« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月29日 (水)

今年の予定

年明けから続いていた最後の仕事も無事に終わり、ようやく休暇をもらった。
毎年、この時期に挿し木や接ぎ木を一気に片付ける。昨年はブルーベリーの挿し木を数百本、接ぎ木も100本ほどやった。
今年はもっと違った技術を身に付けたい。
マツの挿し木とか、クリやモミジの接ぎ木、ランの無菌培養など、やりたいことはたくさんある。
台木や薬品、機材は既に用意してある。
昨年から始めるつもりだったが、震災の影響で延期していたのだ。

2012年2月28日 (火)

文旦

今年の「はるみ」は、ミカン箱いっぱいの収穫があったが、それも尽きた。ここしばらく「せとか」を食べているが、それも数日でなくなりそうだ。
それから伊予柑と不知火(デコポン)も何箱かある。これは母のお気に入りなので、我々の口には入らない。

そんなわけでモミガラの中で貯蔵していた文旦と甘夏を取り出してきた。
文旦はもう少し甘くなりそうだが、たった15個しかないので一週間もすればなくなるだろう。
甘夏はまだ少し酸味があるが、文旦がなくなる頃には食べ頃になっていると思う。こちらはミカン箱に四つもある。しばらくは持つと思う。
文旦はブログで紹介したことがないと思うので、写真を撮った。

Buntancompare

三つの内、右上に写っているのはお供え物に入っていた文旦だ。ワックスがかかっているので光沢がある。うちのは見栄えはイマイチだが味は互角。

2012年2月27日 (月)

カリンの種まき

冷蔵庫で発芽していたカリンのタネをまいた。
90mmのビニールポットに埋めたが、明日の気温は-4℃だとか。
外に置くと凍ってしまいそうなので、しばらくは玄関の中に入れておくことにした。

Symmilktea_2

 

写真はウズ丸の部屋にあるシンビジウム。品種はミルクティだ。まあ、確かにそんな色をしている。シンビジウムは20鉢ほど育てている。

2012年2月26日 (日)

離核のモモ

先日、モモの大久保を植えた。大久保という品種は、品質はイマイチだが、とても丈夫で花粉が多い。そして私にとって、もっとも重要なのは、この品種が離核だということ。
果肉とタネがすぐに離れる性質を持っているのだ。
樹勢が強くて見栄えの良い品種を作りたい。早生で離核だったら味はどうでもいい。

そんなわけで、我が家には日川白鳳のタネをまいて作った実生苗がある。日川白鳳の実生苗はきっと日川×大久保だ。だからうちの実生苗を大久保と交配すれば、aa×Aaで、1/2の確率で離核になると思っている。

離核といえば、ネクタリンや黄金桃が有名。だがネクタリンは樹勢が弱いし、黄金桃だと早生にはならない。

2012年2月25日 (土)

パソコン修理

この時期、確定申告に絡む仕事が多い。
今日は二つの仕事ほを回った。
1件目は、先週の続き。メールの設定を済ませた。
2件目は、確定申告のお手伝い。入力したデータは、フロッピーディスクにデータを保存しいるとのこと。
小学生のパソコン実習ですらUSBメモリだというのに、今時フロッピーディスクって…。
そんなわけで、USBメモリの使い方を説明し、確定申告のソフトウエアから、USBメモリにデータを保存するところまでを教えてみた。
いずれも作業料は2,100円。

2012年2月24日 (金)

植え付け

国華園で買った果樹苗を植木鉢に植えた。
ナイアガラ、かおり、大久保など。
国華園の苗は根が少ないので気を遣う。
大久保は398円だから根がなくても納得できるが、2,400円のかおりでさえ根が少ない。
素掘り苗の根を切り詰めて、モミガラを混ぜた赤土でポットに植えてあるが、根は握り拳くらいに切り詰められている。
よほど仕事を急いでいるのだろう。
まあ、落葉樹だから普通に活着するとは思うが、もう少し改善して欲しい。

2012年2月23日 (木)

はるみのタネ

店で購入した「はるみ」を食べていたら、1粒だけタネが入っていた。
たった1粒だが、せっかくなのでまいてみよう。

我が家にはこうやって苗が増えていく。
ポットで発芽した実生苗は、生長が早くてトゲが少ない品種だけを選抜する。耐寒性も必要だが、こちらは野ざらしで育てることで、自然淘汰されるはずだ。
接ぎ木もせず、ポットで大きく育てたら、空き家の垣根に植え足していく。

