« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月31日 (火)

バッグカルチャーシステム

我が家は、ブルーベリーに不自由することはないのだが、夏になると毎年、ブルーベリー園に出かけている。
今年はバッグカルチャーシステムを採用しているBB園に行ってみたいと思っている。
近くにないか探したところ、宮ベリーと、くらちゃん農園の二つが見付かった。
そういえば、夏休みの自由研究として、1株だけ水栽培するというのはどうだろう。うちはネタに困っていないからやらないけど。

2012年1月30日 (月)

星の王子様

花ひろばは昨日から特売で、鉢花が安いらしい。
昨日は20%OFF、今日は30%OFF、明日は40%OFF、明後日は50%OFFだとか。

今日の目的はシンビジウム。黄色かオレンジ色で、派手なシンビジウムが欲しい。
だが希望の品種はなく、しかたなく「星の王子様」を買った。1,400円くらい。
私はもっと派手な品種が欲しかったのだ。王子様はちょっと派手さが足りないように思う。それに名前もなんだかおっさん向きではない。
希望は楊貴妃、ゴールドラッシュ、ミルクティあたり。

処分コーナーに、ブルーベリーの苗があったので、Ono(RE)@500円×4を買った。
それからプリムラジュリアンとガーデンシクラメンを買った。
ジュリアンは、青くて香りがある個体を探していたのだが、見付からなかった。
ごく普通の青い花の個体を選んだ。いずれも70円。これは安い。
ウズ丸の部屋で育てることになった。

写真は後日。

2012年1月29日 (日)

BB個人輸入

ブルーベリーを海外から取り寄せることにした。
ブルーベリーの苗を輸入するためには、検疫を受けないといけないため、苗は隔離圃場で1年間栽培してから受け取ることになる。
急ぎでもないから問題はない。ここまでは覚悟していた。

オレゴン州には州税がない。州税というのは州独自で徴収する消費税のようなものだ。そのため、輸入代行業者が多く存在する。私が利用している業者も、やはりオレゴン州にあった。
ブルーベリーを輸入するためにはこれが問題になる。
オレゴンとワシントンともう一つ(失念)の州では、ブルーベリーの移動に制限があるのだ。
出荷元の検疫証明がないと、よその州から苗を持ち込むことができないことになっている。ほとんどの業者は検疫証明を発行してくれないため、輸入代行業者が苗を買うことができないのだ。

だったらオレゴンやワシントンのナーセリーから苗を買えばいいと思う人もいるだろう。だがオレゴンは寒いため、北方系のブルーベリーしか扱っていない。
Draper(NH)、Pink lemonade(NH)、Liberty(NH)あたりは簡単に輸入できるが、Camellia(SH)やVernon(RE)は、別の輸入代行業者を探さねばならないのだ。
ナーセリーでは、Star(SH)やOzarkblue(SH)も一緒に並んでいる。どうせ手数料がかかるのなら、一緒にクリックしておきたいところだが、国内で5株買った方が安いようだ。

2012年1月28日 (土)

マルメロジャム

マルメロを植える前に味見をしなくては。
マルメロは生食ではなくジャムにして食べるから、ジャムを取り寄せることにした。軽井沢沢屋ジャムという店から、マルメロジャム@452円(送料600円)を取り寄せた。

Quincejam

さっそく味見をしよう。香りはなかなかいい。味は西洋梨かモモの缶詰が似ているかもしれない。
果実と砂糖だけでこんなおいしくなるなら買いだな。
とりあえずマルメロの苗木を注文しなくては。

2012年1月27日 (金)

DLLにパッチ

USB-IO2.0(AKI)をCから制御しようと思ったが、USB-IO用のDLLでは動かない。
USB-IOがversion2.0になって、VID(ベンダID)やPID(プロダクトID)が変更になっているのが原因だろう。
とにかく動けばいいというのであれば、DLLを改造すればいい。古いUSB-IOのVIDやPIDを、USB-IO2.0のそれに書き換えればいいのだ。

