« BBのBB対策 | トップページ | ホームページ仮納品 »

2011年3月28日 (月)

BB剪定

ブルーベリーの剪定をすべて終わらせた。
剪定枝は挿し木できそうな枝をより分け、ラベルを付けてゴムで束ねる。
もし途中で品種不明となったら、躊躇せずに廃棄する。

挿し木したのは、Darrow(NH)、Dixi(NH)、O'Neal(SH)、Powderblue(RE)、Tifblue(RE)。
Darrowはひどい開帳性なので、いずれ処分しようと思っていたが小さく仕立て直すことにした。豪快に剪定し、太い支柱を4本も立てた。
Powderblue(RE)は一番大きな株を地植えにしたが、それ以外にも5鉢もあることが判明した。
またHomebell(RE)の2年生苗を4鉢と10号鉢に植えた大苗も発見した。

雪で折られたフェイジョアは挿し木失敗。気付いた時には、折れた枝が乾燥気味だったから仕方がない。
活着しなかったフェイジョアを抜いて、台木用の暖地桜桃を挿し木した。
同じく台木用のカラタチも挿し木した。カラタチが挿し木できるのかどうかは知らないが。

« BBのBB対策 | トップページ | ホームページ仮納品 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

カラタチは挿し木できるそうですよ
ただ、このような研究結果が。
http://ci.nii.ac.jp/naid/110001803396

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/39404805

この記事へのトラックバック一覧です: BB剪定:

« BBのBB対策 | トップページ | ホームページ仮納品 »

最近のトラックバック