« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月31日 (火)

768MBメモリ

中古パソコンを納品してくれとの連絡が入ったので、準備をすることにした。
WindowsXPでOfficeが動けばいいとのこと。
FMV-C5200が山ほどあったので、その中から1台を選んだ。CPUはCeleron2.66GHz、特に問題はないだろう。

インストールというかリカバリを始める前に、メモリ容量の確認。
この時代のパソコンは、メモリがせいぜい256MB×2。今時、合計512MBでは少ない。512MB×2=1GBにしたいところだが、余った256MBメモリを捨てるしかない。結局、512+256MBとして768MBで出荷することにした。
Officeを使うだけならまあまあ快適なので、これでよしとしよう。

2011年5月30日 (月)

台風の後片付け

午前中で雨が上がり、午後から台風の後片付け。熱帯低気圧に変わったとはいえ、吹き返しの風がまだ強い。
畑のイチゴは収穫の真っ最中だが、梅雨入りしてしまった。台風2号のせいで地植えの麗紅はボロボロだし、残りのイチゴはあきらめた。
植木鉢で栽培していたイチゴはなんとか無事。「らくなり」が色付いたので収穫してみたが、雨が続いたこともあって味はイマイチだった。
畑では、ソラマメとエンドウ豆が収穫期を迎えているが収穫が間に合わない。畑は両親に任せて、私は鉢植えの手入れをしよう。

庭の植木鉢がいくつも倒れ、ブルーベリーの果房がいくつも落ちていた。
今年の冬に接ぎ木した苗は、風で新芽がもぎ取られていたが、大切なCaroline(NH)とElliott(NH)は無事だった。
今年は鶏に食われないよう気を付けていたが、こんなに早く台風が来るとは思わなかった。

2011年5月29日 (日)

練習試合

ウズ丸は朝から、お隣のA中学で練習試合。
レギュラーが一人ケガをしたので、代わってウズ丸が入った。顧問の指示は「ボールを運べ」だった。
それまでボール運びに苦労して、シュートまで持ち込むのが大変だった試合が一変した。
長身のFがボール運びを手伝わなくていいので、ゴール下でのプレイに集中できる。
オフェンスだけでなく、ディフェンスリバウンドもよく拾い、パスを受けたウズ丸が、片っ端から速攻に持ち込む。
だがちょっと交代が遅かったようで、逆転には至らず。3点差で敗れた。

引き続いて、ウズ丸はB戦にも出してもらった。もちろんウズ丸が試合をすべてコントロールして、余裕の試合運び。
C戦と呼ばれる1年生の試合には、もう出場しなかった。

2011年5月28日 (土)

本物のWhitu

コメリで買ったブルーベリーの品種が、どうも合っていないように感じるので、花ひろばでWhitu(RE)@2,780円を買い直した。
季節はずれで、いい苗は残っていなかったが、品種は合っているのだろうか。
購入時は本物っぽいと思ったのだが、家に帰って図鑑で確認すると、これもWhituと断定するまでには至らなかった。
ブルーベリー図鑑が合っているという保証もないのだが、嫌な予感がする。
不要な枝を剪定し、8号鉢に植え替えた。実は品種同定のために少し残して、残りは摘み取った。

前回のMaru(RE)やOno(RE)といい、今回のWhitu(RE)といい、どうもオーシャン貿易が扱っていたNZ品種には、間違いが多いような気がする。

写真は後日。

2011年5月27日 (金)

インターハイ予選・初日

今日はインターハイ予選、24校だけが出場する県大会の初日。
ツノ丸が所属するY高校のバスケ部も勝ち上がっていたが、2試合目に敗れてベスト16だった。ツノ丸はベンチにすら入れなかったが。

ウズ丸が所属する34Kの監督は、YN高校を率いている。こちらも初戦には勝ったものの、やはりベスト16だった。
そういえば、私の母校もベスト16だったな。
ツノ姉が通う高校はシードになっていて、この日は圧倒的な強さでベスト8に進んでいる。