使いたいDLLをバイナリエディタで開いて、ベンダIDを検索する。
USB-IOを販売していた会社は以下の3社。
モルフィ企画(VID=0x0bfe, PID=0x1002,0x1003)、テクノキット(VID=0x12ed, PID=0x1003)、それからKm2net(VID=0x1352、PID=0x0100)である。
たとえばKm2netのVIDは0x0bfeである。VIDはリトルエンディアンで格納されているので、fe,0bというデータを探す。
さらにその近くでPIDを探す。0x0100は、00,01として探せばいい。
これをUSB-IO2.0のPIDに書き換えるのだが、fe,0bというデータに比べて、00,01はたくさんの場所で見付かるから、どれが本物かわからない。
そこでモルフィ企画やテクノキットのVIDを検索し、その近くにあるPID=0x1003を検索する。これだと簡単にPIDが記録されているアドレスが特定できるだろう。
その近くで0x0100を探すことで、ようやく書き換えるべきアドレスが特定できる。

実際にやってみる。HSPからUSB-IOを使うためのDLL、hspusbio.dllは、0e00番地から、VIDとPIDがまとめて格納されている。
モルフィ企画のVID=0x0bfe、PID=0x1003を殺して、Km2netのUSB-IO2.0に対応させてみよう。

--------|-0--1--2--3--4--5--6--7--8--9--A--B--C--D--E--F-|
00000e00|fe 0b 02 10 fe 0b 03 10
--------|------------------------------------------------|

となっている部分を探す。
USB-IO(AKI)は、VID=0x1352、PID=0x0121だから、以下のように変更すればいい。

--------|-0--1--2--3--4--5--6--7--8--9--A--B--C--D--E--F-|
00000e00|fe 0b 02 10 52 13 21 01
--------|------------------------------------------------|

ちなみに上のダンプは、バイナリエディタDump4wのもの。
ちょっとクセがあるが、コピペするだけで、アドレスやゲージを付けてくれるので便利だ。

三石印房のDLLは、VIDとPIDが少し離れたところに格納されているが、同じ手口で改造できる。
急ぎの方はどうぞ。

2012年1月26日 (木)

マルメロ探し

朝、雪が降ったので雪かきしてから仕事に出た。

仕事はとても早く終わったが、帰り道はひどい吹雪で道に迷ってしまったようだ。ようやく知っている場所に出たと思ったら、花ひろばだった。

ちょうどマルメロを買おうと思っていたところだ。
果樹苗コーナーを探すと、マルメロの在来種とSmyrnaが1本だけあった。だが昨年の売れ残りみたいな苗なので、あきらめてネット通販で買うことにした。
もう夕方だし、この寒さでは客は私しかいない。のんびりと見て回った。
処分価格の果樹苗とシンビジウム、毎年、コガネにやられて枯れてしまう朝倉山椒が欲しいかも。
それからポポーの台木も探している。実生3年生の苗に興味があったが8,000円は迷うところだ。苗には「もうすぐなります」と書いてあったが、ウソだと思う。

私は手ぶらで帰宅したはずだったが、夜、うちの庭で植え替えをしていた人がらしい。

2012年1月25日 (水)

東京組

このところずっと東京組のプログラムを手伝っていたが、今日、一ヶ月以上も悩んでいたバグの原因が判明した。
やはり壁紙を変えてから仕事の能率が上がった。

展示用ソフトウエアの開発に目処が立ったので、あとはハコだけだ。展示ブースで使う看板や、パンフっぽいものを作ればいい。

2012年1月24日 (火)

植物の育成 #6

植物の育成(六)
ルーサー バーバンク著、中村為治訳

様々な種類の麦、牧草、野菜としてのサボテン、サトウキビ、ビーツについて。
バラ、アマリリス、ケシ、デージー、ダリア、スイートピー、グラジオラスなど、多くの花卉植物について語られている。
それからマメ科の植物の根粒菌などについても語られている。

バックナンバーをどうぞ。第3巻第4巻第5巻、残念なことに、まだ1-2巻は手に入れていない。

2012年1月23日 (月)

マルメロの話

日本でカリンと呼ばれて流通している果物は、そのほとんどが偽物で、その正体はマルメロという果物である。品種が違うとかいうのではなく、そもそも属が違う。

カリンはいくら煮てもやわらかくならないが、マルメロは煮るとやわらくなるので、ジャムに加工できる。生食にはうまくないが、とてもペクチンが多く、ジャムの素材としては最適。その香りや味はすばらしいが、日本ではあまりなじみがない。

