる。こんなにどんくさくてよく店が営業できるものだ。
そして私のラーメンは思う存分伸びていた。
人生でもっともまずいラーメンを食べたが、いい経験ができた。

さて再び体育館に戻ろう。
ラーメンに時間がかかったので試合は2QTに入ったところだった。
3戦目の相手はM中学。よほど点差が開いたのだろう。ずっとベンチメンバーで戦っていた。44-14で勝利。

4戦目の相手はAH中学。1QTを終えて13-10。
ミニバスケ経験のある選手がいるので、キレイなバスケだと攻めにくい。シーソーゲームで苦戦している感じだ。
2QTからスピードを上げて攻めることにした。プレスをかけてセットプレイに持ち込ませない。
プレスでやられ続けているのに、AH中学は長身の選手がいつも通り前線に棒立ち。
連続で10点を失ったあたりでハーフに戻ってくるようになったが、既にガード陣は戦意喪失。41-16で勝った。
この日は4戦全勝。N中学やSG中学など、苦手なチームとの対戦を残している。そこを引き分ければ優勝できそうな気配だ。

NA中学は2年生がさらに上達していた。
ウズ丸はシュートフォームを変えたのか、シュートまでがとても速くなっている。だがシュートの精度がかなり落ちていて、むしろヘタになっている感じ。このシュートフォームに慣れるまではガマンだな。

ウインターリーグBの2日目は3月20日(火)に行なわれる。

2012年3月16日 (金)

3万円PC再び

朝イチの便で、3万円PCが届いた。先日と同じ組み合わせだ。
さっそく組み立ててWindows7をインストールした。

今まで使っていたPCは、Yahoo!オークションに出品するため分解した。
自作パソコンは、丸ごと出品すると売れ行きが悪い。だからCPUやM/B、メモリ、HDDなど、パーツ単位でバラして販売する。
そりゃそうだ。車をちょっとぶつけて凹んだからといって、新しい車を丸ごと買う人はいない。
パソコンだって同じ。修理して使う人たちは、特定のパーツだけが欲しいのだ。
パーツは安ければすぐに売れるが、PCケースは送料が高くなるので売れ残ることが多い。最初から売ることはあきらめ、パーツのおまけとして引き取ってくれる人を探す。
希望者がいなければ、分解して資源ゴミに出すことになる。

そういえば、Yahoo!オークションの評価が500になった。

Yahoo

取引き実績はその2倍以上。おかげで家がゴミ屋敷にならずに済んでいる。

2012年3月15日 (木)

SSD換装の手順

手元にDELL LatitudeD420とD430がある。
この2台のCPUは共にCore2Duo、メモリも1-2GB搭載しているが、内蔵HDDが1.8インチなので動作が遅い。そこで内蔵HDDをSSDに換装することにした。

Ssdlatituded420

まずAmazon.comで、SUPERTALENT FZM32GW18P@7,980円を買った。
ZIF接続の1.8インチSSDだ。容量32GBで8,000円は高く感じるが、今回のD420は、マイナーな1..8インチHDD内蔵なのでしかたがない。
届いたSSDはこんな感じ。

Ssdamazon Ssdzoom

さっそく取り付けよう。PCを裏返してバッテリを外せば、お目当ての内蔵HDDが見える。HDDは黒いゴムとフィルムで覆われている。

Ssdd420open Ssdhddzoom

ドライバーで、HDDの固定金具のネジを緩めて取り外す。
HDDはゴムでくっついた感じになっているが、少しだけ浮かせて裏返す。ゴムをめくって、コネクタ部分が見えるようにしよう。
フラットケーブルを固定しているツメがある。赤い矢印で示した部分だ。フラットケーブルと同じ幅があり、ぱっと見た感じだとツメには見えない。

Ssdhddrelease

この寝ているツメを立てるとフラットケーブルを抜くことができる。
HDDを取り外したら、フラットケーブルをSSDに取り付けよう。

Ssdlock

ツメが立っている状態(左)でフラットケーブルを挿し込み、ツメを寝かせて(右)固定する。
元のHDDは、ゴムを再利用する。ゴムの側面だけを残して切り取った。残ったゴムでSSDを囲うようにすると中で安定する。

