« 酸果桜桃 | トップページ | 芍薬 »

2011年5月13日 (金)

オトシブミの食痕

ツバメのヒナは、朝の04:20には鳴き始めるようだ。
雨も上がったようなので、朝早くから庭に出て、植物を観察することにした。
ブルーベリーが並んでいるあたりには、驚くほどたくさんのマルハナバチが飛んでいた。

Maruhanabachi

雨が続いたからか、灰色カビ病のようなものがたくさん出ていた。
どうやら花弁から発症するようだ。花ガラはきちんと落としておかないといけない。Chandler(NH)での被害が目立った。
実だけでなく、若い葉や枝にも感染するようだ。
被害があった部分を手で取り除いた。

オトシブミの食害も見つけた。こんな葉っぱの裏に成虫が潜んでいる。

Bbotoshibumi

オトシブミは5mmほどのゾウムシみたいな昆虫だ。成虫はこんな感じに葉を食べ、さらに幼虫のために葉を巻いて卵を産み付ける。
産卵のために葉を巻く姿はとてもかわいいが…ぷちっ!!

« 酸果桜桃 | トップページ | 芍薬 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/39992318

この記事へのトラックバック一覧です: オトシブミの食痕:

« 酸果桜桃 | トップページ | 芍薬 »

最近のトラックバック