Quincepineapple

ポポーと同様、日本で出回っている品種はとても古い。
代表的なSmyrnaはとても古い品種だし、Kaoriは比較的新しい国産品種ではあるが、せいぜいブルーベリーでいうところのナントカ星。

米国では、Pineapple、Van Demanなどのすばらしい品種が出回っている。改良したのは育種の神様、バーバンクである。
それらはまったく渋味がなく、リンゴのように生食することができるとか。
こういった優秀品種があるにも関わらず、日本に導入されることはない。
マルメロは、リンゴの火傷病(しょうかびょう)ウイルスを持っている可能性があるため、輸入禁止となっているからだ。
これは隔離栽培をしても輸入できないことになっているからお手上げだ。
Pineappleという品種は大正時代に日本に入ってきたという資料もあるが、苗は流通していいないようだ。今も国内で手に入るのだろうか。

ところで、この本を探している。マルメロの専門書だが、どこかで読めないものだろうか。
文献によると、バーバンクはPineapleの発表後、さらに素晴らしい品種を少なくとも二つ開発している。だがそれらがどうなったのかは不明、
それらは晩年の育種だから、バーバンクが死去すると共に、世に出ることなく終わったのかもしれない。

2012年1月22日 (日)

木こりな日

耕作を続けていた山の畑も、高速道路を造るために買収されることになった。
ここには果樹が何本も生えているので、補償金がもらえることになっている。ただ金額はとても安く、畑の作物はすべて片付けておかねばならない。
果樹は伐っておかねばならないが、業者に伐って処分してもらうと、補償金はほとんどなくなってしまう。
そんなわけで自分で伐ることにしたのだ。

愛用のチェーンソーを引っ張り出してきて、ガソリンを入れて始動。何年も使っていなかったが、きちんとエンジンがかかった。

Chainsaw

ウメの木が3本、ビワが1本、杉の木が1本。いずれも樹齢50年以上の大木だ。惜しいが大木なので移植はできない。
それから、JAが八朔だと偽って納品してきた謎の柑橘が2本、ヒサカキ、クロガネモチ、クワなども植えてある。
親父が杉の木の大木を軽トラの横に倒せというので、きっちりとその方向に倒してやった。

Cedartree

倒した杉の木は、輪切りにして花台か何かにするつもりだ。

2012年1月21日 (土)

血液検査の結果

先日献血した時の検査結果が届いた。
数年前とは大違い。すべての数値が悪い方に向かっている。
特に気になるのはコレステロール=214mg/dL。正常値は110-250mg/dLだから、黄色信号だ。ちなみに嫁の値は260mg/dL前後で赤信号。
これを深く反省して、今後は数値の改善を図ろう。嫁は反省していないみたいだが。

ツノ丸たちは県大会だったが、SCTに初戦敗退だった。
ウズ丸たちは、ウインターリーグという大会が予定されていたが、大会会場となるN中学でインフルエンザが流行しているため延期になった。

2012年1月20日 (金)

チェーンソー

耕作放棄されていた畑も、ようやく買い上げてもらえることになった。
他地区に土地があり、そちらの買い上げが始まるまで交渉が延期されていたのだ。

高速道路が通ることになったので、畑に生えている木を伐らねばならない。
伐らなくてもいいが、伐ってもらうには金がかかる。そんなわけで自分で伐ることにした。
久しぶりにチェーンソーを取り出して、刃を軽く研いだ。
一週間前だったらちょうど13日の金曜日だったなあ。

ホームセンターで燃料を買って来た。チェーンソーの燃料は、自分で調合した方が安いのだが、たまにしか使わないなら市販の調合済みガソリンがおすすめ。
調合済みガソリンには、水抜き剤などが入っているため、久しぶりに使おうと思ったとき、エンジンがすぐに回ってくれる。

2012年1月19日 (木)

