« 今年の布陣 | トップページ | ハイドランジア »

2011年6月 3日 (金)

草刈り

子供たちが大きくなって、ほとんど手つかずになっているビオトープの草刈りをした。
池になっているところは、オタマジャクシがたくさん泳いでいて、ビオトープとしては機能しているようだ。

だが、池になっていない湿地部分は雑草が生えているだけ。こんなに広い土地なのにもったいない。何とか有効に活用したいところ。
何度か作物を植えたことがあるが、春になると周囲の水田に水が入る。地下水位が上がるため、小麦すらまともに育たなかった。畑にするためには、土を入れて土地の高さを上げないといけない。
一部は黒ボク土で埋め立てて、ブルーベリー畑として使えるか実験中だ。50cm以上も埋め立てているから、これは成功するだろう。だが黒ボク土を入れる労力が問題になる。

高畝でフキを植えてみたが、夏の草取りがとても大変。同じく高畝で植えたクリは不調。ゼンマイも不調。トウモロコシもダメだった。
サトイモはよく育った。クサソテツ(コゴミ)もまあまあかな。
水田にして植えたマコモはよく育った。古代米は脱穀が面倒だった。

« 今年の布陣 | トップページ | ハイドランジア »

園芸」カテゴリの記事

コメント

オタマジャクシ、懐かしいですね。
実家の池に食用ガエルが居て、夜になるとでかい声で鳴いてうるさかったけど、何年も効かないとたまには聞いてみたくなる。
この辺ではオタマジャクシをナカナカ見る事が出来ないです。
蛍も、ちゃんと保護している所があってそこにはいるらしいですが、この辺では見かける事はありません。
蛍やオタマジャクシが居るような環境は作物にも良いでしょうね。

ビオトープにはホタルがいないのですが、すぐ近くの川には、たくさんのゲンジボタルが飛んでいます。
もう少しすると、ヘイケボタルが見られるようになります。
ヘイケボタルは水田の近くの草むらにたくさん集まって、蛍玉も見られますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/40268126

この記事へのトラックバック一覧です: 草刈り:

« 今年の布陣 | トップページ | ハイドランジア »

最近のトラックバック