私が死ぬまでに実がなってくれればそれでいい。単胚性の「きよみ」が一番多くて100本以上、次に「せとか」が多くて20本ほど。「はるみ」は今回の1本だけ。

2012年2月22日 (水)

津之輝

通勤途中に果物専門店に寄った。
1粒1,050円もする白いイチゴ「初恋の香り」を買おうかどうしようか迷っていたら、店員に「津之輝(つのかがやき)」というミカンを勧められた。こちらは3個で1,050円。
イチゴに未練はあったが、デスクで恥ずかしい名前のイチゴを食うのも勇気がいる。あまり気乗りしなかったが、佐賀県産の「津之輝」を買った。

味はまあ普通のミカン。とてもうまいが、1個300円も払えば当たり前だ。
家ではこの時期、せとかやはるみが収穫できるし、品種名もなんだかかっこ悪い。我が家のキャバクラ畑に植えることはないと思う。

せとかの時みたいに、まさか既に植えてあるとかいうオチはないよな。

2012年2月21日 (火)

カリン発芽

マルメロの台木にするため、カリンのタネを集めて冷蔵庫で保存していた。
カリンの実からタネを取り出した時は発芽していなかったが、洗って冷蔵庫に入れたらすぐに発芽したようだ。
取り出したばかりタネは表面がぬるぬるしていたが、それを洗い落としたからかもしれない。きっとぬるぬるした物質の中に、発芽を抑制する物質が含まれていたのだろう。
ちょっと忙しいので、もうしばらく冷蔵庫で過ごしてもらおう。

2012年2月20日 (月)

薪割り

先日伐採したスギの木は、イスや踏み台、あるいは作業台として活躍している。
今まで使っていた古い切り株は用済みになったので、斧で割って燃やすことにした。
ウズ丸が薪割りをやってみたいというので、やり方を教えてやった。
ウズ丸は1時間もかかって切り株を四つほど割った。
でき上がった薪は見かけも悪いし、すぐに焼却するつもりだった。だがウズ丸は、この薪で飯ごうでご飯を炊いて食べるつもりらしい。春休みに友達と一緒にしたいから、それまで残しておくとのこと。
薪なんて何トンも常備してあるのだが、自分で割った薪は特別らしい。ウズ丸は薪を雨が当たらない軒下に積み上げて満足げだった。

2012年2月19日 (日)

仮植え

果樹の苗木は、まず鉢に植えることにしている。
小さな木を畑に植えると、父に伐られたり、刈られたり、踏まれたり、轢かれたり、焼かれたりするからだ。まずは植木鉢で大きくして、翌年、畑に定植するとやや安全。

今日は果樹の幼苗を、8号鉢に20鉢ほど仮植えした。
いつもは英語表記だが、イチジクの品種名はフランス語。よくわからないので今日はカタカナで。
ビオレソリエス、セントジーン、バナーネ、マル、オクラカニー、オノ、ラヒ、ウィトゥ、アレジェニー、NC-1、ポトマック、シェナンドー、サスケハナ、ワバシュ。
ポポーの新品種の中に、日本でもおなじみの品種が一つだけ混じっているが気にしない。
植木鉢が足りなくなったので、続きはまた今度。

2012年2月18日 (土)

パソコン納品

中古パソコンを欲しいという方がいたので納品に行って来た。
現地での作業は、パソコンの設置、プリンタの設定、インターネットの設定など。
CATV回線だったので、ケーブルモデムに接続するだけでインターネットには接続できた。だが契約時の資料を紛失していたため、メールの設定はできなかった。
プロバイダに電話して、再度、送ってもらうことになった。
Fujitsu FMV-C5200ESPRIMO、CPU=Celeron2.8GHz、MEM=768MB、OS=WIndowsXP、MicrosoftOfficeXP、17'LCDで25,200円なり。

2012年2月17日 (金)

思い出のブドウ

父は鉄道会社に勤めていた。その職場にはなぜかブドウの木が生えていて、毎年、何もしなくても実がなっていた。
不思議なことに、鳥や虫の害もなかったという。それはおそらく線路の脇に生えていたから、びゅんびゅん行き交う電車のおかげで生物を寄せ付けなかったのだろう。
長くて青い実だったというから、甲州三尺という品種だろう。わりと育てやすいブドウらしい。

