« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月31日 (日)

盆栽棚の追加

今日は家族で草バスケ。
ウズ丸のチームメイト2人を連れて行ったが、少しずつだが確実にうまくなっている。

草バスケが終わってから、昨日に続いて今日もディオワールドに寄った。
車が小さいため、盆栽棚1.0m@1,780円、コンクリートブロック@195円×2を積み込むのが限界だった。

ツノ丸は一日、KN高校と練習試合だった。
相手チームには、知っている3年生が多く残っていた。元NA中学の#4、つまりツノ丸が1年生の時のキャプテンや、ミニバスYAK時代の先輩たち。だが特に問題なく勝利。

2011年7月30日 (土)

鉢棚

裏庭から砂利を除去したら、地面の土がずいぶん減ってしまった。
でも大丈夫。先日の洪水で道路の上には数cmの砂が積もっている。道路の砂をさらってきてまいた。
地面がきれいになったところで、次は台を作ろう。

ディオワールドで、盆栽棚1.0m@1,780円×2、コンクリートブロック@195円×4を買ってきた。
これをブロック塀の内側に置いて鉢棚を作った。
鉢を地面ではなく、棚の上に並べることで、ブロック塀の上に植物が顔を出す。こうすることで道の外から植物が見えるようになる。少しは生垣らしく見えるだろう。
ブルーベリーの鉢の中から、実がなっている鉢を選んで並べたが、1.0m×2枚では7鉢が限界だった。
雰囲気も良さそうなので、もう少し棚を買い足す予定だ。

ここにはコービーという番犬がいるので、鳥は来ないはず。
コービーは骨折して行き倒れになっていた犬を引き取ったのだが、人によく懐くし、番犬としても活躍している。
鶏はもちろん、ツバメのヒナが落ちてきても危害を加えないし、鎖につながなくても、空っぽの植木鉢で囲んでおけば、あまり脱走しない。

ツノ丸は一日、練習試合だった。MS高校が相手だったが、特に問題なく。
写真は後日。

2011年7月29日 (金)

BBで生垣

緑のカーテンに気を良くして、裏庭にも鉢植えを並べて生垣を作ることにした。
裏庭の地面には砂利が敷いてある。ここは犬の運動場だが、我が家の犬は砂利が大嫌い。せっかくなので砂利も取り除くことにしよう。
砂利をシャベルですくい取ってフルイにかけ、土を取り除く。砂利は洗って庭に敷き、土は元の場所に戻す。時間がかかりそうだ。

ブルーベリーを半月ぶりに収穫した。
この時期、ブルーベリーの収穫の8割はTifblue(RE)とPowderblue(RE)だ。たくさん収穫できるが、さほど実が大きくないので収穫が面倒だ。
この日の収穫は400gほどだった。収穫が早すぎたようで、味はイマイチ。
Bbharvest110729

2011年7月28日 (木)

緑のカーテン

軒下に網を吊るしたので、ブルーベリーで緑のカーテンを作ってみた。
使ったのは、Bluegem(RE)、Delite、Ochlockonee、Powderblue、Tifblue、Whituの10鉢。
私の部屋は元々、日が差し込まないのだが、地面からの照り返しがきつかった。それがずいぶん抑えられるようになって効果的だ。

品種が怪しいコメリWhitu(RE)と、Delite(RE)を味見した。大粒でなかなかうまい。

Bbbirdnet

2011年7月27日 (水)

カスミ網

防鳥ネットが届いた。思っていたより派手でカスミ網ほどの効果はないと思う。大きさは9.0m×3.0m。
開封したら、まずは網の端の処理。上端を軒下に吊るすため、網目二つ分を太めのテグスのような糸で束ねて強化した。
それから網の左右には、ある程度の重さが欲しい。パソコンに使うマウスのケーブルがよさそうだ。不要なマウスを解体して、ケーブルを外して網の端に通した。

こうしてできた網を軒下の雨樋の支えのところに吊るした。
吊るしただけの網は隙間だらけだ。だが鳥が入るときに網を覚えていても、逃げるときには覚えていないだろう。
隙間から網の中に入った鳥が、驚いて飛び立つときに網に絡むんじゃないかと思っている。網の目の大きさもヒヨドリにはピッタリだ。

