« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

BBの紅葉

明日から11月。紅葉したブルーベリーが目立つようになってきた。
今まで何の興味もなかったが、観察するとどうやらノーザンハイブッシュ系品種の紅葉が美しいようだ。写真は左がSpartan(NH)、右がReka(NH)。右はもしかしたらElliott(NH)かも。

Bbspartankouyou Bbrekakouyou

ラビットアイ系品種も一部は紅葉しているが、少し黄色っぽくて真紅ではない。写真はHomebell(RE)だ。

Bbhomebellkouyou

ただしラビットアイ系品種は、紅葉したまま落葉せず冬まで葉が残る品種が多い。
紅葉を長く楽しめるというわけだ。
紅葉が美しいとされるTakahe(RE)という品種はどんな紅葉になるのだろう。空き地にでも植えてみようかな。
ところで、サザンハイブッシュ系品種はどうやら紅葉しないようだ。

Bbkouyou

写真右下はGeorgiagem(SH)、常緑樹のシャシャンボに接ぎ木するなら、サザンハイブッシュ系品種がおすすめ。
Misty(SH)なんかは葉っぱの感じも似ているんじゃないかな。

2011年10月30日 (日)

ビワの花芽

ビワに花芽が着いていた。
植える場所が決まらず、植木鉢に仮植えしていた福原早生だ。
鶏卵くらいの大きな実がなると言われているが、植木鉢で栽培していては真価が発揮できない。
とても立派な苗になったが、まだ植える場所が決まっていない。

Biwahaname

背景に写っているのは紅葉したブルーベリー。

2011年10月29日 (土)

Apple社のロゴ

i-Phoneやi-Podで有名なApple社が、ドイツの小さなカフェに裁判を起こしたらしい。

Applevs

左がApple、右はカフェが商標登録したロゴ。
これが似ているから、カフェの商標登録を取り消せというのだ。
Apple社は、リンゴマークだったら何でも訴えるつもりなのか。狂っているとしか思えない。

2011年10月28日 (金)

コカコーラのギター

今年の夏、コカコーラの懸賞で、ペーパーギターが当たるというのがあった。
去年はビーチサンダルやTシャツがたくさん当たったが、今年は残念ながら当たらなかった。
今日、職場の人が「当たったんでどうぞ」と持って来てくれた。
ラッキー♪
これから分解して中身を調べるつもりだ。写真は後日。

2011年10月27日 (木)

トゲが痛い

私は植物のトゲが大嫌いだ。
母が育てているバラなんて、トゲがあるのに食えもしない。

それから10年くらい育てているサトウキビ。葉の付け根あたりに刺さりやすいトゲがある。
鶏小屋の日よけだからガマンしているが、いずれは撤収したい。
来年からは多年草のサトウキビではなく、一年草のソルゴーを植えるつもりだ。

野菜にも困ったやつがいる。今年の春から育てているアーティチョークだ。
小さなうちはかわいかったが、成長して大きくなるにつれてトゲが目立つようになってきた。

果樹だと、ラズベリーやブラックベリーに興味があったが、トゲがあるなら無理だな。
柑橘類にもトゲがある。中でもせとか嬢と甘夏のトゲが目立つ。
本来なら切り倒すところだが、主力の柑橘類となっている。
一昨年、トゲなしせとかを買い直したつもりだが、これも立派なトゲが生えている。

Setokatoge

嫁「なんだったら抜いとこうか?」

あ、こんなとこにも鋭いトゲが。

2011年10月26日 (水)

メンバー入り

ウズ丸の通うNA中学には陸上部がないので、駅伝大会が近付くと、学校中から選手を集めて強化練習をする。
ウズ丸も強化選手に選ばれており、毎日、走ってばかりだ。

先日、タイムによる選考会があった。
ウズ丸は1年生の中では最速だが、今年の2-3年生は異様に速い。昨年、3年生だったツノ丸が補欠に回り、地区大会どころか県大会でも入賞したほどだ。
だから今回の選考会でふるい落とされるはずだった。しかし、監督の先生は、来年のことを考えて1年生を残すことにしたようだ。
ウズ丸は最終メンバーに残ってしまった。どうみても補欠。姉弟3人で6年連続補欠なのか…。