2011年5月26日 (木)

立ってるやつ

ブログネタ: 【写真ネタ】一番好きな花は何?参加数

Shakuyakumaruhana Shakuyakugreen Shakuyakupink

芍薬かな。
立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の様なんて言葉がありましたな。
うちの嫁は、ドカドカと走るオニユリを想像していただければ…。

2011年5月25日 (水)

スリット鉢

スリット鉢は、バラやブルーベリーを育てる人たちには人気がある。
うちでもロング型の5号鉢を使っている。まとめて買うと50円程度になるが、箱一つで130個。これを2箱1組で仕入れないといけない。買ったらすぐに押入れの中だ。

今年はこれでイチゴの苗を採る予定だ。
イチゴの苗は横にはほとんど伸びず、どんどん下に伸びるから、ビニールポットだと、大きな苗は育てにくい。
ロング型のスリット鉢なら問題なし。もしかしたら、このまま収穫までいけそうな気がするんだが。

2011年5月24日 (火)

コガネシート

コガネムシは鉢の中にもぐって産卵する。
コガネムシが鉢に入らないように、鉢の表面に防草シートを敷いたらどうだろう。
効き目はわからないが、とりあえず実験してみよう。

Kusayokesheet

赤いのはファイルの表紙を切り抜いて作った型紙だ。
私が使っている鉢は、スリット鉢の5号、ロング5号、それからプラ菊鉢の5号、7号、8号、9号、10号。それぞれ大きさが違うため、型紙もたくさん必要になる。
とりあえずスリット鉢の5号とロング5号、それからプラ菊鉢の8号に使うシートを作ってみた。

2011年5月23日 (月)

コガネ様

ブルーベリーのSpartan(NH)が調子を崩している。
葉にクロロシスが出ている。

Bbspartanleaf

苗を少し引っ張っただけで、スポッと抜けてしまった。抜けた苗がこれ。根がまったく生えていない。
犯人の姿も一緒にどうぞ。

Bbspartankogane

挿し木苗を育てるための5号鉢でさえ、この被害。今年はきちんと対策をしなくては。

2011年5月22日 (日)

麗紅

何年か前に、ツノ丸がイチゴを育てていたときは、プランターで「さちのか」を栽培していた。
毎年、よく育っていたが、プランターなので量が少ない。
それを見た父が、(孫のために)地植えでイチゴを育てようとしたが、失敗に終わった。
やはり「さちのか」は病気に弱いようで、地植えには向かないと思った。
私が品種を「麗紅」に変え、苗を作って父に渡したところ、今年はたくさんの収穫があった。
毎日、イチゴが食べ放題だ。

Reikou110528

ところで、麗紅は元々着色が良い品種だが、その中でも特別赤みが強い個体を見つけた。
赤みが強い個体は、ヘタまで赤くなる。見かけはちょっと悪くなるが、品種を見分ける手がかりになる。今年はこの株から子苗を採ることにしよう。

2011年5月21日 (土)

緑の芍薬

うちのシャクヤクは4品種。どの株もかなり大きくて、10輪くらいの花を咲かせる。
中にはこんな緑色の花を咲かせるシャクヤクもある。

Shakuyakugreen

花びらが散りかけている。もう少し早い時期に写真を撮ればよかった。
シャクヤクとボタンはひじょうに近縁の植物。私はボタンはあまり好きではないが、シャクヤクは大好きだ。
シャクヤクはボタンよりも丈夫で、草姿も良い。また春の真っ赤な芽出しも美しい。

だが、シャクヤクを植えた理由は、「ボタンの台木にできる」からだ。ボタンは好きではないから、たぶん接ぎ木が好きなのだろう。

2011年5月20日 (金)

セクハラワラビ

夕方から、キャバクラ畑の手入れをした。

ワラビが凄まじい勢いで広がっている。ワラビに囲まれたせとか嬢が困っていたので、セクハラ気味の葉を刈り取り、食べられそうなワラビを20本ほど収穫した。
これだけワラビが茂るのであれば、ワラビを植えることで地温の上昇を抑えることができるかもしれない。シダだからアレロパシーのような能力は持っていないよね?