ちなみに我が家にはたくさんのスズメが来る。スズメは鶏のエサをついばんでいるだけで、ブルーベリーは食べないようだ。
いつも鶏小屋の中に入っているので、気が向いたら焼き鳥にできる。

2011年7月26日 (火)

博物館で作業

某博物館にて作業。
先に送ってあった荷物の梱包を解いて、片っ端から設置していく。

が、作業は終わらなかった。
中古で手に入れたUPS(無停電電源)の調子がおかしいようだ。電源切断と同時に、そのままバックアップもせずに終了する。UPSの意味がない。
これを交換しないとどうしようもない。できるところまで作業を進めて、とりあえず引き揚げることにした。

ブースの中には、デバグ用のブラウン管ディスプレイが隠してあったが、新しく液晶ディスプレイを持ち込んだのでいらないだろう。
ブース裏の空間は限られているので廃棄処分にしてもらった。

2011年7月25日 (月)

集中豪雨

朝からひどい雨だったが、午後になったらもっとひどいことになった。
車で道路に出たが、水田のイネの頭だけ残して川になっている。ちなみに右から左に流れている。車を進めると大きな魚が逃げていく。

Kozui110725

ツノ丸は大雨洪水警報の中、バスケ部の打ち上げとやらで四日市の中心部に出かけた。駅から焼肉屋までの道が雨で水没していたという。
家がこんな調子なので、ツノ丸は最初からビーチサンダルをはいて家を出ている。おかげで困ることはなかった。

ツノ姉は部活から帰宅する途中、駅までの道が川になっていて、マンホールのフタが浮き上がっていたとのこと。電車がなんとか動いていたのはラッキーだった。
駅まで迎えに行ったが、県道は水没して封鎖されていたので回り道。回り道の途中にある家は敷地から車を出すこともできなくなっていた。

ウズ丸をバスケの練習に送って行こうとしたが、道が水没していた。やむなく欠席の連絡を入れた。
通勤に使っていたJRも通行止め。家の近くの高速道も土砂崩れで通行止め。

2011年7月24日 (日)

荷作り

来週は某博物館で作業することになっている。
作業に必要なものは、箱詰めして宅急便で送り込む。
パソコンと液晶ディスプレイ、小型のキーボードにマウス、UPS(無停電電源)、電源タップ、シリアルケーブル、ドライバ、ごみ袋、折りたたみイス、USBメモリなどを三つの箱に詰めて発送した。
荷物を箱から出すと、箱は仮設パソコン台として使えるようにしたり、箱に余裕があるなら、予備のマウスなども用意しておく。

2011年7月23日 (土)

ヒヨドリさん

今日も我が家のブルーベリーに鳥が来ていたそうだ。どうやらヒヨドリらしい。
仕事が忙しいためどうしようもない。あと数日分のブルーベリーは鳥にくれてやろう。

だが仕事が終わったら、防鳥網を張るから覚悟するがいい。
カスミ網のような防鳥網だと、鳥がからんで見苦しい。
だから視認性の良い防鳥網がよく使われているが、鳥に隙間が見えていると、隙間がないようにびっしりと張らねばならない。カスミ網のような網だったらアバウトに張っても大丈夫。
もし網に鳥がからんだら食ってやろう。

2011年7月22日 (金)

鳥害

ラビットアイ系のブルーベリーが色付いてきたが、もう数日待ってから収穫する予定。
と思っていたが、夕方見たら1粒も残っていなかった。
犯人はたぶん鳥。やられた…。

うちのブルーベリーは、縁側に番犬のレジーがいるから大丈夫と思っていた。
収穫期が早いハイブッシュ系では効果的だったが、ラビットアイ系品種は真夏の暑い時期に収穫する。
ウチのレジーはブルーベリーのある縁側ではなく、もっと涼しい場所で涼んでいた。

Reggieroaf

さて、明日からどうしたものか…。

2011年7月21日 (木)