Ssdcasecut

あとは固定金具を取り付ければできあがりだ。

作業は内蔵HDDを取り外して、SSDを取り付けるだけ。他に何の部品もいらないし、HDDと同じようにOSがインストールできる。
Windows7をインストールすれば、ドライバもすべて自動でインストールされるし、HDDと違ってインストールも高速だ。

2012年3月14日 (水)

川砂

もうすぐ田植えの準備が始まるので、そろそろ用水路に水が流れる。その前に川底の砂をもらっておこう。ツノ丸と二人で川砂を200Lほどもらってきた。

川砂が手に入ったので、コービーの運動場の土を入れ換えることにした。運動場の土を60Lほど除去して、代わりに細かい川砂を80Lほど敷いた。除去した土は麦畑にまいた。

さらにブルーベリーの挿し床も作ろう。
川砂をビートモスと混ぜて75mmポットに入れたものを60個ほど作った。

2012年3月13日 (火)

謝謝台灣

注文していたパソコンが届いた。1台29,800円のパソコンだ。
Windows7をインストールして、まずはBOINCに参戦(笑)。
Core/i5-2400だから性能は悪くない。高さは50cmもあって、フロントには青いLEDが光っている。

※あとから写真

パソコンのパーツには、台湾メーカー製のものが多い。私が買ったパソコンも、ケースやメインボードは台湾製。もっとも刻印は、MADE IN CHINA.なんだけど。
この小さな国は、東日本大震災の時に、200億円もの義援金を送ってくれたそうだ。

台湾では3.11から1週間、こんなCMが流される。

謝謝台灣。

2012年3月12日 (月)

チェーンソー修理

私が使っているエンジンチェーンソーは、RYOBI ES-335。
ポンプが経年劣化して燃料が漏れるようになっているが、先日の伐採では、ティシュで栓をして作業した。
この部品を自分で交換しようと、部品の型番を調べることにした。取扱説明書はすでにない。
今時、ネットにアップロードしておくのが普通だと思うんだが、RYOBIのサイトには登録されていなかった。
だが、ふと気付いたのがこれ

私が使っているチェーンソーは、ポンプが劣化して燃料が噴出す危険性があるため、リコールになっていた。
どうやらタダで修理してもらえるようだ。ラッキー。

2012年3月11日 (日)

北部駅伝

昨日電話があって、ツノ丸とウズ丸が地区の駅伝大会に出ることになった。ツノ丸には事前に打診があったが、ウズ丸は出場選手の骨折による代理出場だ。
ぶっつけ本番だし、普通は大人や高校生が走る区間だから勝ち目はないが、棄権するよりはマシか。兄弟そろってBチームなので気楽なものだ。
個人記録も出せなかったし、チームとしても結果はビリから数えた方が早いくらいだった。

ツノ姉は、生物部の顧問の先生が退職するので、送別会を開いていた。
部活は引退し、高校も先日卒業したのだが、暇なのでスタッフとしてずっと高校に通っていた。
ツノ姉は、保育園で先生と呼ばれていた。それが中学校では副顧問、そして高校では隊長と呼ばれているらしい。

2012年3月10日 (土)

サトウキビ

鶏小屋の前に生えていたサトウキビを刈り取った。
冬の間、根元にモミガラを積み上げてあったが、地上部はすっかり枯れている。
と、思っていたのだが、茎は生きているようだ。試しにかじってみたら、ちゃんと甘い。茎を切って皮を剥いてやったら、ウズ丸とその友達がおやつ代わりにかじっていた。
もちろんサトウキビの根株はそのまま。夏になれば今年も鶏小屋に日陰を作ってくれるだろう。

せっかく友達が来ているので、ウズ丸たちは、火をおこして焼き芋をすることした。
裏山から薪を集めてきて焼き芋を焼いた。
貯蔵してあったサツマイモはとても甘くなっている。驚くほど甘くなっていた。