ウズ丸は日を追って速くなっているが、部活にはまったく参加していない。バスケの腕がかなり落ちているのが気がかりだ。
チームではゾーンプレスの練習を始めたというが、ウズ丸はいまだに蚊帳の外。

2011年10月24日 (月)

吉本新喜劇

昨日、吉本新喜劇にKARAがサプライズ出演したそうだ。
ツノ丸は数日前に吉本新喜劇を見に行ったばかり。ほんの数日ずれてくれればよかったのに。
それだけでも残念だが、もっと残念なことは、芸人がCOWCOWだったこと。ツノ丸はまだ人生で二度しか吉本新喜劇を見ていないのに、その両方がCOWCOWだった。
1年前に見たときは面白かったが、まさかまだ同じネタをやっているとは…。

KARAはさておき、やはりイチオシはT-araのこれ。

私の世代的にはレトロな感じがするが、ツノ丸たちにはそういった感覚がないようだ。
日本ではまだリリースしていないが、リリースする頃には私はダンスを覚えているような気がする。

2011年10月23日 (日)

駅伝の選考会

ウズ丸は午前中、駅伝の選考会があった。3kmのタイムアタックと、さらに練習で2km走ったとか。

午後からは家族で草バスケ。
自動車業界は、節電の影響で土日操業をしていたが、それもようやく終わって、メンバーが戻ってきた。
うちは私と嫁、ツノ丸とウズ丸の4人で参加。

ウズ丸はシュートの種類を増やす練習をしている。ゲーム中、私が見本代わりに、最初のシュートをクローズアップで入れた。その後、立て続けにティアドロップとフックを決めた。自分でも驚くほどのまぐれだ。
ツノ丸もわざわざティアドロップやベビーフックを決めたが、ウズ丸はイマイチだった。
午前中に走り込みをしたということもあるが、駅伝の強化練習で部活動を禁止されているのも原因だと思う。

2011年10月22日 (土)

Secretの新曲

Secretが新曲を出したというニュースをテレビで見た。
ネットで検索したところ、新曲といっても、ずっと前に韓国でリリースした曲を、日本語版に直しただけだった。
今回の曲はダンス目当ての私としては、あまり好きじゃない。

他のグループがかわいい系で売れたからといって、同じ路線に走らなくても…。
そもそもSecretって、メンバー的にいって、そういう路線には不向きだと思うのだが。
前回の曲がこれ。

Secretのメンバーで一番ダンスがうまいコはちょっぴり太め。
こんなに太くても踊れるのか。
嫁はいつまでたってもバスケがうまくならないが、その理由はてっきり…以下略。

2011年10月21日 (金)

石臼が欲しい

麦を製粉するためには、とんでもない労力が必要だとわかった。
製粉するための装置を買うと最低でも4万円くらいかかる。
中国製の石臼は数千円でも買えるが、無知な出品者が、根拠もなく小麦粉がひけると書いているだけ。小さな石臼で小麦をひけるはずがない。

実験用にとりあえず手回しの石臼をひいてみたい。どこかに余ってないかなあ。

2011年10月20日 (木)

クリの湯温処理・その後

先日の湯温処理を済ませたクリの実も、そろそろ甘くなっている頃だろう。
最初に湯温処理をしたクリを食べることにした。
冷蔵庫から取り出して袋を開けると、いい湿り具合だ。ちょうど土に埋めてあった程度。カビが生えているが、それくらいは気にしない。

クリの実は、私が気に入っているダイソーの盆栽鋏で切るのがおすすめ。
お尻の部分を、こんな感じで切り込みを入れる。

■写真は後日

これをオーブントースターに入れて10分ほど焼いて食べる。
このクリは銀寄なので、渋皮がなかなかはがれない。
うちの畑に高速道路が通る関係で、銀寄はいずれ伐採されることになっている。
既にポロタンや利平を植えてある。この二つは皮がとてもむきやすい品種なので、数年もすれば皮むきで苦労することはなくなるはずだ。

