« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月30日 (木)

ヤマモモ「秀峰」

ヤマモモを育てている方に、ヤマモモの実を送ってもらった。品種は秀峰。
まだ未熟だと聞いていたが、酸味の強い瑞光と比べると秀峰はずいぶん甘いし、やわらかくてジューシー。実も一回り大きいようだ。

おまけとして収穫したばかりのブルーベリーが1kgほど入っていた。全体的に大粒の品種が多い。中にはこんな実も混じっている。

Bb500yenakaju

ブルーベリーなのに500円玉より大きいって…。
品種は、Nui(NH)、Chandler(NH)、Toro(NH)、Reka(NH)、Puru(NH)、Sierra(NH)、Nelson(NH)あたり。
半分以上がNZ品種だとか。

2011年6月29日 (水)

#19

NA中のバスケ部は、3年生が4人、2年生が14人以上いる。
そのため、ウズ丸たち1年生は体育館を使えず外練習ばかり。練習メニューは、ウズ丸が勝手にやらせていいことになっている。
そのためウズ丸はレギュラーと一緒に練習をすることはないのだが、練習試合になると時々、出場させてもらっているようだ。
特にキャプテンが大目玉を食らっているときは、必ずウズ丸がPGを務めている。

来月には中体連の夏の大会があるので、その大会を前にユニフォームが配布された。
ユニフォームは18枚しかないので、不真面目な2年生の何人かはユニフォームが配布されなかった。
そして#19はウズ丸の手に…。

※バスケの背番号は普通、#1~#3が欠番。

2011年6月28日 (火)

山椒の実

山椒の実の佃煮は大好物。いつか自分で佃煮を作ろうと、何度も山椒を育てているのだが、うまく育たない。
一昨年はコガネムシの幼虫にやられて枯れてしまった。昨年、新しいものを植え直したが、あまり調子がよくないようだ。
今年の収穫は14粒だったかな(笑)。

ふと立ち寄ったJA四季菜に、山椒の実が売っていた。1パックたったの120円。2パック買っても240円だ。
写真は我が家で収穫した…14粒の実に、買ってきた2パックの実を混ぜたものだ。

Sansho120yen

ツノ丸いわく「20年間、毎年2パック買い続けても苗木の方が高い」とのこと。
その計算は正しいが、そういうのは夢がないし、そもそも嫁がいないときに言ってくれないかな。


2011年6月27日 (月)

初姫の交配

花菖蒲の「初姫」が開花した。
濃い桃色の花はあまり多くない。種子を採って自分だけの品種を作るのも楽しそうだ。
撮影後に交配したが、花が少し奇形なのか雌しべが一つしかなかった。交配は失敗かもしれない。
二番花に期待したいところ。

Hshatsuhime

2011年6月26日 (日)

BB収穫メモ

ブルーベリーを収穫した。500gほどあった。
まだ主力はDuke(NH)とO'Neal(SH)だが、本日の収穫がピークで後は下り坂。これにChandler(NH)とSpartan(NH)が続く。

ここ数日、気温が一気に上がって連日30℃を記録したが、それに焦ったのか、Darrow(NH)、Dixi(NH)、Elliott(NH)といった晩生ハイブッシュまで色付いてきた。
晩生品種は酸味が強いので、さらに一週間ほど待ってから収穫する予定だ。完熟の大粒果、King of fruits 'Darrow'は味わうことができるのだろうか。

2011年6月25日 (土)

LEGOでコイル巻き

朝からLEGOブロックを使って、ちょっとしたギミックを作った。
床のラインに沿って荷物を運ぶ装置や、電磁石のコイルを巻くための装置など。
LEGOブロックで遊んでいて給料がもらえるなんて、なんだかラッキーだなあ。

夕方、気になっていた鉢物の植替え。
接ぎ木のブルーベリーを3鉢、挿し木のブルーベリーを12鉢、マサキを6鉢。挿し木苗は、水管理が大変で、いつも水切れで枯らしてしまう。
とりあえず大きめの鉢に植えておけば、水切れの可能性は低くなる。