東京イベント手伝い

私のチームではないが、来月早々、東京のイベントに遠征するチームがある。
そこの担当プログラマは、昨年末から一つのバグが取れずに困っている。
しかたがないので、私がソースをもらって自宅で解析することになった。昨日はタフな一日だったが、今日は明るいうちに帰宅。
すぐにプログラムの解析に取り掛かったが、バグの原因はわからなかった。

2012年1月18日 (水)

ハンダ付け

USB-IOでLEDを点灯させるなどしていたが、次第に本気モードに突入。
帰宅したのは日付が変わってからだった。
あまりに疲れたので、マキアージュの動画でもどうぞ。


2012年1月17日 (火)

暖地のリンゴ

通勤途中に化粧品屋があって、マキアージュのポスターが貼ってあった。
ポスターの女性はとてもキレイで、いつもその顔を見てから仕事モードに入っていたものだ。
だが、年が明けたら、化粧品屋が閉店していた。
なんだか飲み屋のおねーちゃんが辞めたような気分だ。
さっそく「マキアージュ」というキーワードで検索したところ、椎名林檎だということがわかった。ぜんぜん気付かなかった。

2

東京事変は2月いっぱいで解散するというから、それまでの間、壁紙にしよう。
Wikipediaによると、椎名林檎は埼玉で生まれて、すぐに静岡へ引っ越し、それから福岡で暮らしていたらしい。
リンゴにしては暖地育ちだな。

そういえば、うちの父はリンゴをよく栽培していた。
父は剪定がヘタなので風に弱い。そのため数年もすると台風でこける。
木がこけたら、地上部を強く刈り込んで植え直せばいいのだが、父は絶対に剪定をしない。それどころか、かろうじて残った実もそのままにして植え直すのだ。
こんな調子でリンゴを三度も枯死させている。

2012年1月16日 (月)

ブルーベリー鉢上げ

接ぎ挿ししていたブルーベリーのLegacy(SH)を75mmポットから90mmポットに鉢上げした。
思っていたより成功率は高くて、成功率は3/3だった。手軽に接ぎ木苗を作ることができるから、量産には向いていると思う。
ただこの方法は、台木に根がないため、1年たっても挿し木苗と同じ大きさしかない。個人栽培なら、まず台木の大苗を作り、それに接ぎ木する方がいいと思う。
たとえばHomebell(RE)の5年生の木に接ぎ木すれば、どんな品種だって、たった1年で収穫可能な成木になる。

2012年1月15日 (日)

フェイジョア鉢上げ

昨年に挿し木したフェイジョアのApolloとTriumphをポットから抜いてみた。
芽はまったく伸びていないが、根はよく伸びていた。
フェイジョアは晩秋に弱酸性の土に挿し木するのがコツだと思う。鹿沼土なんかがちょうどいいと思う。水切れしやすいので、うちはブルーベリーと同じ川砂+ピートモスに挿し木している。
発根促進剤としてフェロシルトを作っていた会社のルートンを使った。
75mmポットから、一回り大きな90mmポットに植えた。ビニールポットだが、成木と同じ用土なので鉢上げ扱いだ。
雪で枝が折れたら、Apolloに続いてTraskも挿し木しようと思っている。

ツノ姉はセンター試験二日目。
早く終わるので、処分価格になっているシンビジウムを探すように頼んでおいたが見付からなかったようだ。

久しぶりにウズ丸と1on1をした。ウズ丸はフェイクの種類が少なく、マークが厳しいとシュートが打てない。
そこで今日はフェイクなしでシュートを打つことを禁止した。するとフェイクができないシュートがたくさんあることが発覚した。当分、このルールで1on1する予定。

2012年1月14日 (土)

北勢大会・二日目

ウズ丸は、北勢大会の二日目だったが、よりによってチームのキャプテンがインフルエンザで欠場。
ウズ丸はキレがなく、試合は8P中学相手に54-70で敗れた。
ツノ丸は、地区予選の順位戦。1勝1敗で地区7位。
ツノ姉はセンター試験を受けるために、朝早くから三重大学へ。

2012年1月13日 (金)

量産開始

USB-IO2.0(AKI)を試験的に使っているが、特に問題はないようだ。
さらに4枚を同じピン配置で半田付けした。
もし仕様変更することになったら新しいUSB-IOを買い直す覚悟だ。

