« 蜂蜜しぼり | トップページ | オオスズメバチの観察 »

2011年11月25日 (金)

和蜂その後

先日駆除したニホンミツバチは、巣箱から出ていた。
壁に群がる蜂球に、巣箱を差し込んで再び様子を見ることにしたが、
定着することはなさそうだ。
巣箱の天井が高すぎて、ハチが止まる空間がないようだ。

« 蜂蜜しぼり | トップページ | オオスズメバチの観察 »

自然」カテゴリの記事

コメント

こんばんはです。
重箱なら入居してくれたかな。

西洋蜜蜂の空巣ならOKだったのかな?
無王群だったのでしょうか?

巣箱が高すぎて、蜂球が天井まで届かなかったですね。
重箱を2段で使うと蜂が天井にすぐ届くので、こういう捕獲には便利だと思います。
蜂は蜂児が入っていない巣にはあまり執着しません。洋蜂の巣板であれば蜜蝋の代用にもならないので不要だと思います。

今回の群は、貯蜜はあったものの、蜂児はおろか、産卵もなし。初めての経験ですが、無王群に見えますね。
巣箱は荷物が少ない年明けに送る予定です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/43239090

この記事へのトラックバック一覧です: 和蜂その後:

« 蜂蜜しぼり | トップページ | オオスズメバチの観察 »

最近のトラックバック