2011年10月19日 (水)

白菜その後

嫁に頼まれて、畑にサトイモとネギを掘りに行った。サトイモやネギはいつでも畑にあって、食べたい分だけ掘って食べればいい。
うちの畑のサトイモは地上部がしょぼい。いつも近所の人に笑われるが、掘り上げるとみんなびっくりする。

Satoimo Satoimozoom

そういえば最近、白菜を見ていない。
白菜は害虫を避けるため、ずっと網をかけて栽培してきたが、網に入りきらなくなったので網をどけた。

白菜はプラグトレイにタネをまいて苗を作る。畑に植えるときは根元にモミガラをまく。あとは肥料を与えて網をかけておく。面倒だがこうすればしばらく放任栽培できる。
網をはずしてから12月まで、月に一度は農薬をまく予定。

Hakusai111031

2011年10月18日 (火)

コメリパレット

仕事の帰りにコメリに立ち寄った。
別に買いたいモノはなかったが、ビニールポットを並べるパレットが欲しい。
店では不要なパレットを、客が持ち帰ることができるよう、レジ近くに積み上げてある。
6×4=24ポットが入るパレットはたくさんあるが子供には重い。
4×3=12ポットが入るパレットだと、子供でも持ち運びができて助かる。
その中を物色すると、お目当ての小さなパレットが2枚見付かった。
ラビットアイ系のブルーベリー苗@298円×2を買って、パレットに入れて帰ってきた。

他の果樹苗もチェックしたが、欲しいと思ったのはヤマモモくらい。
昨年、ヤマモモの木を親父に刈られてしまったので、年末まで植え直すつもりだが、
気に入った苗がなかったので別のコメリが買おう。

写真は後日。

2011年10月17日 (月)

ティアドロップ

ウズ丸はツノ丸より少しドリブルが速くて、シュートも少し速い。
この二つのおかげで、それなりにプレイできるのだが、シュートにしてもドリブルにしても、フェイクをほとんど使えない。ドリブル芸人のツノ丸とはまったく違うタイプだ。

ミニバスケではそれでよかったが、中学生ともなると困る場面が多くなってきた。
そこでシュートの種類をいくつか増やすことにした。
今日はレイアップのモーションを小さく修正し、それからティアドロップ、クローズアップ、ベビーフックを練習させた。
バックシュートも練習したいが、家庭用のゴールではちょっと無理だな。

2011年10月16日 (日)

地区運動会

今日は地区運動会。年代別に種目が分けられているので、うちのような家族は重宝される。たくさんの競技に家族の誰かが出場するという感じだった。
私もたくさんの競技に出る予定だったが、一部の競技はウズ丸に代わってもらった。
ウズ丸は他町の先輩にも呼ばれて、中学生の競技に何度も出場していた。得点種目とそうでない種目があるため、得点種目でなければ、何度出場しても文句は言われない。
たくさんの賞品を抱えて帰ってきた。

自分たちが自治会の役員だった頃は、体育会系の人が多かった。地区運動会だろうが、綱引きだろうが、球技大会だろうが、地区行事はとにかく優勝を狙った。
おかげで運動会や綱引き大会は2連覇できた。
しかしここ数年はテンションが低いようで、面倒だからと選手を集めず、自治会の役員が代わりに出場することが多くなった。今年も11地区中7位という順位で、今世紀のワースト記録を達成した。

2011年10月15日 (土)

新人戦2011

中学バスケ部の新人戦初日。
NA中学はクジ運が悪く、強豪だらけのブロックに入っていた。しかも初戦の相手は、シード校よりも強いんじゃないかというTW中学。
そんなわけで試合は初戦敗退だった。

ウズ丸は中学生になってから、公式戦でまだ一度も勝っていない。
そういえばツノ丸たちもそうだったな。

ちなみにTW中学はシード校にも勝ってベスト4に進んだ。

2011年10月14日 (金)