せとか嬢、はるみ嬢、ネーブルと甘夏を剪定した。
ついでにカスミソウの写真でも。

Beekasumisou2

舘養蜂場のセイヨウミツバチがこんなところまで飛んできている。

2011年5月19日 (木)

ツタンカーメンの豆

親父がツタンカーメンのエンドウ豆を育てていた。さやが紫色になって、一風変わったえんどう豆だ。

Tutankhamunbean

さやを割ると、中に入っている豆はごく普通の緑色をしている。
今日はその豆で、豆ご飯を炊いてみた。炊き上がりから数時間保温すると、ご飯に色が着いて赤飯になるということだったが、電気代がもったいないので、すぐに炊飯器から出した。
微妙に色着いたそのご飯は、赤ではなく、灰色の不気味なご飯に仕上がった。
味はまあ普通の豆ご飯だね。

2011年5月18日 (水)

コガネ対策

鉢植えの大敵はコガネムシの幼虫だ。
鉢が少ないとコガネムシはやって来ないのだが、鉢の数が増えるにしたがって、コガネムシがたくさんやって来る。
コガネムシにやられないようにするには、農薬を使うのが簡単だ。しかしラビットアイ系のブルーベリーは葉に蜜腺を持っていて、その蜜もハチが吸いにくる。
これでは農薬を使えない。

そこで不織布を敷き詰める方法を試している。
いい不織布が見つからなかったので、防草シートで代用した。製品名は、草よけシートナチュラル(1×5m)@1,180円。
鉢の内径を測って見本となる円板を作り、それをガイドにして不織布を切り抜いた。中心に穴を開けて、そこまで切れ目を入れて完成。
コガネムシはシートの隙間から土にもぐれないこともないが、私としては、この不織布を見て「あきらめてくれる」ことを期待している。

今年初めての試みなので、うまくいくかどうかはわからない。
写真は後日。

2011年5月17日 (火)

高糖度パプリカ

コメリにお気に入りのパレットがあったので、パプリカ苗@149円とメロン苗@298円を買って、パレットに入れて持ち帰ってきた。
合計447円も出すなら、苗なんて買わずにパレットだけ買った方が、安くてしっかりしたパレットが買えるという人もいるだろう。
それは私もわかっている。
パレットのために「仕方なく買った」と嫁に説明できることも重要なのだ。
苗なんて二つで100円。パレットを買うことを思ったらタダ同然じゃないか…と説明しとけば、バレやしない。
買ってきた苗は、どちらも5号のスリット鉢に植え替えた。
このまま半月は育てられるので、時間がある時に畑に植え替える予定だ。

パプリカはデルモンテ高糖度パプリカ「レッドホーン」という品種だ。298円が半額になっていた。
メロンはサントリーの本気野菜シリーズの「らくなりガーデンメロン」だ。
デルモンテの苗には、CMVワクチンが接種されている。一つ買えば、他のパプリカやトマトにも接種できるが、もちろん良い子はやっちゃいけない。

2011年5月16日 (月)

オクラがまた…

ウズ丸が育てているオクラの苗が、また枯れそうになっている。
苗を買ったコメリに様子を見に行ったら、コメリの苗は全部枯れたようで、バックヤードに放置されていた。オクラにはまだ気温が低いようだ。
そして新しい苗も入荷していた(笑)。無理なら売るなよ…。

90mmポットを24個並べられるパレット×2をもらってきた。

6Lのジョウロを買った。
うちはコメリのジョウロを愛用している。
このジョウロは取っ手部分が後ろに出ていないのがポイント。
幅のないU字溝で水を汲むには、ジョウロの後ろの部分が出っ張っていると困るのだ。

自分用に新しいバッシュを買った。ナイキ製だから、すぐに壊れると思っている。

写真は後日。

2011年5月15日 (日)

