« パソコンラック | トップページ | 植物の育成 #4 »

2011年11月28日 (月)

オオスズメバチの駆除

今日はオオスズメバチの駆除にやって来た。あまり気乗りしないが、まあ引き受けたのでしかたがない。

ハチの数があまりに多いので、まずは成虫の数を減らすことにした。
巣の入り口に、ネズミホイホイという粘着式ネズミ捕りを置くのが簡単だ。
巣穴は斜面なのでそのままだと滑り落ちる。
まずバナナの箱を用意した。バナナの箱は真ん中に穴が開いているので都合がいい。箱を高さ10cmに切って、箱の内側と外側、両面にネズミホイホイを貼った。
そっと巣穴に近付き、これを巣穴にかぶせてダッシュ。
箱の内側にも粘着シートを張ったので、箱は草などに張り付いて滑り落ちることはない。

その後は車で巣に近付き、車内から巣の様子を観察することにした。
スズメバチはバナナ箱を警戒しているようだ。10匹くらいのハチが巣の周りを飛び回っているが、バナナ箱にはなかなか止まらない。
10分ほどして、ようやく最初の1匹が箱にくっついた。粘着シートから逃げられず、怒りで牙をバチバチ噛み鳴らしている。
ハチは仲間を呼び寄せる能力を持っている。おそらく箱を敵だと思って、仲間を呼んだのだろう。バナナ箱への総攻撃が始まった。
ここからはまるでコントのようだ。
たくさんのスズメバチが、バナナ箱に次々と襲いかかり、粘着シートにくっついて動けなくなる。数分ほどで数十匹のハチが粘着シートにくっついて、成虫はほとんどいなくなった。

Oosuzumetrap

もうそろそろ大丈夫だ。
車から降りて、辺りを飛んでいるスズメバチをバトミントンのラケットでカコーンと打ち殺す。
最後はバナナ箱をどけ、巣穴に殺虫剤を噴射しておしまい。

※この作業は、(ソフトウエア開発の)専門家による監修の下、楽しく作業を進めております。マネしないようにご注意ください。


« パソコンラック | トップページ | 植物の育成 #4 »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/43238967

この記事へのトラックバック一覧です: オオスズメバチの駆除:

« パソコンラック | トップページ | 植物の育成 #4 »

最近のトラックバック