それを見た父は、やたらとブドウを植えていた。
私は小学生の頃からデラウエアをジベ処理していたし、植原のカタログなんかも読んでいた。
私は当時、発表されたばかりの紅富士を植えていた。父は頼んでもいないのにブドウ棚を作ってくれた。しかしその棚は一日もたたずに落ちた。その下には私が買ったばかりの新車が…。
朝の出勤時に、愛車の上にブドウ棚が載っている青年の心境を想像して欲しい。

先日、マルメロのかおりちゃんを買ったが、そのついでにブドウのナイアガラ@398円を買ってみた。そろそろ植えねばならないが、せっかく植えるなら赤いブドウの方がいいかもしれない。もし買い直すならレッドナイアガラという品種だが…。

2012年2月16日 (木)

パソコンが壊れた

先日、電気工事があったのだが、その日に停電して、メインで使っていたパソコンが壊れてしまった。
パソコンはたくさんあるから、ほとんどの作業はできるのだが、メールだけはそのパソコンでしか受信することができない。
BIOS画面も表示されないので、メインボードがイカレた可能性が高い。
同型のパソコンがあるので、そちらにHDDだけを移せば起動できるのではないかと思っているが、それまでメールが読めないのは不便だ。

2012年2月15日 (水)

ハザマテキナミカン

仕事が遅い日は、デパ地下を通って、昼食に食べる果物を一つ買うのだが、ここしばらく風邪でテンションが低いので果物なし。
今日は風邪が治りつつあるのか、鼻が通ってモノの香りがわかる。そんなわけで久しぶりにデパ地下へ。

この時期はたいてい、せとかを食べるのだが、今日は3個入り1,050円のしかない。明日は休みだというのに3個もいらない。
せっかくなので甘平を買うことにした。こちらは1個850円。
甘平はまだマイナーだが、せとかのような薄い皮の中に、はるみのようなじょうのう(中身)が入っている。これがめちゃくちゃ甘い。なんと緑茶を飲みながらミカンを食べるハメに。

甘平は夏場に水やりしないと、秋に裂果する。愛媛の産地でも、甘平はハウス栽培が主流だというし、うちの畑ではうまく育てられないだろう。

2012年2月14日 (火)

バレンタインデー

バレンタインデーなので、米国に住むステキな方から、チョコレート色の花が咲くポポーの苗がたくさん届いた。

チョコには一つずつ名前が付いている。
All*gh*ny、KSU-Atw**d、P*t*mac、Sh*nand*ah、Susqueh*nn*、W*b*shとか。

ポポーの新品種ばかり6本。先に届いた品種と合わせるとこれで7品種になった。
これで甘い物には不自由しない。

Pawpawflower2 Plantquarantine

 

2012年2月13日 (月)

追跡中

Customs clearance processing complete
February 13, 2012, 6:27 pm
JAPAN
 ↑
Customs Clearance
February 13, 2012, 9:15 am
JAPAN
 ↑
Processed Through Sort Facility
February 12, 2012, 5:06 pm
JAPAN
 ↑
Processed Through Sort Facility
February 08, 2012, 9:51 pm
ISC SAN FRANCISCO (USPS)
 ↑
Arrived at Sort Facility
February 08, 2012, 9:48 pm
ISC SAN FRANCISCO (USPS)
 ↑
Electronic Shipping Info Received
February 06, 2012

2012年2月12日 (日)

ウインターリーグA・二日目

昨日の予選リーグは2勝3敗の4/6位で、残念ながら決勝トーナメントには進めなかった。
順位決定戦となる下位トーナメントは、シードになっていて1回戦がなかった。
2回戦の相手はAK中。2年前のYAKキャプテンが率いている。
ちなみにウズ丸は昨年のYAKキャプテンである。
そんな関係もあって、AK中の試合はいつも応援していたし、特徴も理解しているつもり。
全員がミニバス経験者だが、キレイなバスケしかできずガツガツしたバスケが苦手。それからPGの能力が突出しているため、他の選手がボールを運ばない。
ならばPGを徹底マークして、浮いたパスを全員が狙うことにしよう。それからウズ丸はセーフティに入って速攻を確実につぶすことにした。
これがうまくいって41-33で勝利。