2011年6月24日 (金)

博物館

博物館で作業。2003年に納品したシミュレータの様子を見に行った。
現地の復旧は無理だとわかったので、パソコン本体を宅急便で自宅に送って調べることにした。

2011年6月23日 (木)

摘果×3

大苗を養成するための畑で、接ぎ木のGeorgiagem(SH)、Gulfcoast(SH)、O'Neal(SH)に実がなっていた。
そろそろ収穫期だが、収穫のためには防鳥ネットをかける必要がある。
たいした量でもないのでネットをかけるのは面倒だ。今年は木の成長を優先させてすべて摘果した。

Bbtekikash

うちのブルーベリーは自根苗も残っているが、主力品種のほとんどがが接ぎ木苗に置換されている。
Chandler(NH)、Duke(NH)、Spartan(NH)に加えて、来年にはBrigitta(NH)、Georgiagem(SH)、Gulfcoast(SH)、Legacy(SH)、O'Neal(SH)などの接ぎ木苗が10本以上加わる予定だ。

2011年6月22日 (水)

博物館の展示

夏休みを前に、某博物館の展示物が不調との連絡が入った。
私がそれを開発したのは2003年。
たしかWindows98で動作していたはずだ。パソコンの不調はともかく、UPS(無停電電源)などもきっとバッテリーがイカレて機能していないだろう。
大掛かりな作業になりそうだ。
後日、状況確認に伺うことになった。

2011年6月21日 (火)

BB収穫メモ

ブルーベリーのDuke(NH)とO'Neal(SH)の収穫が180gほど。
Rancocas(NH)が少々。Rancocas(NH)は小粒だが甘い。

Bbharvest110621

2011年6月20日 (月)

コレイラナイデスカ

最近、廃品回収のガイジンが、いろんなモノを盗んで回っている。
先日、鶏小屋に立てかけてあった網戸を盗もうとしていた。
ちょうど母に見付かり、母がガイジンを咎めると「コレイラナイデスカ?」と片言の日本語を連発しながら逃げて行ったそうだ。

金属製のU字溝のフタは、とても盗みやすい。重い植木鉢をたくさん並べて自衛しなければならない。フタ同士はネジ留めで連結しておこう。

2011年6月19日 (日)

鉢置き場

草バスケが終わった後、家には帰らずにディオワールドに直行した。溝のフタ@3,480円と青レンガ@78円×10を購入した。

この溝はフタをしてもしなくても不自由はない。だが溝にフタをすれば、その上に植木鉢を並べることができることに気付き、喜び勇んで買いに出かけたというわけだ。
理由を言わずに嫁に費用を請求したが「植木鉢を置くための費用だから自分で出せ」と言われた。バレているようだ。

レンガはタイルとコンクリートの中間みたいな素材だ。少し青みがかった色をしていて、ブルーベリーに似合うと思う。店に行く度に買い足しているので、合計24個になった。
使い道は特に決めていないが、ミツバチの巣箱を置くときに便利だ。

2011年6月18日 (土)

花ひろばの下見

ツノ姉が本屋に行きたいというので、ツノ姉を本屋に置いて、暇つぶしに花ひろばへ出かけた。
目的はアジサイと花菖蒲。ついでに果樹。財布がなかったので、衝動買いの危険は少ない。

果樹コーナーで目に止まったのはジューンベリー。数品種並んでいた。
花ひろばの駐車場には、ジューンベリーがたくさん植えられていて、味見をしたことがある。
食えないことはないが、おいしいとは思わなかった。
この時期、ブルーベリーだってビワだってあるから、たぶん植えることはないだろう。
巨峰のような実を着けたジャボチカバが3,500円だった。たしかにおいしそうだ。