2012年3月 9日 (金)

SSD換装

ツノ姉が地元の大学に合格した。大学ではきっとパソコンが必要になる。
一番安いネットブックを買うつもりだったが、HDDが壊れたノートPCを修理して使うことにした。機種はDELL LatitudeD420、CPUはCoreDuo U2500-1.2GHz、メモリは1.0GBである。

Ssdlatituded420

まずAmazon.comで、SUPERTALENT FZM32GW18P@7,980円を買った。
ZIF接続の1.8インチSSDだ。容量32GBで8,000円は高く感じるが、今回のD420は、マイナーな1..8インチHDD内蔵なのでしかたがない。
届いたSSDはこんな感じ。

Ssdamazon Ssdzoom

HDDを取り外して、SSDを取り付けるだけ。他に何の部品もいらないし、OSをインストールすれば使える。
ウズ丸がOSをインストールしたいというので、Windows7ProfessionalのDVDを渡してインストールさせた。ドライバもすべて自動でインストールされて難しい作業は一切不要。
ツノ丸が無線LANの設定を終えたら、それだけでインターネットに接続できた。
これは快適だ。1万円で買ったノートPCに、8,000円のSSDを追加しただけで、こんなに高速化するとは思わなかった。

SSDの詳しい換装手順をこちらにまとめておいた。

2012年3月 8日 (木)

春のパソコン選び

使っていたパソコンが壊れたので、今はクローンの予備機で作業している。早く新しいパソコンを手配しなくてはいけない。

せっかくなので、BOINCに向いたコスパの良いCPUを探そう。CPUはCore/i5あたりか。少しでも安くするためにOSなしで探したところ、パソコンショップSEVENで29,800円だった。
ただしOSなし、DVDなし、キーボードやマウスもなく、送料はなんと3,800円かかる。まあ、送料が高くても安いのは間違いない。ここで発注しよう。
これをほんの少しカスタマイズして、こんな感じ。

  • CASE:GIGABYTE GZ-X2/black
  • CPU:Inel Core i5-2400-3.30GHz/L3-6MB
  • M/B:GIGABYTE GA-H61M-USB3-B3
  • MEM:NB DDR3-1333 4GB
  • HDD:250GB SATA2 3Gbps
  • OPT:DVDスーパーマルチ 日立LG GH24NS70BL/black

これを1台組み立てて、問題がなかったら、安全のために予備機としてクローンを作る。
まったく同じ構成だが、予備機なのでDVDドライブやHDDはいらない。SSDを搭載して熱を抑える。
ピーシーセブンで検索すると、こんな紛らわしいサイトもあった。

主力のパソコンが壊れてからBOINCの順位は下がるばかりだ。
BOINCのWCG(World Community Grid)解析ランキングは現在、3,200/588,000位。
春の間に、なんとか3,000位くらいまでは順位を上げたいところ。

2012年3月 7日 (水)

キチガイ二人

私は今週いっぱい休みだが、今日から名古屋で展示があるというので陣中見舞いに出かけよう。
だがテレビを見ると事故でJR関西線が止まっているとのこと。
先方に遅れると連絡をして復旧を待った。

1時間ほど家でのんびりして、復旧したことを確認して家を出た。
電車が遅れているのは覚悟の上だったが、乗った電車が途中で何度も停まる。
途中の駅で「名古屋駅に入れないのでいつ復旧するかわからない」とのアナウンスがあった。
近鉄で代行輸送をするとのことだったが、ホームから行列ができていて改札が通れない。