フェイジョア定植

鉢で育てていたフェイジョアを畑に植えた。
品種はApollo。接ぎ木苗を昨年、鉢植えにしたものだ。
接ぎ木苗は根が大きいため成長が速い。冬に雪で枝を折られたが、それでも高さは1年で1mを超えている。
根を切ったので地上部を切り詰め、切った枝を台木用に育てているTriumphに接ぎ木した。

今日はフェイジョアの日。
今度はポットで育てていたTraskを鉢上げした。こちらも接ぎ木苗だ。
こちらも切った枝をTriumphに接ぎ木した。
活着する自信はあまりないが、常緑樹はこの時期に、剪定と同時に接ぎ木すると活着しやすいように思う。

台木用に育てていたクリやギンナンを植え替えた。
台木は毎年、植え替えを繰り返すことで細かい根がたくさん出る。植え替えにも強くなるので、大きくなるに従って植え替えるのはいいことだと思う。

写真は後日。

2011年5月14日 (土)

芍薬

シャクヤクの花が咲いた。
うちのシャクヤクはどれもこれも品種名がわからないし、最近の品種に比べると地味な花が多い。

Shakuyakumaruhana

もっと美しい写真が撮れたのだが、マルハナバチが入った写真にした。
シャクヤクは花の期間が短いが、花がない時期も姿がいいので好きだ。

そういえば、姪っ子がバスケ団に入った。
まだ低学年だと思ったが、こんな時期からバスケを始めればきっとうまくなるだろう。夏休みには、うちでプチ合宿だな。

2011年5月13日 (金)

オトシブミの食痕

ツバメのヒナは、朝の04:20には鳴き始めるようだ。
雨も上がったようなので、朝早くから庭に出て、植物を観察することにした。
ブルーベリーが並んでいるあたりには、驚くほどたくさんのマルハナバチが飛んでいた。

Maruhanabachi

雨が続いたからか、灰色カビ病のようなものがたくさん出ていた。
どうやら花弁から発症するようだ。花ガラはきちんと落としておかないといけない。Chandler(NH)での被害が目立った。
実だけでなく、若い葉や枝にも感染するようだ。
被害があった部分を手で取り除いた。

オトシブミの食害も見つけた。こんな葉っぱの裏に成虫が潜んでいる。

Bbotoshibumi

オトシブミは5mmほどのゾウムシみたいな昆虫だ。成虫はこんな感じに葉を食べ、さらに幼虫のために葉を巻いて卵を産み付ける。
産卵のために葉を巻く姿はとてもかわいいが…ぷちっ!!

2011年5月12日 (木)

酸果桜桃

酸果桜桃の接ぎ木は無事に成功したようだ。
暖地桜桃(=シナミザクラ)に、酸果桜桃を3ヶ所接ぎ木したが、わさわさと茂っている。葉っぱはすべて酸果桜桃だ。

Sankaoutou

酸果桜桃は、半分に割った枝を張り付けるようにして接ぎ木したのだが、この方法は成長が速いようだ。
うちのブルーベリーだと昨年、Duke(NH)に試したが、たった1年で、収穫サイズに成長した。ただし台木はHomebell(RE)の大苗だったが。

2011年5月11日 (水)

BBでAKB

庭の土を黒ボク土と入れ替えて、そこにブルーベリーを植えている。
一ヶ所に植えられるのは、せいぜい2-3品種。何を植えたか覚えやすいように語呂合わせをしよう。
電車の中でずっと考えていたが、たった一つしか思い付かなかった。

  • TNP(低燃費)=Tifblue(RE)、Nobilis(RE)、Powederblue(RE)

しかたがない、真面目に考えてみよう。
組み合わせる3品種は、ハイブッシュ系品種とラビットアイ系品種を分けて考えねばならない。それらを踏まえた上でダメ文字を考える。