中体連

中体連の試合は、MT中学が相手。
ゾーンプレスに対して顧問の先生がとった方法は、ウズ丸を一人置いて、残り4人を前線に走らせるというものだった。
オールコートプレスは何とかなっても、ゾーンプレスは一人では苦しい。
ハーフまでは進めるが、ハーフラインを越えたあたりで3人目が待ち構えていて、ラインを使ってつぶされた。
ウズ丸は2分ほどでベンチへ。
試合は予想通りの大敗で、3年生は1勝もできずに引退となった。

2011年7月20日 (水)

BB実生苗

台風6号はゆっくりと進んでいるようで、なかなか来ない。雨戸を閉め、鉢植えの植物は風を避けるために軒下にびっしりと並べた。

Bbtaifoon6

ブルーベリーの鉢を移動させていたら、庭のあちこちにブルーベリーの実生苗が生えていた。せっかくなので鉢上げした。
Dixi(NH)やSharpblue(SH)の鉢に生えていれば、その子供だということがわかる。地面に生えていた苗だと親品種はわからない。いくらでも鉢上げできたが、嫁が恐いので10鉢でやめておく。

Bbdiximisho

そういえばイチゴの実生苗もあった。
さちのかの子供だと思うが、これも何となく育ててみることにした。味はどうでもいいから、丈夫な品種だといいのだが。

2011年7月19日 (火)

台風に備えて

台風6号が近付いている。
日中、風は強いが雨が降っていない時間があったので、風で飛びそうなモノに重石を載せた。

台風前にスイカを収穫した。今年の初物だ。2個収穫する予定だったが、1個は割れていたので廃棄。
うちはお盆前に収穫を合わせているので、これからたくさん収穫できる予定だったが、台風でダメになるかもしれない。

Suika110721

夏野菜も収穫したかったが、そこまで手が回らなかった。
トウモロコシは、まだ台風が来ていないのに既に斜めに倒れていた。
地植えのブルーベリーも実が重そうだ。
接ぎ木したばかりの苗木はなるべく塀際に置いたが、風に耐えられるかどうか。

2011年7月18日 (月)

ウズ丸審判

深夜の03:00に起きて、ビール片手になでしこJAPANの応援。ツノ丸も眠そうだったが、無理やり起こした。
なでしこJAPANが見事な優勝を決めて大満足。

ウズ丸たちは練習試合でMD中学に遠征した。
天気予報の降水確率は一日中100%となっていたが、朝は雨が降っていなかった。
一日中、MD中学を相手に、A戦とB戦、1年生の試合が組まれていた。
ウズ丸はA戦とB戦に出してもらった。さらに、MD中学の顧問の先生は、あまりバスケを知らないとのことで、1年生の試合はウズ丸が審判を務めた。
審判を含めると、全試合に出場したことになる。
試合はNA中学の全勝だった。

台風に備えて庭を片付けた。鉢植えの植物はすべて軒下に移動し、風で飛びそうなモノは重しに石を載せた。
自転車なども風が当たらない場所に移動した。ツノ丸と共に作業したが、2時間以上かかった。

2011年7月17日 (日)

1年生大会

ツノ丸たちY高校は、この日が1年生大会の二日目だった。
男子は簡単に敗れてベスト16。女子はOTを二度も繰り返し、最後に逆転を許してベスト8だった。
男子と女子ではずいぶん強さが違う。特に男子のヘタレ#4と、女子の#4は能力が段違い。そういえば、二人とも同じYAKのPGだったっけ。
YAKは当時、男子が県ベスト16、女子が全国大会まで行ったくらいだし。

今夜はサッカーのワールドカップ決勝をテレビ観戦するため徹夜する予定だ。
シメサバとサラミと、カマンベールチーズとクラッカー、ポテチに柿の種、それからビールと烏龍茶とジュースを買い込んだ。
ツノ丸も深夜に起きて観戦する予定だ。

2011年7月16日 (土)

練習試合

ウズ丸たちは練習試合。先日、ようやく引き分けたN中学が相手だった。
この日は相手チームの#4が故障中で、プレスをかけて来なかったので、ウズ丸はベンチで観戦。
N中学は#4不在だと、試合を組み立てられないらしく、簡単に初勝利。
ただの練習試合だし、実力でもないので感動も何もなく…。

