« コメリレポート | トップページ | 納品 »

2011年10月 4日 (火)

ハチの駆除

スズメバチの駆除を依頼された。
現地に出かけると、庭木の枝の中にコガタスズメバチの巣があった。
朝、日が当たって気温が上がると、たくさんのスズメバチが飛び交い、恐くてしかたがないということだった。

この時期、スズメバチは女王蜂が交尾のために、派手に飛び交うことがある。
だがコガタスズメバチは、オオスズメバチやキイロスズメバチに比べるとおとなしいのでたいしたことはない。
手拍子やバスケットボールの音に興味を示すようで、人に近寄ってくる性質があるものの、刺したりはしない。
半月もすれば営巣も終わって、働き蜂は解散するし、翌年、巣を再利用することもない。

こういったことを説明すると、駆除をあきらめてくれた。益虫だから、できれば駆除しない方がいい。

« コメリレポート | トップページ | 納品 »

自然」カテゴリの記事

コメント

コガタスズメバチと言う種類の蜂もいるのですか。また、ひとつ勉強になりました。
m(_ _)m
ススキにかかしにハロウィン・・、KOHさん、秋らしくなりましたね。(^ ^)v

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/42335877

この記事へのトラックバック一覧です: ハチの駆除:

« コメリレポート | トップページ | 納品 »

最近のトラックバック