« リセット | トップページ | 春高バレー »

2012年1月 7日 (土)

北勢大会

中学、高校それぞれでバスケの大会が始まった。
ツノ丸たちはシードを持っているのか、1回戦はなく、今日はただの練習日だった。
明日の2回戦が初戦となる。

ウズ丸たちはクジ運で1回戦がなく、今日の2回戦が初戦となる。
よりによって2回戦の相手は、先日の大会で敗れたSG中。
前回は6分×2QTのハーフゲームだったが、今日は8分×4QTの公式戦。勝てると思う。

1QT、ウズ丸には、相手#14がフェイスガードで付いた。ウズ丸は相手の#5に付いた。両チーム共、相手のPGを封じ込める作戦のようだ。
こちらの#4にもフェイスガードが付いた。荒っぽいディフェンスに手を焼いて、1QTで8点を追う展開になった。
2QTもやはりSG中のペース。27-32と、5点差をつけられて前半を折り返した。
だが相手は大量のファウルを犯している。狙うならここだ。

3QT、ウズ丸は相手チームのファウル数を確認してコートに入った。
ドリブルを削らせて、相手のファウルを誘う。シュートもわざわざレイアップに持ち込む。
まず最初に、相手#7がルーズボールを追って交錯し、5ファウルで退場した。
このあたりになると、相手チームはほとんどの選手が3-4ファウル。ファウルを恐れるから、ディフェンスも緩くなる。
これを狙って全員がドライブで得点を稼ぐ。これで逆転に成功し、3QT終わって得点は51-43。
4QT、ウズ丸が速攻のスピードを意図的に緩めてレイアップ。チビのシュートはついブロックをしたくなるようで、後ろからきた相手#7がウズ丸と接触。そのまま退場。
すぐに相手#8も退場。残っている大物は#4ただ一人になった。
相手#4はまだ3ファウルだ。ドライブしたウズ丸を後ろから追ってきた#4に対して、ステップバックしてシュート。これを叩いてしまい4ファウル。あと一つだ。
最後はわざわざ#4の前にドライブし、ギャロップで#4の横に飛んだ。すぐにシュートを打とうとしたが、相手はファウルをしないよう万歳したままだ。だが着地直後のシュートはフェイク。相手#4が手を伸ばしたところで、もう一度シュートを打って接触。笛が鳴って、とうとう相手#4が退場した。
主力4人をファウルアウトさせたところで、ウズ丸はベンチに下がった。
試合は76-55で勝利。

« リセット | トップページ | 春高バレー »

バスケ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/43662260

この記事へのトラックバック一覧です: 北勢大会:

« リセット | トップページ | 春高バレー »

最近のトラックバック