地元の麦茶

我が家は夏の間、ずっと麦茶を飲んでいた。だが夏が過ぎると、スーパーの麦茶が姿を消してしまう。
紙パック入りの麦茶はおいしくないんだよなあ。
地元のJAで、三重県いなべ市産の麦茶が売っているのを発見した。さっそく家に帰って飲んでみると、ひじょうに香ばしくておいしい。
製造日を見ると、9月に焙じたばかりだった。これからも時々買うことにしよう。

ところで、麦茶の出がらしは植木鉢にまくといい。
ナメクジが寄って来ることがあるが、雑草が生えないし、焙じてあるためか、コガネムシも嫌うようだ。

2011年10月13日 (木)

スタメン入り

NA中学のバスケ部は、先週までスタメンが決まっていなかった。
2年生の3人はほぼ確定で、残り2人を今週の日曜と月曜の練習試合で決めることになっていた。
ハーフのゲームを10試合以上こなし、ほとんどの試合でウズ丸がPGを務めた。得点リーダーになる試合もいくつかあった。
その結果、1年生のウズ丸と2年生4人がスタメンになり、長身の2年生やミニバス経験者はスタメンから外れた。

ウズ丸は、中間テストの結果が返ってきた。
ゆとり教育とやらで順位は出ないものの、上位1/5くらいの位置にいるようだ。ツノ姉やツノ丸と同じような成績だ。
塾に行って頑張っている子たちと違って、何もしていない1/5だから、成績が落ちることはない。このままじわじわと勝手に上がっていくと思っているが、どうだろうか。

2011年10月12日 (水)

水路掘り #2

先日、ビオトープ(水田)に水路を掘ったのだが、残念なことに土はあまり乾いていなかった。
やはり排水だけではダメで、高畝にしなければならないようだ。
今日も残っていた草を焼いて、水路を掘った。

そういえば、先日の白菜が元気に育っている。

Hakusai111013

苗をちゃんと作って、あとは肥料をまいて網をかけておけば勝手に育つ。
12月には立派な白菜が収穫できる予定。

2011年10月11日 (火)

フェイジョアの挿し木

今年の大雪でフェイジョアのアポロの枝が折れた。
ダメ元で折れた枝を挿し木しておいたのだが、その中の1本がようやく芽吹いた。
もう1本は葉は生きているものの動きはない。

Apollosashiki

もう一つ、珍しいものがある。春先にカラタチを20本ほど挿し木したのだが、こちらも1本残らず活着して、新芽を伸ばしている。

フェイジョアやカラタチは、コツさえつかめばなんとか挿し木できる。
バラ > ブルーベリー > カラタチ > フェイジョア
フェイジョアは晩秋、カラタチは若木を春に挿し木。ブルーベリーは酸性の用土で挿し木。バラに関しては失敗する方が難しい。

麦を作るためには、水田を地上げしなければならない。
よそから土を運ぶのは大変なので、作付けしない場所の土を削って、その土で麦畑を地上げすることにした。
いきなり鍬(クワ)で土を削るのは大変なので、今日もミニ耕運機の登場。
作付けしない場所を浅く引っ掻いて、雑草の根を細かく切った。
これで土を簡単に削ることができる。それでも土を運ぶのは大変そうだが。

2011年10月10日 (月)

ミニ耕運機

ミニ耕運機でビオトープを耕した。さすがは文明の利器、こんなに楽ができるとは思わなかった。
夏の間、雑草が生い茂っていたので、一度で耕すのは難しい。最初は耕耘機の爪で軽く表面を引掻いて雑草の茎や根を切る。これを二度、三度と繰り返すと、雑草の根や茎がズタズタになっていい感じだ。人力ではなかなかできないと思う。
今日はこれでおしまい。このまま一週間ほど放置して、表面の土が乾いたら、もう一度耕す予定だ。
麦は湿地では育たないから、その間に地上げもしなくてはならない。今日は少しだけ地上げしたが、人力でしか作業できず、かなりの重労働になりそうだ。
麦のタネをまくのは11月だから、まだ一ヶ月の猶予がある。

Biotopeyaki

2011年10月 9日 (日)