3回戦の相手は、昨日も戦ったMT中との再戦だった。
楽に勝てると思っていたが、NA中の#4が前半から大暴走。どんなボールも追いかけてしまい、自分のマークマンを捨てる。
顧問の先生に何度も注意されていたが、素人か!! と思うほどの暴走っぷりだった。
#4がマークしていた敵#xxは、おそらくすべてのミドルシュートを決めて20得点。
本人が20点奪っても、マークしていた相手にも20点奪われたら意味がない。
試合は同点でOTとなったが、この時点でウズ丸と#4は4ファウル。OT残り2分というところで、ウズ丸は5ファウルで退場。試合は50-60で敗れた。
この結果、チームは下位トーナメントの2位となり、上位6チーム+2位=8位に終わった。
少しは勉強になったか。

2012年2月11日 (土)

ウインターリーグA・予選リーグ

NA中学のバスケ部は、ウインターリーグAに参加することになった。
リーグAはもっとも強いリーグで、参加中学は12校、本来、NA中学は参加資格があるのか微妙なところだが、腕試しにはちょうどいい。
今日の予選リーグの結果で、上位3チームが決勝トーナメントに進むことになっている。NA中が決勝トーナメントに進むのは難しいが不可能ではない。

予選リーグ1-2戦は優勝候補のKN中とTW中が相手で、おそらく勝ち目がない。ウズ丸はずっとベンチで出場機会なし。
私が体育館に到着したのは、3戦目が始まる直前だった。
3戦目の相手はMT中だった。ウズ丸がようやく試合に登場。
ウズ丸は相手チームの1年生#xxとマッチアップするつもりだったが、#4がつくというので譲った。
試合は32-19で勝利。
4戦目の相手は8P中。BTM大会、北勢大会で敗れている相手だ。
8P中はエースの能力が高い。NA中は#4がマッチアップしたがどうにも止められない。
止められないのはわかっているので、誰かがカバーに行く。だが高さがあるので、上に飛んでしまえばフリーの選手に簡単にパスが出る。これを何とかしないといけない。
カバーはフェイクで、チェックバックするか、最初から一人を捨てて、ダブルチームにしておいた方が効果的かもしれない。25-33で敗れて3敗目を喫した。
5戦目はOI中を10-24で下して、この日は2勝3敗だった。

2012年2月10日 (金)

マルメロ弾丸トラベラー

今日は展示会の陣中見舞いを予定していたが、私は風邪でダウン。
風邪でイカレた頭で、いろいろと考えた。

昔、アメリカではマルメロのジャムはとてもメジャーなものだった。だがアメリカ全土に火傷病が広がり、全米のマルメロ園は壊滅的な被害を受けた。そんなわけでマルメロは、すっかりマイナーな果物になってしまったのだ。

現在、世界中で火傷病が発生していない国は、日本とオーストラリアだけ。なるほど、だったら余計に栽培する価値が上がるというものだ。

マルメロを栽培するついでに、マルメロの品種改良をするのも楽しそうだ。
現在、日本で出回っているすべての品種が、在来種とSmyrna由来の遺伝子を持っている。こんな品種だけで交配を続けていても限界がある。
異品種、できればPineappleやVanDemanなどの遺伝子を手に入れなければならない。
日本ではマルメロの苗木が輸入禁止になっているが、タネだけなら輸入できる。タネから育てた苗は、親品種にはならないのだが、交配用の親木としては十分だ。

さてマルメロのタネを手に入れるにはどうすればいいだろう。
まず秋になったらアメリカに旅行する。
スーパーでマルメロの実を買い込んで、ホテルの部屋で実を割る。マルメロは果実さえも輸入禁止なのだ。
それからタネだけを取り出して、手荷物としてタネを持ち帰るという計画だ。

それまでにマルメロの実を見て、外見で品種がわかるようにしてく必要がある。
実生苗は高接ぎによって生長を早めて特性を判定する。台木もたくさん育てておく必要がある。

そういえば、うちの畑はすべて高速道路の下になるんだっけ。
植える場所はどうしたものか。

マルメロのジャムは、ジャムにうるさい家族にもなかなか好評だった。

2012年2月 9日 (木)

名古屋組

先週、東京遠征が終わったチームは、今日から地元名古屋でのイベントが待っている。
出品物がでかいため、東京には参加せず、名古屋だけに参加する名古屋組も作業に加わった。
今夜は夜遅くまで会場の準備をして、明日からの展示に備える。
東京でのイベントは忙しくて宿泊場所も確保できなかった。ほとんどの人は風呂にも入れない強行軍だった。
これが地元のイベントだと、家に帰ることができるので楽だと言っていた。
なかなかタフになったね。