まったく急いでいない私は気楽なものだ。列を離れて、様子を見るため前に回った。
すると、おばはんが改札で駅員に文句を言っていた。
最初は事情を説明しろというようなことを金切り声で叫んでいたのだが、そのうち駅員の態度に噛み付き、「それが謝っている態度ですか」などと叫び始めた。
ああ、こういうおばはんはどこにでもいるよ。一種のビョーキ。
そのうち、おばはんに、変なおっさんも加勢し、状況説明がない、謝り方が悪い、責任者を呼べと叫んでいる。
その二人が改札をふさいでいる。
本人たちはヒーロー気取りだが、お前らがいなきゃ、その場の全員が状況説明を受け、改札を通過できていたはずだ。
事故は駅員のせいでもないし、状況説明がヘタだからといって、キチガイ二人に責められなきゃいけない理由もなかろう。

面倒くさいので、私は代行輸送をあきらめ、別の改札から出て、タクシーで会場入りした。
展示会はうまくまとまっていた。新人にしてはプレゼンもいいし、メカも改良されていた。

電車の遅れは帰りにも残っていた。こんなことなら家で遊んでいればよかった。

2012年3月 6日 (火)

SSD的メモ

HDDが壊れたDELL LatitudeD420がある。
中古のD420くらいなら1万円で買い直すことができるのだが、1.8インチHDDは遅い。
これをSSDに換装すると驚くほど速いというので、私もやってみようと思っている。
こんなサイトこんなサイトを参考にしながら私もSSD換装に挑戦したいと思っている。

理想的には、USB経由で起動SSDが作れちゃうこんな製品もある。作業も簡単でオススメだが、残念なことに起動HDDが壊れているPCにはメリットなし。

2012年3月 5日 (月)

食卓剪定

今日は雨だと聞いていたので、一部の鉢は昨日から軒下に置いてある。
嫁が仕事に出かけている間は、食卓の上に堂々と植木鉢を置ける。
軒下から室内に植木鉢を運んび込んで、食卓の上でブルーベリーの剪定をするのだ。
盆栽のように、のんびりと切り落とす枝を決めればいいし、切り落とした枝は挿し木すればいい。
品種間違いを防ぐため、食卓の上には1品種しか置かない。それから挿し木と同時にラベルを挿すように心がけている。

Carolineblue(NH)、Dixi(NH)、Ono(RE)×4、Powderblue(RE)、Tifblue(RE)、Yadkin(RE)の剪定が終わった。パレット4枚、48ポットを挿し木した。

2012年3月 4日 (日)

ベルマーク

毎年、子供たちが通っていた小学校にベルマークを届けている。
近くのスーパーにベルマーク回収箱があるから、ベルマークだけならそこに入れればいい。
問題はEPSONとCanonのインクカートリッジ。空になったインクカートリッジは1個に付きベルマーク5点になるのだ。
職場や取引先でも、空インクを捨てずに残しておいてくれる。結局、ベルマークよりもたくさん集まる。
これは回収箱に入らないので直接、小学校に届けている。
今年は既に、PETボトルが入る箱に4箱分を届けた。

Inkcartridge

ツノ姉に数えてもらったところ、一つの箱に250個入ることがわかった。
5点×250個×4箱=5,000点だから、5,000円になる。年に2回以上届けるから、1万円以上を募金していることになる。

2012年3月 3日 (土)

ファイルの検索

VisualBasicでusbio2.exeを作ったものの、それがどこに作られるのか探すのに苦労した。
WndowsXPでファイルを検索したがずいぶん時間がかかる。
検索中のファイルを観察していると、zipファイルの中まで検索しているようだ。
そりゃ時間がかかって当然だわ。
関係のないファイルまで検索する必要はない。しかもzipファイルに入っている、あんなファイルやこんなファイルまで表示されるのは心臓に悪い。
zipファイルの中を検索しない方法はないか調べてみた。

[スタート]→[ファイル名を指定して実行]の後、
「regsvr32 /u %windir%\system32\zipfldr.dll」と入力して[OK]を押すだけ。

元に戻したいときは「regsvr32 %windir%\system32\zipfldr.dll」とすればいい。
ま、戻さないけど。

それから、偶然発見したのだが、検索中は検索窓の左下に犬が表示される。この犬も変更できるようだ。
検索中に[設定を変更する]をクリックして、[別のキャラクタを表示する]で変更できる。犬や猫、ExcelやWordでおなじみのイルカ、冴子先生などから選択できる。
あまり関係ないのだが、リアル冴子先生は知らないうちに引退していた。