クリの湯温処理

クリを収穫が続いている。クリの実を保存するには、湯温処理がオススメだ。
80℃のお湯にクリの実を入れ、そのまま75-80℃を維持して1分ほど待つ。
こうするとクリの実は生きているが、クリの実の中に入っている虫を殺すことができる。ここまでが湯温処理。

Kuriginyose

写真のクリは銀寄という品種だ。
そしてここからが重要。
湯温処理したクリを冷蔵庫で一ヶ月ほど保存するのだ。クリの実は生きているが、こうすることで糖度が上がって中国栗のような味になる。また渋皮も簡単に剥がれるようになる。

これは今時のクリの専門書には、たいてい書いてある。私もずいぶん前から知っていたが、面倒なのでわざわざやろうという気にはならなかった。
しかし何年か前に松尾栗園の焼き栗を食べて気が変わった。普通のクリとは思えないほど甘くてうまいのだ。こんなにうまいのならやってみようという気になった。
効果を確かめたい人は、通販で焼き栗を買ってみるといい。巨大な甘栗のような味だ。ただし通販をやっているのは11-12月限定だったと思う。

ちなみに冷蔵で甘くなったクリは、冷凍保存しておくと長持ちするそうだ。もっとも、我が家では、そんなことをしなくても年内に食べ終えるのだが。
クリの実は、お尻を横に切ってオーブントースターで焼いて食べる。焼き栗と同じ切り方だ。

2011年10月 8日 (土)

大麦と小麦

先日刈った草が乾いたので焼いた。草の茎を少しでも短くしておかないと、トラクターで耕せないからだ。
焼けば雑草のタネも幾分減らすことができる。

ところで、今年の冬は麦を作るつもりだが、大麦と小麦、どちらを植えればいいだろう。

大麦は麦ご飯として食べることができるが、精麦するのが難しい。また麦ご飯は子供たちに不評だ。
ただし麦茶にするつもりなら、精麦しなくてもいい。脱穀もせずに炒るだけだ。自家製の麦茶を飲むなんて素敵じゃないか。

小麦は小麦粉に加工しないと食べられない。
小麦は石臼を使って粉に挽き、それを目の細かいフルイに通して、ようやく小麦粉ができる。あまり現実的ではない。
だがウズ丸の自由研究のネタとして使えるという利点がある。社会科の自由研究は、別名で郷土研究と呼ばれていて、郷土にちなんだネタでないといけない。
三重県四日市市は大矢知素麺が有名だから、小麦粉でうどんを作れば一石二鳥だ。

小麦で味噌を作ることもできるが、残念なことにうちは赤味噌派。赤味噌は大豆で作るから小麦は使わない。ただ小麦だったら鶏のエサに使えそうだ。

まだどちらにするかは決めていないが、とりあえず、野口のタネで大麦と小麦のタネを注文した。

2011年10月 7日 (金)

水路掘り

来年はビオトープの大半を畑にしようと考えている。
元は水田なので、このままでは畑にならない。
今日は水路を掘った。水田から流れ込む水を排水しなければならないし、水路から掘り出した土は地上げに使える。
粘土質の土だから、あまりいい土ではないが、今年の冬は麦でも作ろうと思っている。

何年か前に、小麦を植えたことがあった。
冬の間は調子が良かったが、春になって周囲の水田に水が入ると、地下水位が高くなって小麦の根が窒息してしまった。だから今回は地上げしてから麦を作ろうと思っている。
土を掘ったところは逆に、浅くて広い水田のような池にして、マコモ畑にする予定だ。

2011年10月 6日 (木)

生徒会副会長

ウズ丸の中学校では、後期の委員決めがあった。
委員会活動は部活に支障が出るので、何もしないつもりだった。
だが、委員をやっていない人の中から誰かを、生徒会役員に立候補させるという話になってしまった。
誰も立候補する人はいなかったが、ウズ丸が推薦されてしまい、クラスから立候補しなければならなくなった。
他クラスから立候補した生徒と選挙ななったが、残念なことに1位で当選。副会長をすることになった。
自ら立候補した人がいるのに、推薦で立候補させられたウズ丸が副会長をしなくても…。