2012年2月 8日 (水)

個人輸入その後

苗木がようやく出荷されたらしい。

Processed Through Sort Facility
February 08, 2012, 9:51 pm
ISC SAN FRANCISCO (USPS)

Arrived at Sort Facility
February 08, 2012, 9:48 pm
ISC SAN FRANCISCO (USPS)

Electronic Shipping Info Received
February 06, 2012

2012年2月 7日 (火)

ケラアンブルー

以前にも書いたが、うちのブルーベリー畑には、Tifblue(RE)とNobilis(RE)とPowderblue(RE)が順番に植えてある。イニシャルがTNP(低燃費)になっている。
これをAKBやSKEにしたくでもダメだ。
なぜなら、ブルーベリーには、Kで始まる品種がほとんどないからだ。

そんな中、ひっそりと新しい品種が登録されていた。
名前はケラアンブルー=Keraanblue(NH)という。2010年7月21日に登録された北海道向きの品種らしい。詳しい資料はこちらをどうぞ。
文字ヲタクであればなんとしても手に入れておきたい品種だ。

ブルーベリーの品種名で、単語を作るためには、全アルファベットを制覇しておきたい。そのためには、Ira(RE)、Utsugiao(NH)、Vernon(RE)、Yadkin(RE)といった品種は、他に代用できる品種が少ないため貴重である。品種の良し悪しに関わらず育てねばならない(笑)。
またQ、X、Zで始まる品種名はおそらく存在しない。今後、国産品種が増えることがあれば、Q、X、Zで始まる品種名を付けて欲しいところだ。
ちなみにブラックベリーには、Zorroという品種がある。

ところで、私はあえてKeraanblueと書いたのだが、資料ではKeraan blueとなっている。
どうして品種名なのに、Keraanとblueの間に空白を入れたのだろう。できれば修正して欲しい。
Florida roseとか、Pink lemonadeだったら元となる単語があるからわかるが、SharpblueとかBluegemのように、blueという単語くらいで空白を入れるのは、どうもしっくりこない。

2012年2月 6日 (月)

落果

ここのところの寒さで、文旦のメイポメロが落果した。
父は摘果もしないし、根元にワラ敷くこともしない。こんな手入れでは落果しても当然。
落果した実はもったいないから拾い集めてきたそうだが、敷きワラを厚くするなんてことはできないらしい。
次の寒波で木が枯れると予想。
あ、うちのキャバ嬢たちには、きちんとワラが敷いてある。

甘夏をすべて収穫した。これから一ヵ月、箱の中で甘くなるのを待つ。

2012年2月 5日 (日)

土の配達

先日、飲み仲間のお宅に石臼をもらい行った。
そのお宅では奥さんが20鉢ほどのブルーベリーを栽培しているが、ほとんどの鉢が根詰まりしているようだった。
そんなわけで、今日はお礼にブルーベリー用の土を持って行った。黒ボク土にピートモスを混ぜ、マグアンプを少しだけ混ぜた土を、軽トラに半分ほど置いてきた。
モミガラを混ぜるともっといいのだが、手持ちがなかったので、先方で混ぜてもらうことにした。田んぼに山ほど積んであったので、モミガラに不自由はしないだろう。

試しに1鉢だけ現地で植え替えと剪定をした。
今まで暖かくなってから植替えをしていたそうだ。作業は楽かもしれないが、まだ木が休眠しているうちに植え替えた方がいい。
それに今までは鹿沼土主体の土で植えていたようだ。
品種は、Blueshower(RE)、Brightwell(RE)、Chandler(NH)、Duke(NH)、Homebel(RE)、Misty(SH)、Sharpblue(SH)、Sunshineblue(SH)、Tifblue(RE)などがあった。

Usuget

もらった石臼はこんな状態。
穴は穀物を落とし入れるためのもので、取っ手は左上の欠けたように見える部分に箍(たが)で固定する。これがこの地方の石臼らしい。

2012年2月 4日 (土)