Kで始まるメジャー品種がないため、AKB、SKE、NHK、PKOなどは総崩れだ。
Avonblue(SH)とか、Southland(RE)などは、個人的にボツにさせてもらう。
これにより、ハイブッシュ系はAFILTW、ラビットアイ系はEGJSに該当する品種がなくなった。
JIS、TDL(ディズニー)、AGF(味の素)、PET(樹脂)、JWP(プロレス)などが作れない。

  • ATM=Austin(RE)、Tifblue(RE)、Menditoo(RE)
  • BOD=Brigitta(NH)、O'Neal(SH)、Duke(NH)
  • COD=Chandler(NH)、O'Neal(SH)、Dixi(NH)
  • DNA=Delite(RE)、Nobilis(RE)、Austin(RE)
  • GPS=Georgiagem(SH)、Puru(NH)、Spartan(NH)
  • GNP=Georgiagem(SH)、Nui(NH)、Puru(NH)
  • JCO(東海村)=Jewel(SH)、Caroline(NH)、O'Neal(SH)
  • LED=Legacy(SH)、Echota(NH)、Duke(NH)
  • MLB(野球)=Misty(SH)、Legacy(SH)、Bladen(SH)
  • MVP=Menditoo(RE)、Vernon(RE)、Powderblue(RE)
  • NBA(バスケ)=Nobilis(RE)、Baldwin(RE)、Austin(RE)
  • NPO=Nobilis(RE)、Powderblue(RE)、Onslow(RE)
  • PDA=Powderblue(RE)、Delite(RE)、Austin(RE)
  • PCB(猛毒)=Puru(NH)、Chandler(NH)、Brigitta(NH)
  • RGB(三原色)=Reka(NH)、Geogiagem(SH)、Brigitta(NH)
  • ROM(メモリ)=Rahi(RE)、Onslow(RE)、Menditoo(RE)
  • RPG(ゲーム)=Reka(NH)、Puru(NH)、Georgiagem(SH)
  • TPO=Tifblue(RE)、Powderblue(RE)、Onslow(RE)
  • WHO=Whitu(RE)、Homebell(RE)、Onslow(RE)
  • YMO(神様)=Yadkin(RE)、Menditoo(RE)、Onslow(RE)

こんなところか。
我が家だと、Reka(NH)はRancocas(NH)、Onslow(RE)はOchlockonee(RE)、Menditoo(RE)はMaru(RE)に置き換わる。

2011年5月10日 (火)

ツノ丸のイチゴ

ツノ丸が植えたイチゴがようやく色付いた。品種は宝交早生。
たった1粒だが、ツノ丸のイチゴなので特別扱い。
バスケットボールの直撃にもめげず、なんとか収穫できた。ツノ丸が試食したが、残念ながら味はイマイチだったそうだ。

Ichigohoukouwase

他に、さちのか、麗紅、らくなり、夏姫などを育てている。畑の麗紅は来週あたりから食べ放題になる予定だ。

ツノ丸はイチゴと一緒にホウレンソウも植えたが、鶏のおやつとして利用されただけで、結局、食べることはなかった。
余ったタネを畑にまいたら、こんな状態だし。

Hourensou

 

2011年5月 9日 (月)

捨て亀

ツバメが玄関の横に巣を作っている。今年はこれで三つ目。
ツバメは庭いじりや、子供のバスケなどで、人の気配が多い年に巣をよくかけている気がする。
三つも巣をかけられたのは、今まで最高記録だ。ウズ丸の同級生がバスケの練習に来ているからだと思う。

Swallows

夕方、家の裏に置いてあったプラケースに、なぜか乾いたミドリガメが入っていた。捨て犬や捨て猫、捨て鶏(!)だって拾ったことがあるが、捨て亀って…。
ミドリガメはミシシッピアカミミガメの幼亀だから、放流すると犯罪になる。このまま踏みつぶそうかと思ったのだが、ちょうどスッポン御殿があったのでそこに入れた。

春蘭を植え替えた。赤花の天紅香(てんこうこう)という品種だ。
地植えにしたかったが、バスケットボールの直撃には耐えられそうにない。ウズ丸が中学を卒業するまでは植木鉢で育てよう。
細かい日向土で植える人が多いが、春蘭はそんなところに生えていないと思い、黒ボク土を混ぜた土で植えてみた。