ウズ丸は続くSG中の試合に出してもらった。
顧問の先生から、ボールを運べという指示を受けていたため、シュートは打たず、PGに徹していた。
ディフェンスだけなら体力に余裕がある。
ドリブル好きな敵PGのボールを狙って何度もスティールを成功させた。
速攻を出して先輩たちの得点を稼ぐだけで、ウズ丸はパスに徹している。すると一度だけ、敵がパスを読んで飛び出してきた。
なんのことはない。パスフェイクして自らレイアップ。この試合の得点はこの2点だけだった。

2011年7月15日 (金)

FMV-C6/86LB

先日に続いて、もう1台のFMVにWindowsMeをインストール。
FMV-C6/86LBという機種だったが、これが大失敗だった。
USB端子が一つしか付いていないのだ。
USBシリアルケーブルでCOMポートを増設すると、マウスが接続できなくなってしまう。
本来は専用キーボードかディスプレイにマウスを接続するのだと思うが、今回は本体だけで納品するので使えない。
パソコンの設定作業中はUSBハブでマウスを接続し、納品後はマウスなしで対応するしかない。

インストールの合間に土いじり。とても暑いが、夜はウズ丸をバスケに連れて行くので、早めに済ませた。
ブルーベリーのDarrow(NH)やBrigitta(NH)、イチゴの夏姫などをつまみ食いしながら水やりをした。春先からずっとイチゴの収穫が続いている。
今日は庭の植木鉢以外に、庭の地面や道路、それに畑のサトイモやトウモロコシなど、6.0Lのジョウロで50杯以上の水をまいた。水は用水路に流れているのでタダだ。

2011年7月14日 (木)

クラスマッチ

ツノ丸たちは高校のクラスマッチ。ようするに球技大会。1年生はクラス対抗でバレーとサッカーをするらしい。
ツノ丸はサッカーを選択した。クラスにサッカー部が二人いるので、これを生かす作戦を立てた。
相手はツノ丸が左利きとか、サッカーをやっていたことは知らない。ツノ丸がボールをもらったら左サイドを走って、サッカー部の二人にアーリークロスを上げる予定だった。
だが相手チームにはサッカー部が4人もいて、FWの二人が完全につぶされてしまう。それにディフェンスもツノ丸を入れて、3人で4人のサッカー部を止めるのは難しい。前半だけで2失点、0-2で折り返した。

当初の作戦はあきらめた。ツノ丸がハーフで敵のパスをインターセプト。
そのまま中央を駆け上がり、PAのずいぶん手前から素人GKの頭上を越えるロングシュートを狙った。これがまぐれで入ったが、その後は両者得点がなく、試合は1-2で敗れた。
トーナメントなので負けるとおしまい。来年はバスケをやってくれないかな。

2011年7月13日 (水)

UPS探し

博物館の展示に使うためUPS(無停電電源)を探した。
計画停電のためか納期に時間がかかるようだ。
OMRON BX35XFVの中古と、新品バッテリの組み合わせを買った。
この機種はWindows98には対応していないが、OMRONの電源管理ソフトはオープンソースだから自分で作れそうな気がする。
中古品で送料込み9,000円程度。新品を買ってもよかったか。

2011年7月12日 (火)

WindowsMeインストール

FMV-C6/865のケースを開けて、モデムやLANカードを外した。不要なカードがあるとそれだけ余分に熱が出る。
内部をブロアでクリーニングし、さらにジャンク箱にあったメモリを増設して192MBにした。
WindowsMeをインストールし、電源を改造して、外部機器からの信号で起動できるように改造した。

UPS(無停電電源)が必要だ。博物館は建物の電源を一斉に落とすから、そのままだとWindowsが異常終了することになる。
これを避けるために、UPSで電源が落ちたことを検出し、Windowsの終了処理を行なうというわけだ。
Windows98/Meに対応するUPSは、既に生産が終わっている。もしかしたら調達が難しいかもしれない。

2011年7月11日 (月)

FMV-C6/865

博物館の展示に使うため、中古パソコンを手に入れた。
機種はFUJITSU FMV-C6/865というものだ。展示に使われていたPCは、FMV-6750CL7sだから、出荷時期も近い。
ケースにはWindowsMeのシールが貼られているから、Windows98も動作するはずだ。
同時にWindowsMeのインストール用CD-ROMも念のために3枚ほど手に入れた。シリアル番号しかいらないのだが、ライセンスシールはCD-ROMに付いているからしかたがない。
メモリが128MBしかないので、増設したいところ。