USB-IO2.0に付属していたサンプルプログラムはVisualBasicで記述されているため、VisualBasicの学習を始めた。だがさっぱりわからない。来週の仕事は、VisualBasicの勉強になりそうだ。

2012年1月12日 (木)

USB-IOの組み立て

USB-IO2.0(AKI)は、基板そのものは部品が実装済みになっていて、これに付属のピンを半田付けして使うようになっている。
3種類のピンが付属しており、用途に応じて好きに組み立てて使うようになっている。

Usbioparts

試験的に1枚だけ、基板から下向きにピンを立ててみた。

Usbiopin

この組み立て方だと、ブレッドボードにUSB-IOを固定できる。しばらくはこれで使ってみよう。
問題がなければ残りのボードも同じように組み立てる予定だ。

2012年1月11日 (水)

石臼の掃除

朝早くから、先日もらってきた石臼の手入れ。
外側を掃除して、朽ちた心棒を抜いた。次は心棒を作り直して、それが終わったら目立てをしなくてはならない。
小麦の収穫までまだ半年もあるから、のんびりと作業を進めよう。
さて、会社ではUSB-IOが待っている。仕事に出かけるとするか。

2012年1月10日 (火)

USB-IO2.0届く

夕方、USB-IO2.0(AKI)×20が届いた。

Usbiozip

これでようやく仕事に取り掛かることができる。
早速、パソコンに接続しようと思ったが、半田付けをしないと使えない。
今日はさっさと家に帰ってハンダ付けをしよう。


2012年1月 9日 (月)

準優勝だらけ

ツノ丸たちのバスケ部は、3回戦のT学園と対戦した。
T学園とは毎月練習試合をしているので、強いということはわかっていた。予想していた通り、まったく歯が立たずに3回戦敗退となった。

全国高校サッカーは決勝戦。
うちの両親までテレビで観戦していたが、残念ながら四中工は1-2で敗れ、準優勝だった。
春高バレーは見ていなかったが、嫁の母校も0-3で敗れて準優勝。
全日本総合バスケも、女子は地元チーム、男子は仕事先チームがそろって決勝に進んでいたが、いずれも準優勝だった。
まあ、最終日まで楽しめたので、大満足。
今年はテレビで何を観戦していいのかすごく迷った。

あとはウズ丸のバスケ北勢大会が残っているな。
3回戦で対戦する8P中は、BTM大会で優勝したHZ中にトリプルスコアで勝った。HZ中に苦戦していたNA中が、8Pに勝つのは難しいと思う。
8P中は#4の能力が高い。相手の#4をなんとかして退場させないと勝ち目がない。

2012年1月 8日 (日)

春高バレー

今年から開催時期が変わって、3年生も出られるようになったとか。
冬なのに春って…。
新・春高バレーじゃなくて、新春・高バレーなのか。
こちらも嫁の母校が決勝進出を決め、我が家的には二日続けてテレビの前でお祭り。

家族は草バスケがあったので応援には行けなかったが、ツノ丸たちは2回戦の相手KK高に勝って3回戦へ。

四中工は昨日の試合にも勝って決勝進出。
決勝戦は、四中工(三重)vs市立船橋(千葉)の対戦となった。三重のキャプテンは千葉出身、千葉のキャプテンは三重出身の選手らしい。

2012年1月 7日 (土)

北勢大会

中学、高校それぞれでバスケの大会が始まった。
ツノ丸たちはシードを持っているのか、1回戦はなく、今日はただの練習日だった。
明日の2回戦が初戦となる。

ウズ丸たちはクジ運で1回戦がなく、今日の2回戦が初戦となる。
よりによって2回戦の相手は、先日の大会で敗れたSG中。
前回は6分×2QTのハーフゲームだったが、今日は8分×4QTの公式戦。勝てると思う。

1QT、ウズ丸には、相手#14がフェイスガードで付いた。ウズ丸は相手の#5に付いた。両チーム共、相手のPGを封じ込める作戦のようだ。
こちらの#4にもフェイスガードが付いた。荒っぽいディフェンスに手を焼いて、1QTで8点を追う展開になった。
2QTもやはりSG中のペース。27-32と、5点差をつけられて前半を折り返した。
だが相手は大量のファウルを犯している。狙うならここだ。