金稜辺を株分けして7号鉢に植え替えた。こちらもやはり黒ボク土で実験。
鉢底に古い日向土と5mm以下の砂利を入れ、この上に黒ボク土で植え込んだ。この方法だと黒ボク土の厚さはせいぜい10cm、そんなに水はけも悪くないだろう。とりあえず実験だ。
地面に生えていた金稜辺もビニールポットに鉢上げした。

Kinryohen

コガネムシの幼虫が入っていた10号鉢のブルーベリーを地植えした。品種はTifblue(RE)。
うちの主力なのでちょっと残念だが、花はすべて落とした。

2011年5月 8日 (日)

コガネ退治

庭に植えてあったタラノキを鉢上げすることにした。
このタラノキは品種不明だが、トゲが少なくて芽がたくさん出る品種だ。幹にトゲはないが、葉にはトゲがある。
トゲなしタラノキと違って、野生のタラノキのような、ふっくらとした食べ応えのある芽が出る。

他に、地湧金蓮、百日紅、カジイチゴ、ブルーベリーなどを植え替えた。
鉢の土に指を挿し入れ、ふかふかしていたら植え替えねばならない。たいていこいつらがいる。

Koganeyochu

コガネムシの幼虫には、ダイアジノンという薬品が便利だが、この時期はブルーベリーの花が咲いている。
マルハナバチやミツバチのことを考えたら農薬を使うわけにはいかない。

2011年5月 7日 (土)

スポキチの池

今週に入ってから、台所の網戸にヤモリが出没するようになった。
去年から同じところに縄張りを作っているヤモリで、ヤモッチという名前が付いている。
みんながかわいがっているヤモリだが、今年はトラブル発生。小さなヤモリがやってきて、ヤモッチに噛み付いているのだ。手で払いのけても、また噛みにやって来る。
うーん。どうしようかな。

Yamori

先日の溝役で救出したスッポンを、水草のプランターに放り込んでおいた。
それを見たツノ姉が飼うと言い出した。
川砂がなかったので、挿し木していた暖地桜桃を捨て、挿し床になっていた川砂を洗って使うことにした。
川砂をプランターの下に敷き、水を張った。スッポンに甲羅はないが、甲羅干しができる石も置いた。
せっかくので水草も入れよう。トチカガミという水草を浮かべてみた。トチカガミのトチはスッポンのことだ。
名前はいつも通りで、スポキチ。2匹いるのだが、両方スポキチ。

写真は後日。

2011年5月 6日 (金)

ダルマレンコン

ウズ丸は34Kの練習日。この日、ウズ丸は足が重いといって、動きは遅かったものの、判断がよく、ミドルシュートもうんざりするほどよく入っていた。
練習の帰り道、ダルマレンコンが売っていたので買ってみた。

家に帰ってから気付いたが、明日はカレーだったか。じゃあレンコンは使わないな。田んぼにでも植えるとするか♪

Renkontop Renkonzoom

幸運なことに、レンコンには切り口もなく、新芽も見えている。もちろん、ただの偶然。

 

2011年5月 5日 (木)

ドラゴンフルーツ

ドラゴンフルーツが売っていたので買ってみた。

Dragonfruits

食べてみたが味もないし、フルーツというより野菜だな。これってみんなが一通りだまされたら、もう誰も買わないんじゃなかろうか。
ネットで調べると、ドラゴンフルーツに二種類あって、果肉が白いものは野菜、果肉が赤いものは果物テイストらしい。
私が買ったのは、果肉が白かった。



何の脈絡もないけど、ちょっと動画の実験。

ウズ丸に、ボールを頭上に構えたままシュートを打つ練習をさせてみた。ボールを下げないので力がいる。

2011年5月 4日 (水)

