« 今夜はサクランボ | トップページ | ダイアジノン »

2011年3月 4日 (金)

サクランボ接ぎ木

サクランボの収穫期は、前にイチゴ、後にビワやブルーベリーが熟すから、ライバルが多いし、栽培も難しい。
店頭で見かけるサクランボといえば、甘果桜桃をさしている。栽培が難しいのもこれだ。私が栽培するのは大変そうだ。

他には暖地桜桃(=シナミザクラ)と、酸果桜桃(=スノミザクラ)という系統がある。これらの栽培は容易。前者は小粒だが味はそこそこ。後者は大粒だが味はすっぱいだけ。
暖地桜桃は隣の畑と裏の庭にそれぞれ大木がある。うちの木ではないが、野鳥とうちの子供たちにとっては食べ放題なので、栽培するつもりはない。
栽培するなら酸果桜桃だと思っていたが、なかなか苗が手に入らなかった。

それが縁あって酸果桜桃の枝を1本譲ってもらった。
台木だけはちゃんと育てていたので、それに接ぎ木することにした。

→つづく

« 今夜はサクランボ | トップページ | ダイアジノン »

園芸」カテゴリの記事

コメント

サクランボまで育てる?
う~ん、流石sign01
サクランボの苗木、ホームセンターで見かけては、何時も横目で見ながら帰ってきてます。
なんか難しそうな気がしたので、買う勇気は出ませんでしたが、やはり難しかったんですね。よかった、買わないで。
でも何時かは植えたい。

こちらでは、サクランボは地植えできないと思います。梅雨がありますから、雨を避けないと裂果してしまうのです。
サクランボまで…ということですが、ナシやリンゴにモモ、ブドウやグレープフルーツまで育てています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/39105244

この記事へのトラックバック一覧です: サクランボ接ぎ木:

« 今夜はサクランボ | トップページ | ダイアジノン »

最近のトラックバック