2011年7月10日 (日)

全員バスケ

今日は家族で草バスケに出かけた。置いてけぼりにされた、NA中学のバスケ部の1年生も一緒だ。ただし、ツノ丸は1年生大会、ウズ丸は強化練習試合で共に不在。

ウズ丸たちNA中は、予選リーグ初戦のNS中に勝利。
次の相手、M中学はゾーンプレスが得意で、いつもダブルスコアで負けているそうだ。
顧問の先生の予告通り、ここでウズ丸が試合に出た。
いつもなら2年生のPGがボールを運ぶが、今日はウズ丸がPGを務めることに。
ウズ丸はボールをキャッチするタイミングで体をずらし、体当たり気味のドリブルでボールを運ぶ。敵のプレスはファウルを積み上げるだけで、完全に無効化された。

ウズ丸は顧問の先生に攻めるなと言われているので、フリーになってもシュートを打たなかった。そのうち相手チームもウズ丸には寄ってこなくなった。
すると先輩たちがウズ丸に対して「フリーならシュート打て」と言い始めた。
ウズ丸は「フリーなら」シュートを打てと言われただけだが、どうやらオフェンス解禁と勘違いしたようだ。
ウズ丸が立て続けにシュートを入れると、さすがにディフェンスが寄ってくるようになった。
結局、ウズ丸は前半だけで3本ほどシュートを入れた。
後半になると、ウズ丸には相手の#4がフェイスガードで付くようになり、ウズ丸はシュート1本に抑えられた。
とはいえ試合は終了直前までリード。最後に相手にフリースローを与えて引き分けに持ち込まれた。残念。
TW中にはなぜか不戦勝で、予選リーグは2位通過となった。

トーナメントの初戦は、前半で敗戦ペース。後半途中からウズ丸が出て点差を詰めたものの、ベスト4には残れなかった。
顧問の先生は、ウズ丸に対して「もう今日は試合に出さないので、休んどけ」とのこと。あとの2試合は順位にも関係ない。ベンチメンバーで戦って、いずれも敗れたようだ。

ツノ丸たちY高校は、きっちりと2勝。無事に3回戦に勝ち上がった。

2011年7月 9日 (土)

強化練習試合

ウズ丸たちは、他地区の強化練習試合に招待してもらった。
リーグ戦の順位でトーナメント位置が決まり、賞状なども用意されており、大会のようになっている。
遠くて交通費がかかるし、大会ではB戦もできないかもしれない。そんなわけでユニフォームを渡されなかった1年生は来なくていいそうだ。

ウズ丸は試合での役割がきちんと決められているようだ。試合中のプレイについても細かな指示を受けているらしい。夕方、家に帰ってから先輩たちに迷惑をかけないように少しだけ練習させた。

ビオトープで、昨日刈った草を燃やした。
草を集めるために、腰をかがめるのは大変だ。軽いレーキが欲しい。夏のうちに買っておこう。
地植えのブルーベリーの根元を、落花生の殻で覆ってみた。コガネムシが入るといけないので防草シートを置く予定だ。

2011年7月 8日 (金)

BB端境期

明日も仕事が入っているため、ブルーベリーを収穫した。
重さは250gほど。一ヶ月ほど続いたハイブッシュ系品種の収穫は、そろそろ終わりのようだ。
もう少しするとラビットアイ系品種の収穫が始まるのだが、それまでちょっと間が空いてしまうのが残念。
Caroline(NH)とElliott(NH)を試しているが、まだ木が小さいため、たいした収穫はない。
むしろラビットアイ系の早生品種を増やした方がいいかな。Brightwell(RE)は数を増やしつつあるが、できればVernon(RE)が欲しい。

夕方、ビオトープの草刈りをした。

2011年7月 7日 (木)