果樹苗コーナー以外でも、ブルーベリーの鉢物がひじょうに多い。
コメリの298円シリーズと同じ生産者の苗や、四季菜と同じ生産者の苗、処分価格のインパルス接木苗など、生産者の異なるブルーベリーが8系統も並べられていた。

花菖蒲はピンク色の品種を探していたが、桜ナントカしかなかった。
ラベルの写真は信用できないし、花がない状態では変えないなあ。写真は自宅で咲いていた花菖蒲。品種は五月晴。探しているのはこういうピンクではない。

Hssatsukibare

帰りにカインズで7号鉢@138円×5を購入した。
ビニールポットが12個入るハーフのパレットを一つもらってきた。

2011年6月17日 (金)

ぎょうへい

先日、芍薬のことを書いたが、我が家には花菖蒲も多い。
集めているわけではないが、母がどこからともなくもらってきて数が増えた。
多くなってきたので、最近は札落ち品種を処分している。

Hsnarihira Hsgoshoasobi

品種は左から、業平、御所遊び。
私はこの業平という品種を、ずっと「ぎょうへい」と思い込んでいた。小倉百人一首で、

「ちはやぶる  神代もきかず  龍田川  からくれなゐに  水くゝるとは」

という歌を詠んだ在原業平(ありわらのなりひら)だと気付いたのはずいぶん後。

「昔、龍田川という関取がいて、ちはやという女性に恋をしたがフラれてしまった。それで今度は神代という女性に恋をしたが、またフラれてしまい、とうとう川に身を投げて死んでしまった。」

という落語があった。

雨の合間にブルーベリーを収穫した。
この時期、収穫ができるのはDuke(NH)とO'Neal(SH)の2品種3本だけ。

Bbharvest110617

この日の収穫は両手にいっぱい、重さは150gくらいだった。粒の大きさは18mm前後でよくそろっていた。

2011年6月16日 (木)

トレーニング

今日は名古屋で仕事だが、朝、エレベータの前でちょっと考える。
今度の日曜日には草バスケの予定が入っている。

「トレーニングのために階段で行こう♪」

そう考えて、元気よく階段を上り始めた。だが私のデスクは23Fにある。
残念なことに10Fで力尽きてしまい、11Fでエレベータのボタンを押した。だがエレベータがなかなか来ないから、その間に体力が回復した。
せっかく乗ったエレベータだったが、15Fで降りて再び階段ダッシュ。
なんとかデスクにたどり着き、クールビズとか言いながらネクタイも外して休憩。

今さらだが、何が間違っていたかわかった。階段を歩いて上れば良かった。

2011年6月15日 (水)

かもしかマラソン2011

ツノ丸にかもしかマラソンの案内が届いていた。
高校生部門はないので、今年から一般の部になる。相手は陸上部だから、さすがに無理だ。
届いたのは招待状ではなくただの案内状。
入賞した次の年くらい招待状でいいのに。
今年のゲストはバドミントンの小椋さんだ。そういえば同じ三重郡出身だ。

2011年6月14日 (火)

鶏さんの事故

ガサツな父が、ビニール紐で鳥小屋を補修したため、その紐が細かく裂けて細糸となり、鶏の足に絡んでいた。
糸が足に食い込んでいて痛々しい。
鶏を捕まえ、食い込んだ紐を切って、傷口を消毒した。だが血流が止まっていたようで、指が一本壊死していた。
ガサツということはこういうことだ。父は反省しているようだが、いつものことで、すぐに忘れる。

2011年6月13日 (月)

BB初収穫

今年、我が家でもっとも早く色付いたブルーベリーは接ぎ木のDuke(NH)だった。
去年に比べると一週間以上遅れている。
去年はO'Neal(SH)がトップだったが、今年はルーキーの勢いが勝ったようだ。
ルーキーといっても買ってきた苗ではない。この株は去年、Homebell(RE)の3年生苗に接ぎ木したものだ。驚くような速さで成長し、たった1年で親株と同じサイズに育った。

