« 作業員の皆様へ | トップページ | 合格発表 »

2011年3月16日 (水)

使命感を持って

こちらの記事をどうぞ。
→リンク切れのため、以下に無断転載。

福島第1原発の事故で、情報提供の遅れなど東京電力の対応に批判が集まる一方、最悪の事態を避けるため、危険を顧みず作業に当たる同社や協力会社の社員もいる。
地方の電力会社に勤務する島根県の男性(59)は、定年を半年後に控えながら、志願して応援のため福島へ向かった。

会社員の娘(27)によると、男性は約40年にわたり原発の運転に従事し、9月に定年退職する予定だった。
事故発生を受け、会社が募集した約20人の応援派遣に応じた。

男性は13日、「今の対応で原発の未来が変わる。使命感を持って行きたい」と家族に告げ、志願したことを明かした。
話を聞いた娘は、家ではあまり話さず、頼りなく感じることもある父を誇りに思い、涙が出そうになったという。

東京電力側の受け入れ体制が整った15日朝、男性は自宅をたった。
特別なことにしたくないと考えた娘は見送りはせず、普段通りに出勤した。
「最初は行ってほしくなかったが、もし何かあっても、自分で決めたことなら悔いはないと思った」と話し、無事の帰宅を祈る。
もっとがんばっている底辺の労働者もいると聞いているが、日本を守るという点ではどちらも同じ。

どうかご無事で。

ウズ丸は9/3kmを12分58秒だった。

« 作業員の皆様へ | トップページ | 合格発表 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/39244314

この記事へのトラックバック一覧です: 使命感を持って:

« 作業員の皆様へ | トップページ | 合格発表 »

最近のトラックバック