« 植物の育成 | トップページ | 新しいカーナビ »

2011年8月 3日 (水)

ジャンクなUPS

先日、UPS(無停電電源)の新しいバッテリを購入した。それを使って古いUPSの中から動く個体を選別する作業を続けている。作業風景はこんな感じ。

Todayworkups

Yahoo!オークションなどで出回っているUPSは、バッテリだけが寿命のように記載されているものがほとんどだが、実際には本体ごと壊れているものが多い。
特に専用のシリアルケーブルで接続するような古いUPSは故障率が高く、新品のバッテリと交換してもほとんどが動かない。動いたと思っても、動いたフリをする個体さえあるからウザい。
私がどんな苦労をしているかはメモを見ればわかる。

Todayworkcaution

ネットオークションに出品されているのはたいてい本体だけで、同梱の専用ケーブルが出品されていない。専用ケーブルがないと、PCが停電を検知するソフトは機能しない。停電してもしばらくパソコンが使えるというだけだ。

新しいバッテリを買うと8,000円、専用ケーブルは5,000円もかかる。
合計で13,000円も出すなら、新品でUSB接続のUPSを買った方がいいし、中古のいいノートPCが買えるはずだ。

« 植物の育成 | トップページ | 新しいカーナビ »

お仕事」カテゴリの記事

コメント

APCのシリアルケーブルって、普通のシリアルケーブルに見えてちょっと特殊なんですよね。
でも、極楽プログラマさんなら配線見て同じの作れるのでは?

自作すると、ケーブルが悪いのかUPSが悪いのか判断に苦しむことになりそうです。
一応、APC製の接続ケーブルは手持ちがあるのですが、今回のUPSはOMRON製だったので手持ちがありません。
OMRONの通信ケーブルは、機種ごとに10種類近くあってさっぱりわかりません。今回の仕事では、結局、オムロンダイレクトで購入しました。
http://www.omron.co.jp/ese/ups/direct/ups/option.htm

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/41087198

この記事へのトラックバック一覧です: ジャンクなUPS:

« 植物の育成 | トップページ | 新しいカーナビ »

最近のトラックバック