菊鉢10号

植木鉢は、小さなものはスリット鉢、大きなものはアイカのプラ菊鉢を使っている。
だがここ2年ほど、アイカの菊鉢の不良率が高くて困っていた。特に10号鉢は熱で歪んでいたり、底が割れていたりと散々。
カインズホーム桑○店には、不良品であることを何度か指摘したのだが、ずっと店頭に並べ続けていた。客も底が割れた植木鉢なんて買わないから、ラベルも茶色に変色していた。
その不良品の在庫がようやく尽きたようだ。新しいロットが入荷していた。
菊鉢10号@278円×10を購入した。
この菊鉢は安くて助かる。不良品さえなければ…だけど。

2011年7月 6日 (水)

ロシアンルーレット

ツノ丸は今日も弁当と一緒にブルーベリーを持っていった。
今回はSpartan(NH)が終わって、Darrow(NH)なども混じっているので、すっぱい実が混じっている。
味はイマイチなはずだが、こっちの方がウケるらしい。

2011年7月 5日 (火)

ゲーム形式

ウズ丸たちのバスケ部では、試合形式のゲームをした。
3年生4人が順番に選手を選び、4チームを作ってトーナメント戦をしたそうだ。
二人の3年生は、それぞれレギュラーの2年生を選択した。ウズ丸は副キャプテンによって3番目に選択された。

副キャプテンチームには、ウズ丸を含むチビGが3人と、太めゴール下が得意な1年生が組まれた。
初戦の相手チームは、レギュラー順に選択したのでPGがいない。それを見たウズ丸がゾーンプレスをかけた。圧倒的な強さでまず1勝。

続いての対戦相手は、3年生+2年生×4人。再びオールコートプレスをかけるが、身長差があって上からパスを通されてしまう。
だがどうしてもプレスをかけたかったようで、そのまプレスをかけ続けた。プレスには失敗しても、全員がきっちりとスクリーンアウトしてリバウンドで圧倒。
相手チームはスクリーンアウトしない上、切り替えも遅い。リバウンドからの速攻など、相手の高さに速さで対抗した。なんとか2勝して無事に優勝した。

2011年7月 4日 (月)

弁当にBB

ツノ丸が弁当と一緒にブルーベリーを持っていった。
量が多かったのでクラス中に配って回ったそうだ。
大粒なのはChandler(NH)とSpartan(NH)、中粒がBrigitta(NH)、小粒なものは、丸っこいShrapblue(SH)と平たいRancocas(NH)あたり。
それなりに評判が良かったようだ。

2011年7月 3日 (日)

タネまき

先日いただいたヤマモモの実を食べ終えたので、タネをまくことにした。
私は庭の端に筋状にまくことが多いのだが、最初にまこうとした場所からは、見慣れないタネが出てきた。
そういえば去年、ここにはヤタイヤシのタネをまいたっけ。

そう思って今度は別の場所を掘ってみたが、そこからもカキみたいなタネが出てきた。これはポポーだな。
そんなことを繰り返して、ようやく日当たりの悪い場所にタネを埋めることができた。
すぐに芽が出るものだったら、ビニールポットや植木鉢にまくこともできる。だがヤマモモの芽が出るのは来年の春。水やりも大変なので、いつもそこらの地面にまいている。
これからはちゃんとラベルを立てなきゃなあ…と、毎回思うだけ。立てたためしがない。

2011年7月 2日 (土)

練習試合

ウズ丸たちは練習試合。ウズ丸は4試合中2試合でPGを務めた。
試合には勝てなかったものの、ウズ丸が入るとターンオーバーが激減し、点差がずいぶん縮まった。
顧問の先生がウズ丸をどのように起用するつもりなのかわかってきた。手の内を隠しているということもわかった。ただそれでも、中体連の大会で勝つのは大変そうだ。

ブルーベリーは、満を持してDarrow(NH)とDixi(NH)を収穫。これはうまいな。

2011年7月 1日 (金)

PC-9801RX

博物館の展示で使うWindows98のパソコンを探さねばならないのだが、この件について先方から連絡があった。
ちょうど余っているパソコンが1台あるから使ってくれとのこと。
だがそのパソコンはPC-9801RXだった。16bitCPU搭載、20世紀のビジネスパソコンだ。
この件を担当している人たちは、Windows98とPC-98さえ区別できないようだ。
先日、修理に時間がかかる理由を説明させてもらったが、この様子だと1割も理解できなかったのではないだろうか。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

最近のトラックバック