ツノ丸の部活

ツノ丸たちはゲーム形式の練習だった。
ツノ丸は1年生Aチーム、1Aには元サッカー部の長身Cがいる。YAK時代の花道と同じ状況だ。
この日、一番の敵は3年生Bチーム。
1Avs3Bのゲームは一度負けてしまったので、作戦を立てた。
ガード陣がオールコートプレス。
Cは敵がフリーだと、間に合わないヘルプに飛び出してドライブされていたので、フリーでも飛び出さないことに決めた。リバウンドだけを担当させる。
接戦の終盤、ドライブ好きなツノ丸に対して先輩たちがゾーンを組んだ。
誰もディフェンスに来ないので、ツノ丸が3Pシュートを打った。これが入って勝利。まぐれだな。

メイ嬢

5月になったので、キャバクラ畑のメイポメロを収穫した。ミカン箱にいっぱいあった
実は大きいが、文旦の一種なので皮が厚い。
まあ、これくらい大きければおなかいっぱい。

Maypomelo Maypomelostrip

これとは別に、昔ながらの文旦も植えてある。こちらはまだ木が小さいため、収穫は4個だけ。写真を撮る前に食べてしまった。

2011年5月 3日 (火)

畑で山菜

室内で飼っているウサギを掃除した。糞はフキを栽培している空き地に捨てる。フキは空き家の庭で放任栽培しているが、ウサギのおかげでよく育っている。
鶏小屋の鶏糞もよくここに捨てている。
フキ以外にもミョウガやワラビ、ゼンマイ、クサソテツが植えてある。いずれもよく育っているが、ゼンマイは株が大きくなるだけで、数が増えないので失敗だった。
写真はワラビ。せとか嬢の周りに広がっている。

Warabihatake

大雪でヤタイヤシの苗がつぶれて枯れてしまった。なんとか4鉢だけが生き残っている。復活してくれるといいのだが、ヤシは植え替えを嫌う。経験上、復活しない(笑)。

BB畑の草、特にスギナを抜いた。スギナは根が深いため、なかなか根絶やしにはできないが、しつこく抜けばいつかは絶えるかもしれない。
鶏小屋の周囲に生えていたスイセンの球根を掘り上げて処分した。300球以上、ミカン箱に2杯ほどをヤフオクで800円で売った。

ホウレンソウの右下に、枯れたスイセンの葉が写っている。

Hourensou

2011年5月 2日 (月)

BB手入れ

ブルーベリーの鉢を整理していたら、処分したはずの品種が多く残っていた。
Georgiagem(SH)、Herbert(NH)、Lindablue(NH)、Magnolia(SH)、Nui(NH)、Spartan(NH)が生き残っていた。
Herbertはシャシャンボに接ぎ木してあったが、すっかり忘れていた。
品種がわからなくなっていた接ぎ木苗は、新芽が伸びてO'Neal(SH)ということが判明した。
Maru(RE)、Rahi(RE)、はやばや星(NH)、おおつぶ星(NH)が行方不明。まあいい。そのうち見つかる。
Brightwell(RE)の挿し木苗×4、Chandler(NH)の接ぎ木苗を鉢上げした。
コガネムシの被害を受けたBladen(SH)やFukuberry(RE)の調子が悪いため、土を変えて植え替えた。黒ボク土は成績がいい。

ブルーベリーはもっとも花が多い時期だけあって、ハチがうるさいほど飛んでいる。ミツバチよりも、マルハナバチが多いようだ。

2011年5月 1日 (日)

Whituの花

ブルーベリー大図鑑で見ると、我が家のWhitu(RE)は、品種が違っているかもしれない。
うちのWhitu(RE)の花の写真を資料として残しておこう。

Bbwhituhana Bbwhituhana110513

葉や花を見た感じだと、Whitu(RE)よりOno(RE)に似ている。
共にニュージーランド品種で、かつては国内でたった一つの業者だけが扱っていた。入手経路からすると間違っていても不思議はない。
マオリ語でWhitu(ウィトゥ)は7、Ono(オノ)は6という意味らしい。
本物だったらいいんだけど。

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

最近のトラックバック