3QT、ウズ丸は相手チームのファウル数を確認してコートに入った。
ドリブルを削らせて、相手のファウルを誘う。シュートもわざわざレイアップに持ち込む。
まず最初に、相手#7がルーズボールを追って交錯し、5ファウルで退場した。
このあたりになると、相手チームはほとんどの選手が3-4ファウル。ファウルを恐れるから、ディフェンスも緩くなる。
これを狙って全員がドライブで得点を稼ぐ。これで逆転に成功し、3QT終わって得点は51-43。
4QT、ウズ丸が速攻のスピードを意図的に緩めてレイアップ。チビのシュートはついブロックをしたくなるようで、後ろからきた相手#7がウズ丸と接触。そのまま退場。
すぐに相手#8も退場。残っている大物は#4ただ一人になった。
相手#4はまだ3ファウルだ。ドライブしたウズ丸を後ろから追ってきた#4に対して、ステップバックしてシュート。これを叩いてしまい4ファウル。あと一つだ。
最後はわざわざ#4の前にドライブし、ギャロップで#4の横に飛んだ。すぐにシュートを打とうとしたが、相手はファウルをしないよう万歳したままだ。だが着地直後のシュートはフェイク。相手#4が手を伸ばしたところで、もう一度シュートを打って接触。笛が鳴って、とうとう相手#4が退場した。
主力4人をファウルアウトさせたところで、ウズ丸はベンチに下がった。
試合は76-55で勝利。

2012年1月 6日 (金)

リセット

日中、畑仕事もできないので、気になっていたブルーベリーを植え替えた。
挿し木から育てていたNui(NH)は、ずいぶん大きくなって今年から収穫と思っていたが、どうも根元がぐらぐらする。
やられたと思い、木を鉢から抜くと、細い根はなく太い根しか残っていない。
鉢の中にはコガネムシの幼虫がちょうど10匹。暖を取っていた焼却炉へお引取りいただいた。
地上部を大きく切り詰め、もう一度、仕立て直しだ。
切り詰めた枝は立派なシュートばかり。親木は枯死寸前なので、挿し木しておこう。
ついでに接ぎ木もしておいた。台木はHomebell(RE)。

2012年1月 5日 (木)

サッカー観戦

徹夜明けの朝、外に出たら雪が積もっていた。
するとツノ丸が起きてきた。今日はバスケの練習試合で岐阜県に遠征するらしい。よりによってそんな寒い所へ…。
私はさっさと布団へ。

12:05に起床。テレビで高校サッカーを観戦するためだ。
地元の四中工 は二日続けてロスタイムに同点弾。土壇場でPK戦に持ち込み、なんとか勝利。これで準決勝進出だ。
データによると今年は半分くらいが地元の選手だね。

嫁と一緒にホムセンめぐり。
カインズでラティス@880円を1枚買ってきた。最近、犬が脱走するので、犬の運動場をラティスで囲えないか検討するためだ。
雪が残っているので作業は後日。
他に75mmのビニールポット100個@88円、軍手@298円、プラケ@498円などを購入した。

バラの接ぎ木

母にバラの接ぎ木を頼まれたので、嫁が寝るのを待って接ぎ木開始。
作業する場所は台所。食卓は広くて明るいし、作業するにはうってつけだ。
正月番組を見ていたツノ丸も見学に来た。

台木に使うノイバラは、夏の間にたくさん挿し木してある。
ビニールポットの縁を土の高さで切り取って作業すると、地際に接ぎ木することができる。
接ぎ木はすぐに終わったが、バラのトゲが手に刺さった。
うちのノイバラはトゲなしノイバラだし、いつもトゲのない植物ばかり接ぎ木していたため、
バラにトゲがあることをすっかり忘れていた。
接ぎ木した品種は黒い絞り咲きのアブラカタブラ。

Roseabracadabra Roseabracadabrasummer

アブラカタブラには、ピンク色の同名品種があって、そちらは登録品種だったはず。

接ぎ木が終わった鉢を持って外に出たら、雪がしんしんと降っていた。屋根の雪がまたブルーベリーに落ちるかと思うと気が滅入る。

2012年1月 4日 (水)