Bbduke110614

庭を巡回すると、しおれた新梢が目立つ。シャシャンボツバメスガが産卵した跡だ。しおれた新芽の芯には幼虫が潜んでいるので、摘み取って処分する。

ツバメスガは新芽だけを狙うから、この時期、新芽がない成木はあまり被害を受けないが、挿し木苗や接ぎ木したばかりの苗は被害が大きい。
成木は放置、小さな苗にはオルトランをまく予定だ。オルトランはコガネムシの幼虫にも効く。
実が終わったら、秋までの成長期間にBT剤をまくといいそうだが、使ったことはない。

2011年6月12日 (日)

JAのBB

地元のJA四季菜にブルーベリーの実付き苗が並び始めた。
地元で生産された苗で、今日はSharpblue(SH)だけが並んでいた。鈴なりの実の重さで枝が四方に広がり、直径1m近くになる株が2,500円。5鉢並んでいた。
こんなに大きくても6号鉢。鉢に比べて地上部が大きいから、普通の人なら、すぐに水切れで枯らしてしまうだろう。
買ったら鉢から抜いて、根を崩さずに8号鉢に鉢増しするのがいいと思う。そうしないと、朝に水をやっても夕方までに枯れる(笑)。
店頭では日陰に並べてあった。

よく見ると一鉢だけ、ダイアナ(SH)という謎品種も並んでいた。お値段は1,800円。素性のわからない品種だし、実もロクに付いていない。申し訳ないけどゴミ。
昨年の5月の記事6月の記事を読むと、JAの苗はなかなか良いことがわかる。
去年撮った1,800円苗の写真がこれ。

Bbgeorgiagemtop Bbmagnoliatop

今年はまだ1,800円の苗がないし、品種もSharpblue(SH)だけ。
鈴なりのMagnolia(SH)や、とてもおいしいGeorgiagem(SH)はどこにいった。
今年は小さめの鉢をメインにして市場に出しているのかもしれない。
おそらく花ひろばに並んでいる1,500円前後のサザンハイブッシュがそうだ。明るい茶色のプラ鉢が目印。

2011年6月11日 (土)

ウズ丸vs草刈り機

昨日のマムシの話をしたら、ウズ丸が興味津々。
草刈りをしたらマムシが見つかると思っているようで、俺も草刈りをしたいと言い出した。
せっかくなので草刈り機の使い方を教えてみた。
ウズ丸は草刈り機を力で使おうしているようで、ウズ丸には重いようだ。20分ほど草刈りをしたところでギブアップ。
草刈り機の重さを利用して草が刈れるようになると、ずいぶん楽に作業できるのだが。

昨日、ビオトープの水を抜いたので、この日はマムシどころかヘビも見かけなかった。

2011年6月10日 (金)

マムシ

先週に続いて、今日もビオトープの草刈りをした。
今日は田んぼに水が多かったためか、居場所がなくなったヘビが、水のないところに集まっているようだった。
草を刈っていたら、いきなりマムシがトグロを巻いていた。ジムグリでないことを確認して首をはねた。ここは子供たちの遊び場なんでね。
他にヒバカリとシマヘビを見かけたが、こちらは手でつかんで別の場所に逃がした。

マムシは草を刈り終わってもまだ動いていたので、自宅に持ち帰った。
マムシは卵胎生なので仔がいたら、そちらも退治しなければならない。ツノ姉と一緒に解剖したが、仔はいなかった。
解剖している途中、食べたらうまいのかという疑問が湧いたが、どうも食べる部分が少なそうなのでやめた。

2011年6月 9日 (木)

アジサイメモ

アジサイは普通、昨年の枝に花芽を着けるから、花が終わった直後の剪定は大丈夫だが、
秋に剪定すると花芽がなくなってしまう。
と、子供の頃に覚えたのだが、最近はどうも違うらしい。
アナベルやエンドレスサマーといった品種は、春になってから花芽を作るので、冬に剪定しても大丈夫だとか。最近の品種は栽培しやすいようだ。

