« 博物館の展示 | トップページ | 博物館 »

2011年6月23日 (木)

摘果×3

大苗を養成するための畑で、接ぎ木のGeorgiagem(SH)、Gulfcoast(SH)、O'Neal(SH)に実がなっていた。
そろそろ収穫期だが、収穫のためには防鳥ネットをかける必要がある。
たいした量でもないのでネットをかけるのは面倒だ。今年は木の成長を優先させてすべて摘果した。

Bbtekikash

うちのブルーベリーは自根苗も残っているが、主力品種のほとんどがが接ぎ木苗に置換されている。
Chandler(NH)、Duke(NH)、Spartan(NH)に加えて、来年にはBrigitta(NH)、Georgiagem(SH)、Gulfcoast(SH)、Legacy(SH)、O'Neal(SH)などの接ぎ木苗が10本以上加わる予定だ。

« 博物館の展示 | トップページ | 博物館 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

KOHさんは接ぎ木、ご自分で出来るんですねー。
接ぎ木苗の方が丈夫だとか、良いとかと書いてあるのを見かけるので、私もいつかやってみたいと思いますが、なんせ今はまだ挿し木さえも上手くいかない。
枯れたBBの穂木の代わりにアイビーを挿しておいたら、そっちが根付いてました。coldsweats01
穂木を冷蔵庫に入れて時間が経ち過ぎたのも一因ではないかとは思うけど、これじゃーな~。

接ぎ木は中学生の頃からやっていました。
接ぎ木苗が丈夫といっても、ハイブッシュ系だけで、ラビットアイ系なら関係ないですし、いずれにしろコガネにはかないません。
アイビーは強いですね。うちも変わったアイビーをいくつか育てています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/40608206

この記事へのトラックバック一覧です: 摘果×3:

« 博物館の展示 | トップページ | 博物館 »

最近のトラックバック