そういえば、選挙当日になって生徒会に立候補したいと名乗り出た生徒もいたそうだ。投票の準備もあるし、ルール違反ということで却下されたが、なぜ初日に立候補してくれなかったのか。

朝からビオトープの草刈りをした。10aほどの休耕田だから、かなりの重労働だ。
刈った草は燃やさないとトラクターの刃に引っかかって土が耕せないので、草が乾いたら焼いて処分する予定だ。

2011年10月 5日 (水)

納品

パソコンを納品した。パソコンは中古のDELL OptiplexGX620、ディスプレイはI-O DATA LCD-A173Kだったかな。
インターネットの設定をして、プリンタドライバをインストールし、DVDのコピー方法を説明した。
IEのお気に入り、OEのメール、アドレス帳なども引っ越して作業完了。
USBメモリや、電源タップ、MicrosoftOffice2003なども含めて40,740円なり。

2011年10月 4日 (火)

ハチの駆除

スズメバチの駆除を依頼された。
現地に出かけると、庭木の枝の中にコガタスズメバチの巣があった。
朝、日が当たって気温が上がると、たくさんのスズメバチが飛び交い、恐くてしかたがないということだった。

この時期、スズメバチは女王蜂が交尾のために、派手に飛び交うことがある。
だがコガタスズメバチは、オオスズメバチやキイロスズメバチに比べるとおとなしいのでたいしたことはない。
手拍子やバスケットボールの音に興味を示すようで、人に近寄ってくる性質があるものの、刺したりはしない。
半月もすれば営巣も終わって、働き蜂は解散するし、翌年、巣を再利用することもない。

こういったことを説明すると、駆除をあきらめてくれた。益虫だから、できれば駆除しない方がいい。

2011年10月 3日 (月)

コメリレポート

昨日の大会の帰り道、せっかくの遠征だからと、ホームセンターを巡回することにした。
コメリの芸濃店、安濃店、白塚店あたり。

今年も298円の挿し木苗が出ていた。
品種は昨年と同じ、Bluegem(RE)、Brightwell(RE)、Nobilis(RE)、これに加えてBlueshower(RE)。
Blueshowerは接ぎ木の台木としてオススメ。

Baldwin(RE)の中苗が出ていた。なかなか見かけない品種で、晩生品種としておすすめ。
700-1000円の5号ポットに植えた苗もたくさんあった。Maru(RE)の苗がちょっと珍しいかも。
サザンハイブッシュ系の苗も充実していた。
Misty(SH)、O'Neal(SH)、Sunshineblue(SH)に加えて、CapeFear(SH)、Cooper(SH)、Georgiagem(SH)などの新顔があった。

2011年10月 2日 (日)

T杯・2日目

T杯2日目は前日の結果を元にしたトーナメント戦となる。34Kは初日を2敗しているので、1回戦は1位と対戦することになる。
#4は昨日の打撲を隠してプレイしていたものの、すぐに監督にバレてベンチへ下げられた。
1-2年生だけで戦い、大差がついているので、相手チームもメンバーを下げた。
ウズ丸は楽にプレイすることができて、ミドルシュートで2得点。
この試合に敗れ、あとは交流戦となった。

2回戦は交流戦扱い。相手は監督の師匠率いるSSが相手だった。知った仲ということもあり、双方が最初から1-2年生だけのベンチ対決だった。
ベンチからの指示は、1vs1で逃げるなというものだった。ウズ丸が好みそうな指示だ。ドリブル突破からのシュートを10本以上狙っていた。
強引なレイアップも目立ったが、アシストも多くていい感じ。
スタート直後から得点を重ねて2桁得点を記録した。

2011年10月 1日 (土)

T杯・初日

34Kは隣地区でT杯に出場した。
地元TJrには全中に進んだチームが含まれている。まったく歯が立たずに敗れた。
この試合で#4が足を打撲してしまった。しかも今大会は、#5が欠席だという。

ウズ丸はハンドチェックと、動き回ることだけを指示した。
得点はなかったが、きちんと機能していたし、堂々としたプレイで悪くなかった。
2試合目は競った試合ではあったものの敗れた。競っていたので、ウズ丸は出番なし。

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

最近のトラックバック