それから欲しい品種が二つほどある。一つは絞り咲きの「舞姫」だ。とにかく派手で和風じゃない。
もう一つは何だったかな。ケータイで写真を撮ってあるから、また後日。

2011年6月 8日 (水)

挿し床

母がキクの挿し木をするために、発泡スチロールのトロ箱に砂を入れていた。
うちには専用の育苗箱が山ほどあるというのに、どうして年寄りはこうなるのか。
トロ箱は劣化しやすいし、放した鶏が発泡スチロールを食べるから使用禁止だと言ったのに。
玉子を食べるのは人間なんだぞ。勘弁してくれ。

育苗箱に川砂を入れ、挿し床を作ってやったら、大喜びで挿し木をしていた。切花用の夏菊らしい。

2011年6月 7日 (火)

アジサイ植替え

先日買ったアジサイを剪定し、新しい鉢に植え替えた。
Pillnitzの花はピンク色の覆輪、Marsの花は青色の覆輪らしいが、アジサイは土のpHで花の色を好きに変えることができる。だから色はあってないようなものだ。

赤い花を咲かせるには、土をアルカリ性にすればいいから、モミガラくん炭を混ぜるといい。青い花を咲かせるには、ピートモスを加えればいい。
写真はどちらもMars。

Ajisaimarsbr

うちのもこんな感じに咲き分けてくれるといいのだが。

アジサイは花芽を持った挿し木苗を、寄せ植えにして出荷しているようだ。
植え替えをしようと思ったら、たくさんの株ができてしまった。PVP品種の繁殖は違法行為だが、最初から寄せ植えになっているのだから仕方がない。
こうしてPillnizは3鉢、Marsは2鉢に増えた。
Marsは一鉢を酸性の土、もう一鉢をアルカリ性の土で植え、花色の違いを観察することにした。
アジサイの葉は猛毒。嫁に見つからない鶏がアジサイを食べない場所に置いた。

花ひろばで買ってきたブルーベリーのWhitu(RE)を8号鉢に植え、Blueshower(RE)の挿し木苗を5号鉢に鉢上げした。
アロエのベラを2鉢とビニールポット10個に株分けした。

2011年6月 6日 (月)

歯医者

朝から歯医者で気分はどんより…。
歯医者で痛い目に遭ってから、近くのコメリに寄った。
この時期、果樹苗が処分価格になる。台木用に暖地桜桃@488円(30%OFF)を買った。
値引きはされていないが、実付きのブルーベリーが目立つ。
Sharpblue(SH)を始めとして、CapeFear(SH)、BlueRidge(SH)、Gulfcoast(SH)など、強健なサザンハイブッシュ系品種が目立った。
そういえばうちのSH系品種はすべて実付き株で入手したものだ。
もっとも我が家は、実が終わって値引きされたものを買うパターンだが。
今日もパレットを4枚ほどもらってきた。

2011年6月 5日 (日)

ツノ丸のテスト勉強

ウズ丸たちはバスケ部が強化練習に参加するというので、TD中まで遠征。
ウズ丸はA戦に出場してPGを命じられたが、特にミスもなかった。

夜は草バスケ。ツノ丸は明日、高校の定期テストがあると言うが、構わず連れて行った。テスト勉強をしたければ試合の合間にどうぞ。
大人4人、ウズ丸のチームメイトなど中高生6人と小学生1人で7QTほどゲームをやった。
ウズ丸以外の中学生は、バスケを始めたばかりだが、バスケがサマになってきた。ツノ丸の世代より強いかもしれない。
ツノ丸はスコアボードを担当しながらテスト勉強をしていた。

2011年6月 4日 (土)