1年生大会

ウズ丸たちは、バスケの1年生大会があった。
NA中は1回戦がなく、2回戦からの試合となった。相手はMD中だった。

1QTは先生から「とにかくドライブをしろ」という指示が出た。ウズ丸は好きなようにプレイして10得点以上を記録した。
2QTは、ゴール下から攻めろとの指示だったので、ゴール下の選手を使った攻撃に切り替えた。このQTは0得点だったが、40点ほどのリードを奪い、後半はベンチに下がった。
後半はベンチメンバーで戦ったが圧勝。

続いて3回戦。相手は先日、県大会で優勝したS中。ここに勝てば表彰台も狙える。
だがツノ姉やツノ丸の時代から、サッカーも柔道もバスケも一度も勝ったことがない。
1QTは6-9と負けていたが、相手のC(センターを)3ファウルに追い込んだ。
2QTは相手Cが4ファウルとなり、ベンチに下がった。この間にリードを奪ったものの、ウズ丸も痛恨の3ファウル。
後半、ウズ丸はファウルを避けるため、ボール運びを#5に譲ったがこれが失敗。
まったくボールを運ぶことができず、試合は逆転された。3QTを終わって8点差。
ウズ丸がPGに戻るが、もう遅い。試合慣れしていないチームの弱さが出て敗れた。予想外の敗戦でがっかりだ。
練習が足りない。ただそれだけだな。

2012年2月 3日 (金)

かおりちゃん

昨日、国華園からマルメロの苗が届いていたらしい。こんなに早く届くとは思わなかった。
取り寄せたのは「かおり」という品種だ。キャバクラ畑に植えるにはぴったりの名前だ。

マルメロは自家受粉できないから、いつか受粉樹を用意しなくてはならない。
日本で出回っている品種だと、Smyrnaが有名だが、ひじょうに古い品種であまり植える気がおきない。
小町園では、Minowaという品種を販売しているが、どうも10本単位でしか販売してくれないようだ。
一人で10本買って、誰かに9本売りさばく手もあるのだが。

ところで、かおりちゃんはツンデレなのか、枝が伸びると外側に反ってしまう。
マルメロにはこのような性質を持つ品種が多い。花はきれいだが枝ぶりが悪いので庭木には向かないと思う。
Minowaはとても素直な枝を伸ばすそうだが、だからといって10本はいらないよなあ…。

Bbpotsnow

 

写真は我が家の庭。果樹の苗木が雪に埋もれてしまった。昨日は名古屋がひどかったが、今日は四日市の方が雪が多いかも。

2012年2月 2日 (木)

足止め

朝、家の周りには少しだけ雪が積もった。まあ、たいした量ではない。
今夜、東京組がこちらを発つことになっている。私はその手伝いをするため、電車で名古屋を目指した。
名古屋に近づくにつれてどんどん雪が深くなる。電車なので関係ないと思っていたが、永和という駅の直前で電車が停止した。
雪のため、機器がうまく動かないそうだ。その場で40分ほど停車。
まあ私にはどうしようもない。電車の中で気持ちよく仮眠。かわいそうなのは駅のホームで待つ人たちだ。電車は40分間も停車した。
私は大遅刻だったが、なんとか会社に到着。
これは翌日の写真。

Ownerfarmsnow

私のチームは、一週間前にシステムを完成させ、ブースに展示するパネルや、リーフレットも印刷を終えている。
今日は万が一の予備日だったが、残った時間を使って、少しでもシステムを改良しよう。
展示の前日に大きな修正はできない。小さな修正を繰り返して、少しばかり操作性を上げてみた。
あとは東京遠征組のバスが、無事に走れることを祈るばかりだ。

…バスが出るまで暇なので、ブログを更新した次第。

2012年2月 1日 (水)

マルメロの台木

マルメロを植えることが決まった。となると、やはり交配をやってみたい。
日本には、マルメロの有名な品種がなく、海外から苗木の輸入も禁止となっている。
だったらせめてタネだけでも輸入して、その実生苗から優れた品種を選抜するのがよさそうだ。
タネをまいて、実がなるまでには何年もの歳月がかかる。成木に接木をして、結実までの期間を短縮しなければならない。
そのためには台木が必要になる。とりあえずカリンのタネをまいて台木を作ることにした。
カリンが実るのは秋だが、公園のカリンの木の根元には、朽ちた実がたくさん落ちている。黒く朽ちた実を砕いたところ、タネが詰まっていた。

ところで、今日の花ひろばは、鉢花すべて50%OFFだったらしい。残念ながら私は仕事だったので、指をくわえているしかなかったが…。

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

最近のトラックバック