« ミニ耕運機 | トップページ | 水路掘り #2 »

2011年10月11日 (火)

フェイジョアの挿し木

今年の大雪でフェイジョアのアポロの枝が折れた。
ダメ元で折れた枝を挿し木しておいたのだが、その中の1本がようやく芽吹いた。
もう1本は葉は生きているものの動きはない。

Apollosashiki

もう一つ、珍しいものがある。春先にカラタチを20本ほど挿し木したのだが、こちらも1本残らず活着して、新芽を伸ばしている。

フェイジョアやカラタチは、コツさえつかめばなんとか挿し木できる。
バラ > ブルーベリー > カラタチ > フェイジョア
フェイジョアは晩秋、カラタチは若木を春に挿し木。ブルーベリーは酸性の用土で挿し木。バラに関しては失敗する方が難しい。

麦を作るためには、水田を地上げしなければならない。
よそから土を運ぶのは大変なので、作付けしない場所の土を削って、その土で麦畑を地上げすることにした。
いきなり鍬(クワ)で土を削るのは大変なので、今日もミニ耕運機の登場。
作付けしない場所を浅く引っ掻いて、雑草の根を細かく切った。
これで土を簡単に削ることができる。それでも土を運ぶのは大変そうだが。

« ミニ耕運機 | トップページ | 水路掘り #2 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

挿し木ダリアに球根ができること、
教えてくださってありがとうございます。
バラの挿し木は「失敗する方が難しい」ということは、
ほとんど成功させてらっしゃるのですね!
私は成功確率がとても低くて、情けなくなります。
KHOさんの園芸カテゴリーの記事、
参考になることがたくさんあります。
コガネの幼虫には私も悩まされていますので、
コガネとの攻防に興味津々です。

バラの挿し木は、真夏を避けて、半日陰に置くのがコツです。
水を切らさなかったらほとんど成功すると思います。
母に頼まれて、バラの接ぎ木も時々やっていますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/42483365

この記事へのトラックバック一覧です: フェイジョアの挿し木:

« ミニ耕運機 | トップページ | 水路掘り #2 »

最近のトラックバック