ハイドランジア

花ひろばでオークションをやっていたので、どうでもいいものをいくつか落札した。
それから店内をうろついて目ぼしいものを探した。

アーティチョーク@98円は気になったが、ちょっとトゲが目立つようだ。品種がわからないのでパス。
水切れで枯れかけているアジサイ@500円×2、徒長して50cmを超えたミニトマト「イエローキャロル」@50円などを購入。
90mmポットが12個入るパレットをもらってきた。たくさんあれば便利だが、こんなパレットを見るのは初めて。数は集められそうにない。

夜は町内の知人と飲みに出かけた。店を出てから知人宅へ。
知人の家には、うちから嫁入りしたブルーベリーLindablue(NH)と、受粉用に買ったGeorgiagem(SH)があった。だが開花時期が合わなかったようで、受粉していないようだった。
実付きがよくないし、実も小さいようだ。
実はDarrow(NH)も押し付けようと思っていたのだが、植木鉢が惜しくて言い出せなかった。

2011年6月 3日 (金)

草刈り

子供たちが大きくなって、ほとんど手つかずになっているビオトープの草刈りをした。
池になっているところは、オタマジャクシがたくさん泳いでいて、ビオトープとしては機能しているようだ。

だが、池になっていない湿地部分は雑草が生えているだけ。こんなに広い土地なのにもったいない。何とか有効に活用したいところ。
何度か作物を植えたことがあるが、春になると周囲の水田に水が入る。地下水位が上がるため、小麦すらまともに育たなかった。畑にするためには、土を入れて土地の高さを上げないといけない。
一部は黒ボク土で埋め立てて、ブルーベリー畑として使えるか実験中だ。50cm以上も埋め立てているから、これは成功するだろう。だが黒ボク土を入れる労力が問題になる。

高畝でフキを植えてみたが、夏の草取りがとても大変。同じく高畝で植えたクリは不調。ゼンマイも不調。トウモロコシもダメだった。
サトイモはよく育った。クサソテツ(コゴミ)もまあまあかな。
水田にして植えたマコモはよく育った。古代米は脱穀が面倒だった。

2011年6月 2日 (木)

今年の布陣

我が家のブルーベリーで、今年の戦力になりそうな品種をリストアップしてみた。
茶碗いっぱいくらいの収穫が目安だ。

ノーザンハイブッシュ系だと、Brigitta、Chandler、Darrow、Duke×2、Elliott、Rancocas×2、Spartan。
サザンハイブッシュ系が、O'Neal、Sharpblue×2。
ラビットアイ系が、Baldwin、Bluegem、Blueshower×3、Briteblue、Brightwell、Delite×2、Homebell×4、Blueshower×3、Maru、Menditoo、Ochlockonee、Powderblue×3、Tifblue×5てなところ。

昨年、実を着け過ぎて今年はお休みになった株や、処分した品種も多い。
Herbert(NH)、Lindablue(NH)、Georgiagem(SH)、Magnolia(SH)は処分した。
Dixi(NH)、Reveille(SH)は去年、頑張り過ぎたようで今年はお休み。Blueshower(RE)やTifblue(RE)の何本かは、コガネムシにやられて戦線離脱。
Bladen(SH)と、Fukuberry(RE)は、何かに呪われているようだ。枯れはしないが、毎年、コガネムシの被害に遭っていて、木もどんどん小さくなっている。

2011年6月 1日 (水)

ウズ丸の観葉植物

ウズ丸は、持ち物や家具を、黄緑色で統一している。
部屋に置く観葉植物は何がいいだろう。明るい窓際と、日陰、それぞれで何かを育てることにしよう。

窓際に置く植物はポトスに決めた。中でもライムという品種は、派手な黄緑色をしているから好都合だ。
日陰に置く観葉植物は、アオキにした。これは山に生えていたものを、ツノ丸が鉢上げしていたものだ。派手な斑入りなので黄緑色に見える。

ツノ姉も以前は観葉植物を置いていた。
水やりを忘れたり、ひっくり返したり、ウサギのミケランジェロに食われたりしたので、今は置いていない。
さてウズ丸はどうだろう。

写真は後日。

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

最近のトラックバック