献血

近くのイオンに買い物に出かけたら、献血バスが来ていたので献血をすることにした。
昨夜、体重60kgを記録した私には渡りに船だ。400ml献血をすれば、確実に体重を0.4kg落とせるはず。
久しぶりの献血だが、その間に献血手帳は廃止され、献血カードに変わっていた。記録によると9年ぶりの献血らしい。

隣のディオでブロック@160円(?)×4を購入。
ディオの温室ではたくさんの鉢花が水切れで、今にも枯れそうになっている。シクラメンやランの仲間が特にひどい。店員はなんとも思わないのだろうか。
処分価格になっている洋ランが欲しかったが、隣に嫁がいてはどうしようもない。

昨年の夏、ディオで盆栽棚をたくさん買った。
盆栽エースという商品名で、軽くて使いやすかった。記事にもしたが、これとかこれがそうだ。
ところが今日は品切れ。土建屋が使うような、コンクリート板しか売っていなかった。聞いたところ、取引先が変わったそうで、今後は入荷しないそうだ。
カインズでも同じ商品を扱っているが、1枚あたりの値段が400円ほど高いんだよね。

2012年1月 3日 (火)

兎糞

ツノ姉がいないので、私がミケランジェロの世話をしなければならない。
年末、掃除を簡単にするために、ミケランジェロの小屋にトイレを置いてみた。ウサギがトイレを覚えてくれれば、小屋が汚れなくて済む。
トイレにはトイレ砂を敷いてあるが、これはオガクズを固めたものだ。これならウサギの糞尿と共に畑に入れられる。少しは肥料にもなるだろう。
今日は麦畑にまいてみた。

全国高校サッカー、地元の四中工は3回戦にも勝ってベスト8進出。やったね。

そういえば

花ひろばは今日から営業。
餅つきやぜんざいが食えるので(口実)行ってみようかな。

2012年1月 2日 (月)

英才教育

姪っ子がミニバスケを始めたので、バスケットゴールの高さを下げた。
姪っ子は3年生だが、まだレイアップシュートもできない。それはいかんな。そんなことでは試合に出るなんて到底無理だ。
せっかくうちに来たのだからと、バスケの練習を始めた。
最初のうちはさっぱりシュートが入らず、それを見た母(姪からみると祖母)が、シュートを1本入れたら10円あげると言い出した。
姪っ子一人にコーチが3人も付くのだから、すぐにシュートが入るようになる。2時間ほどシュート練習を続け、シュートを200本も入れた。
母はお年玉とは別に2000円の出費となった。

ところで、居候の犬はバスケットボールに興味津々。
いらないバスケットボールを転がしてやったら、凄い速さで追いかけ、噛み付いてパンクさせてしまった。つぶした方が捨てる時に小さくて助かるが、よほどボールが気に入ったようで、ボールを返してくれない。

2012年1月 1日 (日)

石臼

初詣の後、疲れて寝ていたら近くの人から電話があって起こされた。
石臼をくれるという。正月早々、ありがたくもらいに行った。
かなりの重さがあり、ちょっと修理すれば使えそうだ。部品をどうやって手に入れるのかわからないが、まあ、なんとかなるだろう。

こちらのお宅は、うちとは違って奥様がブルーベリーを育てている。庭には30鉢ほどのブルーベリーがあった。苗はすべて花ひろば出身のようだ。

既に根詰まり気味なので、植替えをしなくてはならないが、使えそうな土はないようだ。後日、黒ボク土を配達してやることにした。

正月なので、我が家には妹夫婦が帰省している。
犬とウサギ付きで泊りに来ているのだが、その犬は大きなシェパードだった。ウズ丸より大きな犬で、なかなかの迫力だ。
すぐに懐いたので、子供たち全員で犬の散歩をすることになった。散歩というか、全力ダッシュだが。
犬はこんなに走らせてくれるのが嬉しいようで、大喜びで1km以上を走っていた。
うちのワンコたちと一緒にしてみたが、互いに挨拶しただけで、特に興味はないようだ。みんなお利口さんだな。

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

最近のトラックバック