« I-Oの17インチLCD | トップページ | 引越し祝 »

2011年9月26日 (月)

ポポーチャレンジ2011

先日、ポポーの実が届いた。注文したことをすっかり忘れていた。
これを食べないといけないと思うと憂鬱。
昨年取り寄せたポポーがまずかったので、今年は誰も食べたくないのだ。
ただし今年は品種がちゃんとわかっている。去年食べた実は、実生苗で苦味もあっておいしくなかっただけかもしれない。

Pawpawpm2

品種はペンシルバニアゴールデンとミッチェルだ。
ポポーの皮をむき始めると、危険を察知して子供たちが逃げていった。どうやら私が食べるしかないらしい。

…あれ? そこそこおいしいじゃん。
結局、アイスクリームと混ぜて全部食べた。
アイスに釣られて子供たちも戻ってきたが、たまに食べるなら、なかなかおいしいという評価だった。
ま、バナナ買った方が安くておトクだと思うけどね。

« I-Oの17インチLCD | トップページ | 引越し祝 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

うふふ、そこそこ美味しかったですか。良かったですね。
種は蒔いたのですか?(笑)

やだなあ、タネなんてまくわけないじゃないですか。
名前を書いて冷蔵庫に入れただけですよ。

ところで、ポポーが品種によっておいしいとなれば、
フェイジョアさんも再検証しなければなりません。

>ところで、ポポーが品種によっておいしいとなれば、
フェイジョアさんも再検証しなければなりません。

あはは、今年も新たな発見&ハマり、おめでとうございます(^m^)
フェイジアも品種差はかなりありそうですものね。それから追熟の具合でも美味しさが全然違うみたいですよね。
いつかKOHさんが最高に美味しいと感じる品種と、その追熟タイミングがわかったら、また記事を楽しみにしておきますね。


フェイジョアは昨年食べて、あまりおいしいと思わなかったので植えるつもりはありません。
ただ味見の前に植えてあった株がありまして、アポロとトラスクとトライアンフなどが5-6本あります。
それから昨年わかったのですが、叔父がフェイジョアを育てているそうで、年末になると大量にもらえます。品種はマンモスだったかな。

アポロ、マンモスは植えている方がいらして美味しいと言います。

私が去年いただいたフェイジアの実は、『フェイジア』と書かれていた品種不明の苗だったそうです。
でも、ラビットアイの『大実ブルーベリー』と言う名称がグロリアである様に、ただフェイジアと書かれているものはそんなに品種がたくさんあるんでしょうかねぇ・・?

全然関係ありませんが、今日園芸店でサザンハイブッシュの『パシフィックブルー』の苗を見かけました。名前を見ただけでBB病が出てグラっと来ましたが、ノーチェックの苗でしたので、う~ん・・、と唸って帰りました。いったいどんな苗だったのでしょう???

大実なんてただの売り文句だと思います。
フェイジョアはブルーベリーと違って、挿し木が難しいですから、品種不明の苗には実生苗が多いと思います。
実生苗ですから、ポポーと同様、品種を同定できる可能性は低そうです。

パシフィックブルーはタキイが販売している品種で、商標について調べると、ある方が商標を持っていることがわかります。
その方は著名な品種に勝手に登録商標する困った人です。まるでミノウシリーズのように、フェイジョアで同様のことをやっていますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/42191140

この記事へのトラックバック一覧です: ポポーチャレンジ2011:

« I-Oの17インチLCD | トップページ | 引越し祝 »

最近のトラックバック