休日のプログラミングはどれだけ脱線しようがまったく自由。ホントに何だってできるね。

2012年3月 2日 (金)

usbio2.exe完成

さて、昨日作ったコンソールアプリに、USB-IO2.0を制御するコードを追加していこう。
こんな仕様でどうだろう。

usbio2 <-switch[hex]>
switch
 -t : USB-IOが接続されているかを調査して値を返す。0=未接続,1=接続
 -p : USB-IOのPORTへの出力(hex=0x0000~0x0fff)
 -w : 指定された秒数だけ待つ

簡単なところで、時間待ちから取り掛かった。定番のやり方がありそうなものだが、VisiualBasicは初めてなので、よくわからない。
secLimit = hour*3600 + min*60 + sec + 待ち時間
として、本日の経過時間(秒)がsecLimitに達するまでループすることにした。
24:00をまたぐ時にバグるが、そんな時間に私の仕事はないので気にしない。

PORTへのデータ出力は、二つのPORTで分けようと思ったが、面倒だったので、p2=値の上位、p1=値の下位バイトとした。

USB-IOのP1の0-3PINにLEDを接続し、3秒間隔でLEDを順に点灯させるバッチファイルを記述するとこんな感じになる。
┌────────────
│@echo off
│usbio2 -t
│if errorlevel 1 goto ok
│:ng
│echo USB-IOを接続してから実行してね
│goto end

│:ok
│usbio2 -p0001
│usbio2 -t3
│usbio2 -p0002
│usbio2 -t3
│usbio2 -p0004
│usbio2 -t3
│usbio2 -p0008
│usbio2 -t3
│goto ok

│:end

いったんusbio2.exeを作ってしまえば、C言語からusbio2.exeを起動することでUSB-IOを制御できる。
USB-IO2.0に扇風機を接続すれば、パソコンから扇風機を回すことができる。電飾を点灯させることも、エアコンをONにするのも同じようにできる。

「usbio2.exe version 0.91」をダウンロード

入力はUSBゲームコントローラのスイッチ部分を引き出して作ればいいと思っているので、今のところ入力機能はない。
VisualBasicなんて使ったことがないし、USB-IO2.0を制御する部分はメーカーのソースをパクったのでソースなし。Releaseモードでコンパイルする方法もよくわからなかったし、もしかしたら実行にはランタイムが必要かもしれない。

2012年3月 1日 (木)

USB-IO2.0再び

USB-IO2.0を使った仕事では、使い慣れたC言語で開発できなかった。
USB-IOを使う仕事は終わったが、この手の仕事はとても多い。今後のことを考えるとそのままにはしておけない。
C言語からUSB-IO2.0を制御する方法を調べたところ、こんな情報を見付けた。
とても親切なサイトだが、boostを使っていたりして、残念ながら私には理解不能だった。

USB-IO2.0は、VisualBasicのサンプルが付属するので、VBで開発するのは簡単。
だったらVBでコマンドラインから使えるexeファイルを作っておくのはどうだろう。VC的に言うと、Win32コンソールアプリケーションね。

果たしてVisualBasicで作れるのだろうか。
ネットを見ると、返り値を返す方法など、否定的な意見が多いようだが、新しい情報とは言えないようだ。
もしかしたら最新のVisualBasic2010だったら可能かもしれない。
とりあえずコンソールアプリのサンプル「conApp.zip」を作ってみた。なんだ簡単にできるじゃないか。コマンドラインの引数も受け取れるし、値だって返せる。

こんなことをやっている間に、東京事変が解散していた。

卒業式

昼になって、ツノ丸が起きてきた。
今日は高校の卒業式だから、学校は休みだという。
なるほど。確かにツノ姉がいない。
ツノ姉は卒業式らしい。
春から地元の大学に通う予定。

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

最近のトラックバック